ユニセフ開発助成がブロックチェーンへの投資を示す

be quiet

国際連合児童基金(UNICEF)がブロックチェーンのスタートアップやイニシアチブ企業へと予期出来る投資について示した。

1946年に創立したUNICEFは、貧困な国々に居住する家族と子供の援助へと人道的活動を復興する事に力を注いでいる。この機関は本日(2月1日)、昨年の5月に発足した当機関の開発助成からの投資への申請を受付けていると発表した。

当助成は実時間の情報配信や学習製品、そして「サービスと情報の使用権を増加させるインフラストラクチャー」の3つの分野への投資に専念していると述べた。

声明にてUNICEFの開発復興を共同で率先するクリストファー・ファビアン氏は、現在までに$9ミリオンを上げてきた当助成からの援助をブロックチェーンに焦点を当てた事業は受ける事が出来ると述べた。

ファビアン氏の発言:

「急速に変化するブロックチェーン、3-Dプリント、ウェアラブルやセンサー、そして人工知能と再生可能エネルギーの技術の為、3つの分野は投資へと熟しております。」

この企画への申請資格は、申請社がオープンソースやプロトタイプ段階の製品を所持している事。

申請書提出への締切は2月26日。UNICEFは申請社の情報についての発言は断っている。


Subscribe to our newsletter



Related Posts