ロシア当局がビットコインの「流通を防ぐ事が望ましい」と発表

BTC

ロシアの調査委員会代表アレキサンダー・バストリキン氏がロシアの経済と当国でのビットコイン等の暗号通貨使用方法をRossiyskaya Gazeta(ロシア新聞)との本日のインタビューにて語った。

バストリキン氏は過去5年間での違法行為による犯罪で生じた費用を、90ビリオンルーブルと即座に強調した。USドルとの本日の取引レートは約$1.2ビリオンである。近年にてアメリカとその他諸国で経済制裁と処置をロシアに対して課する前は、2014年のルーブルは近年の価格においてUSドルと比べ二倍も強かった。

締め括りに、バストリキン氏はマイニングとビットコイン等の通貨の出回りを、国家の経済安定に対する警告を表していると見ている。

 

ビットコイン取入れ者を違法とする提案

バストリキン氏は、調査委員会と提携して取り組んでいる「任務局」が代替通貨の「生産と不正取引を違法」とする提案を出した事を明らかにした。実情では、ロシアの法律はロシア連邦中央銀行の承認していない通貨の問題を禁止している。

ロシア立法者と監察官はビットコインが良く立証されている事を懸念している。ロシア大蔵省は4年間の実刑を当国でのビットコイン取入れ者へと課す提案を最近提出した。

バストリキンが述べた。

懸念される行動への責任能力を提出する必要性は、近年において大きく広まっています。いわゆる仮想の暗号通貨の違法取引で、よく知られているのがビットコインです。

バストリキン氏のビットコインへの意見を展開すると、中央政権や国家ではなく個人による暗号通貨の発行は、暗号通貨が価格へと激しい変動を起こす問題にすると指摘した。更に、匿名による支払いは犯罪者が仮想通貨を薬剤や武器、脱税やテロリズムを不正取引する動機になると見ている。

それに対して、ロシア西部の相隣国であるウクライナは暗号通貨へと違った姿勢を取っている。ウクナイナの最大銀行Privatbank(プリヴァットバンク)は現在、オンライン小売業者がビットコインでの決済を可能とする事を援助している。


Subscribe to our newsletter



Related Posts