28-06-2017
03:35 pm
=

VISAがインドをブロックチェーン技術開発に選択




money
世界最大の決済ネットワークがブロックチェーン技術開発に集中する為に、インドの新技術センターを国際的試みへと拡大する。

VISAはブロックチェーン技術へと熱心に取り組み、ブロックチェーン技術開発を推し進める為にインフラストラクチャーと社員をインドの開発中心地バンガロールで設置する。

本金融大手企業は2015年8月の設立時に、技術開発研究所にて400人のエンジニアを所持していた。VISAの技術部門代表取締役副会長のラジット・タネジャ氏は当時、インドのセンターは従来からのシンガポールとアメリカでの調査研究所と合同で取り組むと公表した。バンガロール拠点センターは、特にブロックチェーンとの「重要な役割」として働くとタネジャ氏は述べた。

現在、インドと南アジアのエリア総括長であるTRラマチャンドラン氏は、ブロックチェーン集中技術センターにてエンジニアと開発者の増大計画を公表した。

エコノミック・タイムズとの会見にて、ラマチャンドラン氏はこう述べた。

「750人程度を考慮しております。VISA開発プラットフォーム、国際製品等を含めた2〜3種の計画を実行しています。これは外注センターではありません – 非常に素晴らしい開発者の企画がここで行われています。目標は次の12〜18ヶ月間で1,000人までの増大する事です。」

VISAはビットコイン・ブロックチェーンによって開発された分散型レジャー技術の理解、調査、そして開発への目覚ましい努力を尽くしている。公式ブログの2015年末に向けたポストでは、2015年を決済界の年として賛成する間、VISAヨーロッパは「フィンテック」を「全ての人々が希望する」産業として判断されたと掲載していた。

それによると、ビットコインとブロックチェーン技術は「本産業が必須で所用しなければならない」として、更に「これは既に選択の余地がない」と追加した。

本年の始めには、VISAは調査チームの一部としての上級ソフトウェア・エンジニアを募集する採用要項を乗せた。この目的とは?掲載内容は、「安全で拡張性能のあるブロックチェーン」の開発援助の為だと公開した。

記事:サムブラジ・ダス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
Pr2
ビデオ:秘密の中国ビットコイン採掘所を360°探索

マイニングによる毎年の収益で800万ドルをあげる、中国の極秘ビットコイン採掘所と秘密の工場の360°に渡る光景を見る。 チャンドラー・グオ氏は、暗号通貨への立場を未だ明確に取っていない中国政府の管理から遠のいた、極秘の中国採掘所であるビットバンク(Bitbank)の持ち主であり、中国人ビットコイン起業家でもある。 グオ氏は農家の出身であり、仮想通貨の時代で現在ビットコイン企業を経営する事は的しているに違いない。牛肉農場で財産を築いた後、グオ氏は暗号通貨をマイニングする為に必要な機材へと投資する前に、ビットコインの可能性を見出した。 下記のブリッド・ラボ(Brit Lab)から提供された360°ビデオでは、山岳内に隠れたように建つマイニング場をグオ氏が歩き回っている所が見られる。 数千ものマイニング装置による包括的な経営は、ビデオが見せる様に配線による悪夢を作る。工業扇風機が装置の通路間に位置し、人間が空気缶で息をする必要がある程空気が薄い山岳の高所地帯にて、涼しい空気を送り熱を取り冷ましている。 この所在地はおそらく極秘に保たれている。 画像はBBCからの物です。 記事:サムブラジ・ダス

Close