みずほとコグニザントが情報記録業務へとブロックチェーン・ソリューションを開発

blue

日本の銀行みずほ金融グループが、コグニザントとの共同経営についてプレスリリースで正式発表した。コグニザントとは世界中のみずほ系列企業の情報記録業務の安全へと、ブロックチェーン・ソリューションを開発する為の情報技術やコンサルティング、そして事業段階の外注サービスの率先供給企業である。

複数のその他大手銀行が同様の動きをする間、みずほはその中での金融企業の一社として、ブロックチェーン技術を現存するインフラストラクチャーへと開発する事に視野を置いている。みずほの本事業の現在目標は、ブロックチェーン技術にどの様な可能性があるかを知る事である。

更に安全、明確、効率的で安価な事から、顧客へと上質な経験を提供出来ます。

コグニザントの最初で重要な目標は、本社による分散型レジャー技術のソリューションの提供が、みずほの書類交換、複数団体の認証と契約過程へと高度に安全で明確な事の確認である。最初の技術発表は、ニューヨークと東京に位置するみずほ社に焦点があてられる。

「当社の事業工程と過程を更に迅速に、そして効率的にするブロックチェーン技術の日本の初期導入社の一社となった事を嬉しく思います。」と、みずほファイナンシャルグループの執行役副社長である岡部俊胤氏が公言した。

分野上で国際的で、技術を専門とするコグニザントは本社の視野を補い、そして一番に信頼される金融サービスグループとしての評判を強化するでしょう。コグニザントの金融サービス団体へのブロックチェーン技術と、この急速に発展する技術への鋭い焦点には感銘しております。

過去にコグニザントはブロックチェーン技術の主要支援社であり、そして金融界においてみずほだけが本社への顧客ではない。「世界クラス提携エコシステム」でのブロックチェーン技術で分散型レジャーの管理をする先進的な電子構造と原型を、顧客へと開発する事に集中している。

「ブロックチェーン技術は金融サービス業界でのゲームチェンジャーです。」と、コグニザントの銀行・金融サービス社長であるプラサド・チンタマネニ氏が発言した。

コンサルティング企業やその他系統の事業は、銀行や政府、その他統体などの大手団体との経営を継続する中で、分散型レジャー技術への最良な実践は間違いなく更なる概念の適用を作り出し、現れてくるだろう。

記事:ジェームズ・モルー


Subscribe to our newsletter



Related Posts