ヨーロッパが匿名でのビットコイン取引の終結を要求

red_light

欧州委員会(The European Comission/EC)はテログループの資金を追跡を援助する為に、仮想通貨の匿名取引の終結を要求している。

ECは昨日、「テロリズムの資金援助に対する態勢強化への対策案」を公開し、それによると犯罪者は探知されるリスクが低い新しい送金方法を素早く探し出す、と記述している。

テロリズムの資金へと仮想通貨の利用についての証拠を当対策は行わないが、ECはその可能性は十分有ると考え、又テロ攻撃を止める進行中の対応の一部として当規制の遂行が相応しいと考慮している。

それにおき、当対策は仮想通貨取引プラットフォームへと欧州マネーロンダリング指令(European Anti-Money Laundering Directive)の視野内での鎮圧を呼びかけており、取引所は誰がサービスを利用して何時に利用されたかを報告しなければならない。この対策案が述べるには、当委任は「仮想通貨の『ウォレット供給者』を含むかどうかについて検査する。」

多数の政府が新技術によって作り出された状態へと反響する中で、仮想通貨は個人情報保護の利点がある為にこの案は良きも悪くもある様に見える。

Bitcoin.orgの忠告によると、「個人情報を守る為には、新規支払いを受ける度に新しいビットコインのアドレスを使用した方が良い。追加すると、多数のウォレットを違う目的へと使用する事も可能。それにより取引を個別化させる事で、全てのウォレットを関連付けさせる事が不可能になる。送金者は相手の所持するその他ビットコインのアドレスと、それら利用目的を見る事は出来ない。」

事実、沢山の仮想通貨取引所はEU規定範囲を超えて機能しており、そのような事業者はヨーロッパ内で暗号通貨を現金に換える事を可能とさせる道を見つけ出す。もし暗号通貨の抑制によりテロリストの資金入手を阻む事に成功すると、次に彼らは更にリスクの低い資金調達手段を見つけると当対策案は予測する。

そうなると、恐らくもう一つの対策案が必要になってくるだろう。


Subscribe to our newsletter



Related Posts