世界中の30都市以上でコインフェスト2016を開催

green

世界中の30都市以上が、電子通貨への世界初(現在も)の無料で分散型なオープンソース集会であるコインフェスト(CoinFest)2016の主催を予定している。これは去年の16都市を上回る。

昨年、コインフェストは世界中で16都市という記録に到達し、電子通貨史の記録にてオープンソースと分散型の集会モデルとして強く確立した。これは2013年に1から始まり、その後の年度はカナダ全土でたった3つのイベントだった事から急速な増加だった。

現在は30を超える都市が同時イベントを4月5日から10日までの主催を予定しており、計画されてきた暗号イベントで最大になる可能性だ。イベント日程まで後2ヶ月を残す所で、概して状況や助成金問題、そしてその他の理由から少数の主催社が集会前に辞退するが、更なる主催社が参加してくる事は予測されている。

沢山の参加都市は在任であり、創立都市のバンクーバーや、昨年での国家によるビットコイン禁止令に反抗するモスクワやセイント・ピーターズバーグは継続でロシア暗号通貨財団からの主催にて戻って来る事が予想されている。

その他在任の都市は、オランダの「ビットコイン都市」アーネムや、ヘルシンキ、フィンランド、タリン、エストニア、トロント、カナダのトロントや、コロンビアのイベントはポパヤンに移りながらもブラジルのフォルタレザを含む。ガーナ、タンザニアとボツワナが再び主催を演じて、またアフリカは活動の源になるだろうと言われており、アイハブ(iHub)とダイアルファンド(DialFund)がケニアを席巻させる案を立てている。

新参社も多数居る。ビットコイン・ウェンズデイ(Bitcoin Wednesday)の働きでオランダでの活動はアムステルダムへと広がり、ビットコイン・ソウル(Bitcoin Seoul)はコインフェストを初にアジアへと運ぶ。アメリカもコインフェストを迎えるのは初であり、ワシントンDCでは創設者のアンドリュー・ワグナー氏が参加する。アルファ・ビットコイン(Alpha Bitcoin)が中西部を訪れ、最低限でも1つのイベントをカリフォルニア、可能であればタンパベイにて開催する。

更に国際コインフェストはマルチシグ金庫(Multisig Vault)への数々のスポンサーを既に受けている。最初の貢献へのスポンサーは、利用者がビットコインでホテルの予約が出来て、中西部で数々のイベントを主催するブックウィズビット(BookWithBit)だ。第二のスポンサーは我々ニュースBTCであり、当フランチャイジー共同体はコインフェストの主催者共同体と密接に関連している。

コインフェストのリソース資源が増加する中で、暗号通貨コミュニティーの間でも期待が増している。コインフェストのスレッドはBitcointalk.orgのMeet Up(ミートアップ)区分で上位であり、作品の中にはインターナショナル・ハングアウト(International Hangout)や分散型アーケード(Decentralized Arcade)の様な革新的な見解がある。


Subscribe to our newsletter



Related Posts