イギリス政府がビットコイン形式の電子レジャー使用を主張

house

イギリスの主席科学顧問が、暗号通貨ビットコインの原動技術を起用し多様な民間サービスを行う事を政府に主張した。

ビットコインはブロックチェーンという、ビットコイン取引からDNAへの情報を記録する電子レジャーの事だ

マーク・ワルポート氏は、これら技術が更に安全にデータを扱う方法として政府部門によって使用出来ると論じた。

徴税、手当やパスポート発行に使用する事が出来ると、マーク氏が述べた。

ブロックチェーンは電子レジャー内の「データブロック」から成り立っている。

これらレジャーのコピーは、アクセスする全てのコンピューターによって共有されており、それはネットワーク全体に配給されている事を意味する。

情報が毎回追加される度にブロックチェーンは永久記録として働くので、これらは悪質な改ざんに非常に抵抗力があると見られている。

マーク氏の推薦は、ブロックチェーンを様々なサービスへ利用する事を推奨する新しい報告として提示された。

納税記録

「分散型レジャー技術は、政府の税徴収、手当の配布、パスポート発行、土地登記、製品の供給連鎖の確認と、政府による記録とサービスの通常による品位保証を助ける可能性があります。」と報告は述べている。

「厳密な規定によるとNHSでは、サービス提供を公式にする事と記録を確実に共有する事で、当技術が健康管理の向上を提供する可能性があるとしています。」

マーク氏は政府部門でのデータ管理への現存する取り組みは、「高価な単一障害点」のある巨大な中央集中型システムと関わっている事が多いと追加した。

これらシステムはハッキングやエラーに脆い事があると、マーク氏は記述した。

イギリス政府はブロックチェーン技術がどの様に利用出来るのかという試験を始めるべき、と報告は述べる。

複数の諸国はすでにその段階を始めている。

テキサス拠点の企業Factom(ファクトム)は昨年、土地権利登記のブロックチェーン記録の開発をホンジュラスと取り組んだと公表した。

当報告はエストニアが分散型レジャー技術を市民が政府データベース記録の品位を確認する為にすでに使用している事を、その他の例として注記した。

By クリス・バラニウク

 


Subscribe to our newsletter



Related Posts