韓国の大手銀行がブロックチェーン送金を開発中

KB New Logo

韓国の国民銀行が、「安全で素早い」海外交換サービスの提供への目標と共に海外送金の為のブロックチェーン・ソリューションを開発している。

本商業銀行は率先として、特許を活用して当業界との強い繋がりを作る為に、地域ビットコイン・スタートアップ企業との提携を行うと述べた。

国民銀行は声明にて、現在はSWIFTネットワーク経由での海外送金を行っており、受取り側の機関へと受理される前に仲介を通して支払いが送金される。

しかし、ブロックチェーン技術の利用は仲介を避け、そして経費の削減や顧客側の貯蓄を可能とする事へ繋がると、本銀行は述べた。

銀行代表者が公言した。

「ブロックチェーン技術は新しい流行であり、当社はこの技術を低レベルのデータ保全プラットホームへと採用に取り組んでおります。顧客への更なる安全で使い易い金融サービスの提供の為に、当社のサービスを更に向上させる計画を立てております。」

国民銀行はKP金融グループの大手子会社であり、本銀行の2014年の年間報告によると、30ミリオン以上の顧客からKRW1.4tn($1.16bn)の収入を得たとの事で、それは韓国人口の半数以上の数に推定される。

ブロックチェーン検証

同じ声明の中で、国民銀行は更にオンラインでの銀行講座の開設時において、「海外資金転送とデータ保存サービス」を検証へと利用する為の開発を公表した。

この新しい提供は分散型レジャー技術が元となると、本銀行は述べた。

本企業によると、この動きはオンライン検証を有効化させた韓国の金融サービス委員会の実証での変革に従っており、新しい方策はオンライン金融サービスの促進と金融スタートアップ企業の援助への目標を目的としている。

コインプラグは韓国へ店頭カードテーマや一般のATMでの電子通貨の購入といった多様なビットコイン・サービスを提供している。本社は2013年後半で最低限の$8ミリオンを上げた複数の資金調達を停止している。


Subscribe to our newsletter



Related Posts