どうビットコインを課税する?

chess

通貨か資産として政府は考慮するべきか?答えはビットコインの根本的な可能性を左右する。

ビットコインは通貨としての利用へと開発されたのに対し、それを投資として所持する者が居る。困難な点は政府が税金の目的でビットコインの存在を様々に扱っている。

例を挙げると、ヨーロッパ諸国を含んだ多数の国はビットコインを消費税目的の通貨として分類しており、それは多様な付加価値税はビットコイン取引に該当しないという事になる。それに対し、オーストラリアやその他の国では分類していない。似たように、イギリスはビットコインを所得税の目的へビットコインを外国通貨として扱い、その間アメリカは資産とみなしている。

ビットコイン「採掘」者は、ビットコイン取引の有効化と全ての取引を記録するブロックチェーン維持へと保障されているかという理論の元で受ける重要性により、所得税へ該当される可能性がある。ビットコインが通貨として認められようがいまいが、これは事実だ。他の言葉で表すと、実際の「マイニング(採掘)」を行っているのではなく、マイニング操作を仕切る複雑なルールに該当もしない。その代わりに、サービスへの補償を受けている。困難が生じるのは人々が然し獲得したビットコインを使用しようとする際だ。

ビットコインを所得税の理由から通貨(地方やそれ以外)としての分類を断る事で、税務当局はビットコインを効果的にその他資産として扱う。それが意味する事は、ビットコインで品目を購入する者はその価値の変化に関連する取引の所得を報告しなければならない。それは、所持者が実際にどう扱おうと投資として扱われるという事だ。

ビットコインを現金の為に売り、そしてその現金を買い物の為に使用するかの様である。未だ最悪ではないが、もしビットコインの価値が下がると、納税者は損失を削減する事が出来ないかもしれない。何故なら、個人的な物と見なされるからだ。従って、ビットコインを通貨として使用する者は利得と損失を正確に計算出来る様にする為に、それぞれのビットコインの価格を記録する事が要る。

この所得税の支払いが必要な可能性が含まれた管理業務は、代替通貨としてのビットコインの使用をとても難しくさせる事が出来る。

しかし、ビットコインとその他類似製品ヘの本当の危険はそれ以前のありふれた原因から来る – 国際税務当局だ。欠除傾向な裁定で、ビットコインを代変通貨として実用的ではないとしながら、全てのビットコイン取引に収入と消費税義務を発生させる事が出来る。

その様な成果を避ける為の精巧な税務計画は上手くいくだろう、しかしビットコインの使用を更に難しくさせる。

従って、ビットコインは行政府を含み第三者との取引の必要性から個人を解放する意味で開発されたが、少数派から主流へと移るにはそれでもやはり政府機関の必要がある。


Subscribe to our newsletter



Related Posts