コモンウェルス銀行がHK拠点を設立し、ロンドンが引き続く

traffic_light
コモンウェルス銀行(CBA)が先日、三社技術拠点案の二社を設立した。シドニーから、現在は香港とロンドンがそれに引き続く。当銀行はそれぞれがブロックチェーン・アプリケーションの「るつぼ」として機能し、ビットコイン分野における良質で必要性のあるニュースの提供を予測している。

何故ビットコイン分野にこれが重要なのか?それは、シドニー拠点は当社で最初のブロックチェーンを昨年の終わりに開発したからである。ブロックチェーンは5つの1GBコンピューターボックスと、関連するレジャーとキーから成り立ち、CBA利用者へと予期するアプリケーションの証明を銀行の代わりに取引認証へと設定する。様々な事実から、この基盤レベルの証明は主流への意識を上げる事へ必要であり、そしてそれこそ正しく大手企業が取り組むべき事だ(CBAはオーストラリアの四大銀行の一つとして認識されている)。

当銀行の香港への技術拠点の拡大と共に、この様な正当な国際ブロックチェーン・アプリケーションが予測される。当拡大での背景のチームがそれを確かにしている。チャン教授は香港特別行政区の政府金融サービスと財務省の秘書であり、ビットコインは幅広く利用されておらずその変動制の為に推論的な道具としての使用をするべきでは無いとの発言から、昨年にビットコイン分野から多数の批判を受けた。チャン氏の述べる内容には信憑度があるが、しかし現在は最低限のブロックチェーン関連の思考を変えたかの様に見える。CBAが当拡大を報じた際に、チャン氏は公衆をブロックチェーンへの深い理解へと駆り立てたいと公表し、そして技術拠点がビットコイン技術に結びついた多様な誤解を示す為に利用される事を期待している。

CBAの制度金融の幹部であるケリー・バイヤー・ロスマリン氏は同意し、 語った。

勿論我々はコミュニティーでの更なる理解を起こす事を目指し、開発しています。もしそれぞれの研究所でブロックチェーン計画に行き着かなければ、意表をつく事です。

設立してから40,000人がシドニーの拠点を通じた。その大多数はブロックチェーンを利用するのは初めてとなる。もし香港拠点が検証又は向上出来れば、その成果はより良い知識へのチケットとなり、受け入れ易い一般大衆へと変化させるだろう。

By サミュエル・ラエ


Subscribe to our newsletter



Related Posts