マイク・ハーン氏の辞任によるメディア騒動でビットコインが失敗の烙印

mirror_figure

今週に長年のビットコイン支持者であり開発者であるマイク・ハーン氏が公式でオープンソース計画から「辞任」した。まるでコミュニティーに対する長い手紙の様に、感情を込めて戸を激しく閉じる事で静かな出発を浮き彫りにした。

国際報道が得た情報によると、クラウド・ファンディング・アプリケーションのライトハウスと広く利用されているライブラリのBitcoinJを含めたオープンソース取引ネットワークに貢献した旧グーグル社員は、ビットコイン計画を「失敗」とまで公言した。

記事によると、ハーン氏の辞任は多様で広範囲に渡ってThe New York Times(ニューヨークタイムズ)、The Gurdian(ガーディアン)、Fusion(フュージョン)、PCWorld(PCワールド)やFortune(フォーチュン)等の報道機関により掲載されており、最高時価総額にて長期開発中のブロックチェーンや電子通貨の位置にも関わらず、当計画は無意味と考慮されなければならないとのハーン氏の宣言を全ての機関は強調した。

ハーン氏が記述した。

何故ビットコインは失敗したのか?失敗した、何故ならコミュニティーが失敗したからです。『組織的に重要な機関』と『大きいから潰れない』の無い新しい分散化型の通貨の意味が、更に酷い物へと変容しています。ひと握りの者達によって完全に操作された組織です。」

おそらくネットワークを「技術的な壊滅の淵」と「存在する金融形態」よりも劣ると称した声明は一番の酷評だろう。

声明にてビットコイン開発者のエリック・ロンブロゾ氏は、ビットコイン・ソフトウェアの複数実施は総意へのネットワークの信用性を開発者達への挑戦として示すだろうという中本氏の見解からも、同様に形跡が見つかると述べた。

「ビットコイン・コアはこの問題について精一杯取り組んでおります…更に、我々は上位相互の様に大きなブロックを展開する方法を獲得し、そしてそれは効率的で安全であり近々にロールアウト出来ます。」とロンブロンゾ氏がコインデスクへと語り、追加してこう言った。

「これが期待的に将来での反抗意見を減少させ、そしてこれからの実施が何事も無く浸透する事を承認させるでしょう。」

続く影響

多くの観測者に向けて、当件の報道はビットコイン価格に大きな影響を与え、Newsweek(ニュースウィーク)の取り上げによると、当件の報道に立ち直る以前に引き続いて$50減少した。

当報道の影響による証しとしてFinancial Times(ファイナンシャル・タイムズ)の記者イザベラ・カミンスカ氏は、ハーン氏の辞任は「理由への基調な声」がコミュニティーを離れた証拠だという見解を公表した。

カミンスカ氏は、金融業界の問題解決が不可能な制度にどの様にビットコインが残るのか、又はどの様に社会理論と経済が理論上で興味深い結果を産む事が可能か、という見解を催しを通して論議した。

By ピート・リッゾ


Subscribe to our newsletter



Related Posts