何故ビットコイン・ブロックチェーンの「終焉」を唱える反対者は要点が異なるのか

red_light

ビットコイン開発チームの創設メンバーの一人であるマイク・ハーン氏が、「ビットコイン実験」は失敗だと先日公表した。

ハーン氏が記述して間もなくの反響が興味深い。特定の人々は「そうなると言っただろう」といった、おかしいShadenfreude(シャーデンフロイデ: (独) 他人の不幸を喜ぶ)的な大騒ぎをしている風に伺える。それに対し、その他はハーン氏の宣言を無視・否定している。

多大な可能性のある技術を根本的に否定する人物の心理は永遠に解らないが、勿論その人物が現存の技術から利益を得ているのなら別だ。そして新技術の向上への難題を盲目的に無視する人々や、早期導入から更なる主流への導入 − 『キャズム(Crossing the Chasm)』− の困難さを軽視する者も疑う。

ビットコイン・ブロックチェーンは終わったのか?旧式化への衰退のらせんを防ぐすでもなく徐々に向かっているのか?

勿論、誰も確実に知っている者はいないが、投資家のフレッド・ウィルソン氏の思考する新興技術とハーン氏の記述に対しての発言は信用出来る。ウィルソン氏はこう述べた。

ビットコイン実験は6才です。相当な数のビットコイン・エコシステムへの資本投資があります。当技術を利用し、有益なビジネスの設立へ競争している数々の多額援助を受けた企業があります。我々はその中の最低限でも一社から援助を貰っています。様々な企業間の競争と彼らの見解は、行き詰まりの中で一役を買っています。これら企業はもしビットコインが生き残るか失敗すれば、多大に獲得又は損失します。という事で、資本主義の行動から来る合理性が現れる又は既に現れているでしょう。

それは我々を何処に置くのか?

技術やスタートアップに関連した者なら、成功と導入は反復プロセスだという事を知っており理解しているだろう。

別の言葉で言うと、視野を大きくすればビットコイン・ブロックチェーンが「失敗」するかは重要ではない。何故ならこれは既に最もな常識的性能を獲得しており、その他の技術が当定義や技術の上には開発されない事が想像出来ない。そして、おそらく更に重要な事は、明白性とインターネット媒介等のビットコイン・ブロックチェーン精神は同様に耐えて基盤にされるだろう。

そして、もしビットコイン・ブロックチェーンが「失敗」したとしても、ビットコイン・ブロックチェーンの多数の変形型は失敗にはならない。思考するならば、Rio(オーディオ)MP3プレイヤーに目を向けた瞬間からCD(コンパクトディスク)は終わっている。

この事から、ビットコイン・ブロックチェーンはRioの道を順調に辿るかもしれない。しかし明確にすると、ビットコイン・ブロックチェーンによって開発され発生した技術開発や思考の移り変わりが永遠に消滅する事は不可能だ。事実上始まったばかりである。回避してはならない。

By ジョージ・ハワード


Subscribe to our newsletter



Related Posts