ビットコイン値が値崩れで上値 – 400が上値対象に

Bitcoin
これがビットコイン相場市場で注目している、対象と停止値、そしてエントリー値を明確に表した物だ。

たまに記事や分析を公表すると物事が上手く行かなくなる。幸運を祈りながらも大抵は好ましい方向へと進み、どちら側への動きにも応じて購入する市場から利益を得る事が出来た。時折、物事は計画通りに進む。昨日の午後は後者の方で、その上丁度良い時だった。動きは当初に停滞を持続し、その後複数の取引から切り離した事で、今週はビットコイン価格が多少厳しい週となった。しかしいつも通りに言う事は、ルールと戦略に従え – 或いは方略を保ち続ける事は役に立たない。

話は戻り昨日の午後、数時間横向きの取引をしていると、昨日の分析で議論した下降後期/回復を現実化した様にビットコイン値が上値へ値崩れして、買い手は緊急で対象を買い占める為に取引を維持した。短期間の圧迫に効果があり得ると我々の分析で言及していた様に、まるでこの事が今まで起きていたかの様だ。

先週の始めに400を下回ってから今までに無い391.88までビットコイン相場が下り、それからはそのペナントの範囲を継続している。在来の技術分析では、ペナントとは転換点への予測する利益範囲の価格中にある横向きの三角形の事だ。通常は上昇トレンドで持続する見通しの明るい投資を示しており、反対側は下降トレンドである。値は支持又は抵抗を崩す時に完成し(その場合は抵抗となる)、そしてエントリーではパターンの高さに均等である対象を与える。

最近のセッションへ当パターンと平均範囲方法の両方を使用する事が可能であり、この2つと較べ更に積極型三角形エントリーと、多少保守型でエントリー範囲を定める要所値と共に利用する。

という事で早速本日の取引監視を見て、利益へと動く事を可能させる要点への位置を得られるか思考してみよう。いつもの様に、状態を把握する為に表を大まかに見る。

Screen-Shot-2016-02-05-at-12.19.36

このチャートは現在の範囲と横向きペナント(赤色に記されている)の両方を示している。この範囲は383.39にて(この揺れは上昇中の動きを低下させる)ターム支持として明確にされており、その間ターム抵抗が391.88の前述した日中高値に達する。三角形への支持と抵抗は多様に渡り、突破点にて明確される。

という事で、もし三角形が上昇へと崩れると、400値への積極型エントリーへと動く。当パターンの低位チャネル周辺の停止はこちら側のリスクを定める。三角形支持が崩れた場合は当パターンを無効とさせるので、こちらはエントリーをしない。

もし価格が抵抗を崩すと、多少厳しい388での停止と共に、更に保守的なエントリーを400値に向けて設定する。

下降へは、383.39でのターム支持を下回る崩れが、リスク管理の視点からすると物事が好ましくなる386値周辺での停止と共に、373.96へ向けて直ぐに定められる。

 


Subscribe to our newsletter



Related Posts