IBMがブロックチェーンを大幅に導入

money
多様な正式発表と共に、IBMが中小企業と数々の工業へのブロックチェーン技術の早急な導入を、新たに明かした複数の率先と公約と一緒に推し進めている。

本日のプレスリリースにて、インターナショナル・ビジネス・マシーンズ(IBM)がブロックチェーン技術と分散型レジャーを実際の用途へと進め、そして全力で援助する事を公表した。

主題を含む複数の正式発表の内容:

  • IBMの公表による44,000数のコードはオープン・ソースとして、IBMがメンバーとして参入するオープン・ソース企画であるリナックスファウンデーション(Linux Foundation)のハイパー・レジャー企画へと利用可能になった。
  • 本企業は更にブロックチェーン中心空間をIBMガレージと称する世界各国の大手金融の中枢で設立する。
  • 更にIBMIBMクラウドでの複数の新規ブロックチェーンサービスを発表した。
  • 本技術大手企業はブロックチェーンに接続可能なRFIDタグやバーコード・スキャナー対応のスマート・コントラクト経由で、ブロックチェーン上でモノのインターネット(Internet of Things)のデータに対応する事を視野に入れている。
  • 声明での、IBMリサーチの副社長であるアーヴィンド・クリシナ氏の公言によると、「この数ヶ月の間に、ブロックチェーンを複数の工業間で強力で新しい事業へのソリューションにするというIBMの視野は、当社のクライアントが革新的な新コードや分散型レジャーへと最大限に活用出来るサービスの案内を始める中で、現実となってきています。これらの広告は、開発者にとってブロックチェーンの可能性を理解する事から、実際にそれを利用し、強力で新たな方法で事業段階を変化させる事を易しくします。」
全てをブロックチェーンへ

更にIBMは、マイクロソフトの提供するBaaSと同様な、「サービスとしてのブロックチェーン」の提供を発表した。IBMはオープンソース・ブロックチェーン・ハイパーレジャー企画の創立メンバーの一社であり、何故この技術大手企業がブロックチェーン技術へと賭けるのかは明確である。IBMメインフレーム・ソリューションを経営する多数の中小企業があり、本社はクラウド・コンピューティング・プラットフォームの開発者と利用者へとブロックチェーン技術の提供を熱心に推し進めている。


Subscribe to our newsletter



Related Posts