欧州司法裁判所がビットコインへのVAT判定へ

Picture

ヨーロッパ圏でのビットコイン取引に対し、取引への付加価値税(VAT)の支払いを請求するかについての長期に渡る裁判所の決定が木曜に下される。

ビットコインでの売買サービスへのVAT請求についての議論で始まった当推移は、今回の取決めで完結される。ビットコイン仲介業の準備をしているスェーデン在住のデーヴィット・ヘドクヴィスト氏による、ビットコインへの税徴収についての方針を明確化する要求に引き続き、問い合わせが殺到した。

後にスェーデン裁判所は、そのような活動はVATを免除されるとの取決めを当国税務代理のシャッターヴァーケトによって下された。最終的に欧州司法裁判所が議論に加わる事を要求された。

当裁判所が取決めを依然に論議中の間、早期に免除賛成への兆しを提案されていた。7月に、EU法務官ジュリアン・ココット氏はビットコイン両替はVAT請求から免除されると推奨した。産業出資者や幅広い分野のメンバーは当動きへと賛成を示した。

研究者によると、当取決めは問いかけられた特定内容を超え、ヨーロッパ圏のビットコイン使用者と産業出資者へ影響を与える可能性があるという。

「交換サービスへの質問に答える為には、最初に必要な事は取引が実際にどう働くかの査定、そしてどう原資産が確定されるべきかを、ECJが論理づける必要があります。」とBaker & McKenzie(ベーカー・アンド・マッケンジー)所属税理士ロジャー・ヴァン・デ・バーグ氏がビットコイン・マガジンとの近日での取材にて口語した。

「そうなると、仮想通貨へのVAT税制措置の調査もする必要があり、その上でビットコインがVATに対象するのか決定します。」とロジャー氏は続けた。「もしそれが起きれば、ビットコインはユーロ圏のVAT目的上でどこに位置するのか、ECJから明確な答えが得られます。」

by スタン・ヒギンズ


Subscribe to our newsletter



Related Posts