ロシアの最大検索エンジン ヤンデックスがビットコイン統合へ関心

trump

ロシア最大の検索エンジンでありインターネット使用サービスプロバイダーのYandex(ヤンデックス)が、当社の金融プラットフォームであるYandex.Money(ヤンデックス・マネー)の商業者のビットコイン取り扱い許可への為、ビットコインとの統合に興味を示した。

カザンで開かれたFinnopolis FinTech Forum(フィノポリス・フィンテック集会)にて、ヤンデックス・マネーCEOのマリア・グラチェワ氏はビットコイン決済への援助を待ち望んでいると公言した。ビットコイン・マガジンの取材にて、ビットコインはヤンデックス・マネーが提供する76,000件以上のオンラインストアやe-wallets(e-財布)、オンライン銀行サービス等々の幅広いオンライン決済方法と完璧に適応していると、ヤンデックス・マネーのメディア担当マネージャーのノラ・キルキシュ氏が詳細を語った。

「我々は暗号通貨に強く注目しています。」とヤンデックス・チームはビットコイン・マガジンへ伝えた。

「暗号通貨技術は、その他多様な製品への基本として使用出来ると思います。」とキルキシュ氏は語る。「例えば、ヤンデックス・マネーはオンラインストアへとYandex Payment Solution(ヤンデックス決済ソリューション)を提供しています。当サービスによって、消費者からの銀行カード、e-財布、オンライン銀行口座やその他の対応する支払い方法にて、ストア側が決済を受け付ける事ができます。現在76,000件以上のオンラインストアが決済処理へとヤンデックス・マネーを使用しています。勿論ビットコインはこの方法へ完璧に適合すると見られます。もしこれがヤンデックス決済ソリューションの中で選択出来れば、どの様なウェブサイトからでも使用者側が容易に支払いを出来るでしょう。しかし、暗号通貨がロシア法律上で規定されるまでは、実際に実行に移す事が出来ません。」

ビットコインの合法性

当企業のビットコインの利益への期待とは裏腹に、ロシア連邦でのビットコインの合法性は未だ不確かだ。Russian Central Bank(ロシア連邦中央銀行)がビットコイン使用を禁じる中、ロシアのウラジーミル・プーチン大統領はビットコインを「限られた口座」にての使用を考える旨を発表した。ヤンデックス・マネーは毎日12,000件以上の新規口座が開かれ、現在は22ミリオンを超える使用者を持つ。ヤンデックスは決済処理と取引においての効率上で、ビットコインが当金融プラットフォームへ大きく利益をもたらし、クレジットカードと銀行決済への代用として提供する事が出来ると信じている。


Subscribe to our newsletter



Related Posts