欧州刑事警察機構がビットコインとISISは関連性が無いと判断

Picture2

論争の的である電子通貨ビットコインはパリでの恐ろしいテロ攻撃の後から、テロリストグループISISが当電子通貨をグループの活動への資金に使用していると多数から見られ非難を受けていた。

ビットコイン・コミュニティーへの有望なニュースの内に、EU取り締まり機関の欧州刑事警察機構(Europol)がISISによるビットコインやその他の代替電子通貨の使用に関連する報告を裏付ける形跡が見つからない、と述べた事をコインデスクが報じた。

報告の題「イスラム国家テロ攻撃の手口の移り変わり」は、2015年11月29日と12月1日に欧州連合加盟国と欧州刑事警察機構によって調査された。

「EUでのテロ組織メンバーへの資金供給源は大きく不明である。移動代、自動車の貸与、安全な居住先や、コミュニケーション手段そして武器や爆発物の獲得は多額の金が関与していると思われる。」と報告は伝える。「IS(イスラム国)資金調達ネットワークが存在する証拠は無い。ビットコインの様な匿名の通貨がテロリストによって活動資金にしていると第三者の述べる報告があるが、取り締まり機関によって確認されていない。」

11月には、ゴースト・セキュリティー・グループというコンピューター「ハクティビスト」団体がISISによって資金管理へと利用した複数のビットコイン口座を突止めたと述べた事を、フォックス・ニュース(Fox News)が報じた。ゴースト・セキュリティーのメンバーは国家安全保証アドバイサリー企業であるクロノス・アドバイザリーの共同創立者マイケル・S・スミスII氏へと、一つの口座が$3ミリオンと同額に値するビットコインを含んでいたと告げた。当セキュリティ団体メンバーの一名は更に、$4.7ミリオンから$15.6ミリオンであるテロリストグループの合計所得の内、1%から3%が電子通貨額であると述べた。

しかし、ビットコインはパリ同時多発テロ事件と関連していないと当セキュリティー団体は明確にした。

「我々はISとそれによるビットコイン使用を関連づけました。しかしこれらはグルプ合所得の1%から3%のみを占め、そしてじられている事とは異なってパリ同時多発テロ事件とは全く関連していません。」とゴースト・セキュリティー・グループのサイバー分野警戒がニュース・マーケット(News.Markets)に伝えた。


Subscribe to our newsletter



Related Posts