旧ドイツ銀行取締役がブロックチェーン企業のアルファポイントに加入

gold_bar

ブロックチェーン・ソリューションの提供社アルファポイント(AlphaPoint)は、金融界のベテランであるスコット・スキャルフ氏が組織運営チームに加入すると公表した。

ドイツ銀行グローバル・テクノロジーのライフサイクル取引システムの代表を過去に勤めたスキャルフ氏は、当企業の開発対策にて副社長として加わる。

「企業や機関のブロックチェーンと関連技術の受け入れによって、当金融部門は顕著な技術の移り変わりを遂げています。より一層の経験豊富な指導者が業界の開発運営を援助する事が重要です。」と、アルファポイントの創設者ジョー・ヴェンツラ氏が述べた。

ヴェンツラ氏は、25年以上の工学と経営経験のあるスキャルフ氏は現存の市場インフラストラクチャーだけではなく、企業の視野について「深い理解」があると提言した。

スキャルフ氏は当企業の設計と経営取引システム、決済・清算と規定報告へと相当な経験を運ぶ。

スキャルフ氏のチームはメリルリンチ(Merrill Lynch)、チャールズ・シュワブ(Charles Schwab)、ドイツ銀行、SIGやその他を含め数々のウォール・ストリート組織へと制度を設計し提供した。

「ブロックチェーン技術とデジタル資産、そして分散型レジャーや資本市場などの可能性を実現する信頼性のあるインフラストラクチャーを開発するアルファポイント・チームの開発段階の援助へと携わる事に、とても喜びを感じています。」とスキャルフ氏は述べた。

アルファポイントはブロックチェーン対応ソリューションでのデジタル資本の取引、追跡と保存を組織へと提供する金融技術企業である。

当企業は更に20カ所を超えるデジタル資本取引所へと「ホワイトラベル」なバックエンド・ソリューションを提供している。

特記すると、2014年10月にアルファポイントは、VC企業 ベン・フランクリン・パートナーズ(VC firms Ben Franklin Technology Partners)やロビンフッド・ベンチャーズ (Robin Hood Ventures)、そして重要なインバイト・メディア(Invite Media)の副創設者スコット・ベッカー氏とダック・ダック・ゴー(DuckDuckGo)のCEOガブリエル・ウェインバーグ氏が加わったエンジェル投資家らを含めた一回の資金助成で、$1.35ミリオンを上げた。

By ダニエル・パルマー

 


Subscribe to our newsletter



Related Posts