日本の取引所ビットフライヤーが¥5000万の資金援助でIoTスタートアップ企業に投資

bank

日本の取引所ビットフライヤー(Bitflyer)が、新規資金へと5000万円の投資を公表した。これを受ける大阪拠点のIoTスタートアップ企業であるシビラ(Sivira)は当資金にて利益を得る最初の企業となる。取引によれば、この事は日本でのブロックチェーンビジネスの発展を応援しサポートをする事への奮闘である。ビットフライヤーは当投資活動を「ブロックチェーン・エンジェル資金」と称した。ビットフライヤーにとってこの様な種類の投資は初であり、これが終わりではない様だ。

ビットフライヤーの報道発表によると、シビラへの投資は当企業の視野や実績から選択したと発表した。ビットフライヤーは得に、分散型レジャー技術と急増するIoTの接続を補助するシヴィラ・プラットフォームのハブリブ(Hublive)を示した。この投資をビットフライヤーは「アジア、ヨーロッパとアメリカ合衆国への拡大で国際ネットワークの制作」を継続する機会だと見ている。

更に、ビットフライヤーはこれら形式の投資へと5つの考慮点を強調した。当企業はシードファンディングに焦点を当て、ビットフライヤーの専門知識とノウハウをフィンテック投資へと適用し、海外の投資先企業の拡大に向けてビットフライヤーのネットワークへ借入金の投資、ビットフライヤーとすでに関連している大手団体へと投資先企業を紹介する事での援助、そして勿論、引き続いての紹介の提供を考えている。

ビットフライヤーは日本で発信するビットコイン業界において注目するに値するグループの内の一社である。現在までに当企業は$7.6ミリオンの資金を上げている。この様な形式の新たな地域的活動は、数年前のマウントゴックス(Mt.Gox)状態を念頭におくと新鮮であり、状況は白熱してきている様に伺える。

IoTへの注目が増しているのとは別に、ビットフライヤーはこの投資を多方面にあたる視点から見ている。この形式での平行的な援助投資と共に、ビットフライヤーは日本でブロックチェーン・エコシステムを援助し発展を助ける事だけではなく、これら企業の世界市場への進展に向けた地域責任の指揮を取りたいと思考している。IoT/ブロックチェーン統合ツールの国際的な取組みと到達を考慮すると、ビットフライヤーは目標達成への力強い最初の一歩を踏み出した。


Subscribe to our newsletter



Related Posts