国連委員会がカリブ沿岸諸国を電子通貨の中心地にする事を呼びかける

red

国連ラテンアメリカ・カリブ経済委員会(ECLAC)は、電子通貨とそれを地域支払い問題の定義へどの様に使用出来るかについての調査報告を公開した。

ビットコイン等の電子通貨の利益とリスクへの均一判断を地域の政策立案者へと提供する目的について記述された当報告は、カリブ海沿岸諸国での当技術使用法を調査し、そして国際規模での現れ始めている利用法の幅広い背景を議論している。

特に、当文書は当沿岸諸国を電子通貨とフィンテックの中心地にする最終的な目標と共に、当技術について更に深く追求する事を勧めている。

著者の記述。

「小区域での支払いインフラストラクチャーの欠乏と電子通貨へ増加する参加への幅広い需要の為に、電子通貨上での開発の機会を検査する事がカリブ沿岸諸国自治体へと課せられています。」

当委員会は更に、電子通貨が電子支払いインフラストラクチャーでの欠乏へどの様に取り組むのか、そしてモバイル・マネー・ソリューションと電子通貨への当諸国の関係についての概要を提供した。

この研究は3つの主要データ元が基準となっており、それらは国際と地域資料の文献展望、電子支払いでの専門家からの貢献、そしてカリブ沿岸諸国中央銀行の公式調査である。

包括的な取り組み

要約すると、著者は「包括的な取り組み」を、方策の見直しと一般の利用者へ十分な機会を提供する電子通貨の探求へと勧めており、それはイギリスにて導入された過程と同様の物である。

コンプライアンスの費用削減と当諸国での電子通貨分野の競争商業界を作る為に、当諸国全ての国家で提携方策を更に提案した。

公式に認められた電子通貨率先社は役立つとも、当文書は述べる。

将来の電子通貨でのモバイル支払いの利用増加を予測する間、政策立案者や起業家、そして研究者らが沿岸諸国をフィンテックの中心にする専門的サービスと輸出用製品の開発を検討する事が出来ると、当文書は追記している。


Subscribe to our newsletter



Related Posts