マイクロソフトがビットコインへ大きく乗り出す

cat

マイクロソフトはビットコインと当関連技術を金融機関へと提供する為、ブルックリン拠点のブロックチェーン専門スタートアップ企業ConsenSys(コンセンシス)と提携を結んでいると、Reuters(ロイター)が報道した。

ビットコインを実証する技術のブロックチェーンは、基本的に全ての取引を匿名で登録する膨大な分散化台帳である。台帳が公衆向けなので、ブロックチェーンはコンピューター上改ざん防止性があり、金融クライアントへと最適な物にしている。

ブロックチェーンは更にその他データ取引を実証する事が出来ると見られるので、複数の企業はビットコインの機能性を拡大する私有ブロックチェーンを製作している。

マイクロソフトはコンセンシスの技術と当社によるクラウド・プラットフォームAzure(アズレ)を複合する事で、金融関連やその他大手企業が使用出来る信頼性のある技術を貸し出している。マイクロソフトによると、大手4企業が既に採用している。

この動きは無作意に見えるが、利用者をマイクロソフトへと繋ぐのではなく、マイクロソフトを利用者へと運ぶCEOサトヤ・ナデラ氏によるクラウド基盤サービスの大規模な焦点に分類される。当企業は第4四半期に8%の成長を当クラウド事業に見せた。

記事: マックス・スレーターロビンズ、Nov. 11, 2015, 10:41 AM


Subscribe to our newsletter



Related Posts