Sample Page

ビットコイン・コア・ロードマップが署名有効プランを公表




ビットコイン・コア開発者は本日に、現在のデジタル署名十進法を更に向上した代用へのプロジェクト移行計画を表す新規技術ロードマップを公表した。

これが実行されれば、本計画案はビットコインが現在署名処理へと使用するECDSAから「シュノール署名」へと変更される。当変更をする事によって、開発者はビットコインのブロックチェーンでの合計データを25%まで減少させる事が可能だと論じている。

利用者にとっては、これはネットワークの取引歴を保存するノードが、全てのブロックチェーンの安全確認の為への保存先(ストーレッジ)の利用を減少させる間、より良いバンド幅を得る事を意味する。

公表文はこう説明している。

「一件ごとの取引を除き、全ての署名履歴は1バイトまで削減されると想定すると、解析ではこの方法がストーレッジとバンド幅を考慮する中で最低限で25%の減少結果を得るであろうと述べております。」

当計画のオープン・ソース開発チームへと、ロードマップへの署名変更は昨年10月でのスケーリング・ビットコイン・ミランを取り上げた顕著案に従っている。

シュノール署名の実行へと、ビットコインはOP_CHECKSIGとOP_CHECKMULTISIG機能の変更をパブリック・キーの利用を可能とする為に必要とする。

現在、ビットコインのブロックチェーン・サイズは約110GBである。

先送りにしている事項

しかし、この案は予想的な困難が付属している。

ウィリー(Wuille)によると、シュノール署名は「取り消し」問題に面しており、これは反対者が複数鍵取引からキー(鍵)を取り去る事を可能とさせる問題である。

そして、ビットコイン開発者のグレッグ・マックスウェル氏によると、シュノールの導入はセグ・ウィット有効化を必要としないが、しかし物議コードは過程を容易にさせると述べた。

この理由から、セグ・ウィット有効化が正式決定されるまでは、シュノールの詳細が実装される事は難しいだろう。

「セグ・ウィットを除いての実行は可能でしょうが、困難だと思われます。」とマックスウェル氏は述べた。

記事:ギャレット・カーンズ

米当局が薬物販売者によるデジタル通貨利用の流行を懸念




米国移民税関捜査局(ICE)は薬物取引でのデジタル通貨が関連する件が実質的に増加している事を、先日に会議で取り上げた。

この事は衆議院がオピオイド乱用についての公聴時に、国土安全保障省(DHS)調査部の補佐官であるマシュー・アレン氏によって述べられた。

アレン氏によると、国土安全保障省調査(HSI)はブロックチェーン解析を使用し、ヘロインとフェンタニル取引に関与するデジタル通貨決済の追跡を行っている。2013年後期に米当局は米国議会上院に対しての公式文面で当技術の犯罪利用への調査に取り組んでいると述べており、本文書はこれらの利用がどの様に行われているかについて初めて開示した物を代表する。

アレン氏が委員に述べた内容は以下である。

「ICEは、麻薬の密輸実施へとデジタル通貨を不換紙幣に交換する貨幣サービス事業として機能する個人団体が実質的に増加している事を関知しています。IFPCUは更に、資産没収執行局の第三部マネー・ローンダリング・イニシエティブから提供された情報を、複雑な金融監査の支援へと活用しています。」

DHSのデジタル通貨への主な関心は、現在は存在しない闇市場のシルクロード全盛期へと遡る。2014年2月と記録されているプレゼンテーションによると、当部門は「仮想通貨の交換を明確にする為への調査員の許容量の増加」に取り組んでいると述べたが、しかし当時はブロックチェーン分析への言及をしなかった。

それから、DHSはブロックチェーンに関連する計画への資金提供へと移ったが、その後セキュリティーとIoTに関連する導入へと特別な関心があるとコインデスクへと述べている。

記事:スタン・ヒギンス

2017年3月20日ビットコイン相場テクニカル解析 – $1100への修正?




ビットコイン相場は数日間で売却したが、関心領域へと後退している為に売却者が加わる機会を提供している。
テクニカル指標の表示

200SMAは長期的な200SMAを下回った為に、最下レジスタンスの道筋は下向きである。他の言葉で表すと、下降トレンドは逆行ではなく再開されるだろうと見られる。動く平均との間は大きくなり、強い売却圧力を表している。

近辺での100SMAは$1050範囲の大きなレジスタンスとして留まり、これは更に関心領域である。その間、200SMAはやや$1100上であり、しかし修正へと非常に不安定な一線として機能するだろう。この数値を超える崩れは、急上昇が管理を再び得る事を示すであろう。

推測は過剰買い範囲からの下落の動きを予想し、下がりの圧力が働いていると確認している。RSIはしかし上向きであり、その為に購入の急な動きが残されるが、しかしオシレーターは既に過剰買いの状態付近に来ている。売り払いが再開される場合、ビットコイン相場は$950又はそれ以下での最近の下値へと戻るだろう。

市場イベント

ビットコイン相場は暗号通過の安定性に対する新しい疑問によって行き詰まっており、ネットワークのハードフォークによる報告と規定官による妨げにより、投資家を資金投資から遠ざけている。これはフェッド(Fed)の米国利益とドルへの需要を大幅に上げた金利引き上げの決断によって混同された。

それでも、金曜での利食いは急な跳ね上がりを可能とさせたが、しかしこれは急下落の多少な修正として残っている。本日は米国経済からの主要な報告はないが、しかしトランプ大統領の演説がBTC米国ドルへの新規ボラティリティへと影響を及ぼすだろう。

記事:サラ・ジェン

ポーランド検察官による調査によりビットコイン交換所ビットキュレックスが閉鎖




ポーランド中央部に位置する街ウッチの地域検察官事務所は、昨年に営業を停止した当国で最初のビットコイン交換所であるビットキュレックスへの調査を開始した。

2016年10月に、この困難に陥ったビットコイン交換所は2300ビットコイン(当時では約1.5百万ドル相当)を損失した後に取引営業を閉鎖し、「自動化データ収集と情報処理での外部妨害」によると引用した。交換プラットフォームの営業者デジタル・フューチャー(Digital Future)は、当企業が受けた損失をウッチ地域検察官事務所と共に提出したと述べた。当通知は2016年11月前でのサービス再開を示していた。営業者はサービス再開と利用者の資金撤回の許容への資本再構成合意を調査官と結ぶ事を要請した。

ビットキュレックスは正式文書を利用者に対し公表しておらず、そしてウェブサイトは現在の状況からオフラインとなっている。

今月の公表の中で、現在検察官の事務所は利用者が受けた損失への検察を監視していると後悔した。

ウッチでの拠点で2012年7月に営業を開始し、ビットキュレックスは2014年3月に最初のハッキング攻撃に面し、これはハッカーが不正アクセスを行ったPLN(ポーランド通過ズウォティ)を経由し19,000ビットコインの購入を引き起こした事であった。ビットキュレックスは全ての交換営業の停止を防ぐ事に成功した。数日後も、ビットキュレックスは完全に営業可能な状態であった。

ビットコインに友好的なポーランド

その間、ポーランド政府は明白にビットコインとブロックチェーンへの支援的な位置を取っている。ポーランド議会の会員によって開かれたテレビ会議が、金融技術の公式性と規定についての議論に注目させた。

ポーランドのビットコインとアルトコイン交換所ビットベイ(BitBay)の傑出したCEOであるシルウェスター・スゼック氏が会議に加わり、CCNへとこう述べた。

(この会議が)表す事は、ビットコイン産業と権威の両側での対話は、事業と国家レベル両方でのビットコインの将来へと提携する事に興味を抱いています。

会議に引き続き、ポーランド・デジタル化管理省は暗号通貨についてポーランド市民へと教育行う団体を設立した。更に最近では、ポーランド中央統計局(GUS)は電子通貨の交換とマイニングを認識した。基本的に、仮想通貨を使用する企業は現在では当局へと登録する事が可能である。

記事:サムブラジ・ダス

フィンテック導入が予想以上に遅れ




最高経営責任者のホロセントリック(Holocentric)が、フィンテック産業での開発に不足は無い物の、インテグレーションの経過によって導入が大幅に遅れていると述べた。

フィンテック・ビジネスのブルース・ニクソン氏からの報告ではこう述べている。

「新規技術と共に、誇大宣伝、模範や試験、そして多くのスタートアップが携わりましたが、しかし特定市場による互いの認証が出来る頑丈な形へとの融合には時間がかかります。」

ニクソン氏はしかし更にこう追加して、フィンテック・スタートアップ企業数の増加と顧客需要の変更が意味する事は、持続する事が困難なその他団体の市場離れへとスタートアップが改革をもたらしていると述べた。

銀行はフィンテックに対して疲労

世界各国では更に多くの産業がブロックチェーンが提供出来る利益を理解し始めており、フィンテック産業を導入している。

しかし、銀行も利益に対して理解し始めているが、導入は非常に遅いペースで進めている。それだけではなく、当分野での限られた信頼は銀行による当技術の完全導入までの長い道のりを示している。

多くの者はしかし、この取り組みを最善の方法として見るだろう。それでも、分散型システムへハッカーからの安全確保を確かめる為の確固とした測定が必要である事に対して、DAOのハッキング結果に注目するべきだ。

勿論、慎重なペースながらも銀行はサービスへのブロックチェーンの実装に取り組んでいる。

UBSウェルスの主任は先月、現在銀行は競争としてではなく、フィンテック企業との取り組みを重点に置いていると公表した。

このニュースはヨーロッパのフィンテック企業は銀行が、金融技術企業などの第三者へと支払い口座情報のアクセスの開示を銀行へと強制するであろうEU PSD2規定の議案通過運動を行っていると確信している事実から来ている。

記事: エドワード・タリット

ETF結果が近づきビットコイン価格が1,300ドル以上に跳ね上がる




ビットコイン価格は今朝で非常に大きな跳ね上がりを見せ、約1,300ドル上を新規の通常値として当たった。

市場は平均の1,325.81ドルまで最高値を上げたとコインデスク・ビットコイン相場インデックス(BPI)は報告し、これは日常低値の1,178.54ドルを当てる急激な下落前の事であり、1分間で約133ドルの変化だった。この相場下落はデジタル通貨交換所のビットフィネックス(Bitfinex)に直接的に見られ、BFXデ−タ・ドット・コム(BFXData.com)によると1,067.20ドル低値まで届いた。

報告当時では、この相場は平均1,263.98ドルであったとBPIデータは見せた。

この相場成長は、米国証券取引委員会のビットコイン交換取引資金(ETF)の提案を通過させる法案の可決が近づいている為と見られる。この可決は本日(3月10日/GMT)決定される見込みであり、しかし当報告時では、機関はETFについての情報を未だに公表していない。

記事:スタン・ヒギンス

英国予算はロンドンのフィンテック・シーンを脅かすか?




英国の大蔵省大臣フィリップ・ハモンド氏は、春分予算議会を提案し、翌2年間の間で自営業者は増加された国民保険寄与(NICs)への支払いを義務付けられる事をその他事項と共に示した。当公表は英国がフィンテック事業の育成へと最良の場として留まる事に疑問を投げかける。

BBCの報告によると、ハモンド氏は自営業者数に「壮大な増加」が起き、そして個人が自営業を始める理由が「税制措置の違い」であってはならないと述べた。

ハモンド氏は追加してこう述べている。

この様な、本質的に同額を稼ぐ個人2名の間での大きく異なる措置は税制の公平性を害します。

2018年4月に、クラス4自営業支払はNICsの9%から10%への増加を見るだろうとし、そして2019年4月には£8,060から£43,000を稼ぐ者に対して11%になる。クラス4従業員は12%を貢献する。これらでの£43,000を超える稼ぎは2%を持続して支払い、そして£8,060を下回る場合での支払いは起きない。

年間収益で£5,965、又はそれ以上での低スレショルドを得るクラス2支払は破棄される。

これらを合わせて、£16,250以上の利益を得る自営業者だけが、年間平均で約£240を支払う必要があると、ハモンド氏は述べた。

英国スタートアップへの影響

それでも、中小企業連合会は自営業者へのNICsの率を変化させる事に対して批判しているとの報告があった。

連合会の会長マイク・チェリー氏は述べる。

これは英国に対する政府の使命を、事業の開始と育成をする上で最良の場とする事を弱め、そして事業を営業する上での経費を上回らせるでしょう。

それだけではなく、ブレキジット交渉が多くを奮起させている件も合わせ、フィンテック企業がその他での設立を決定しても驚く事ではない。

記事:レベッカ・キャンベル

高値ビットコインにより投資家がダッシュに移行




1,200ドル値周囲に留まる1ビットコイン相場と共に、多くの透視投資家は資産制作の為にその他の暗号通貨へと興味を示し始めている。

ダッシュ(Dash)は投資家が資金を掛ける一つのデジタル通貨だ。コイン・マーケット・キャップ(Coin Market Cap)によると、ダッシュは現在ビットコインとイーサリアムに続く急速に成長する第三のデジタル通貨である。ダッシュの価格は2ヶ月内で8ドル周辺から43.89ドルまで上がった。ビットコインの1,188ドルの価格からすると、何故多くがその他デジタル通貨へ資金投資しているのかを容易に見る事が出来る。

出回る数百ものデジタル通貨の内で、ダッシュのみが増加する投資を受けている訳ではない。

表で6位と12位に位置するのはモネロ(Monero)とジーキャッシュ(Zcash)であり、それぞれは13.32ドルと36.68ドルの価格を所持する。更に、ビットコインへと出遅れたと感じる者達はこれらを投資での利益獲得への代用手段としている。

ブルームバーグ(Bloomberg)の報告によると、多くが取引形式として認証し始めている中、どの様にそれぞれの異なる暗号通貨が予期的に主流となるかに注目している。しかし、何人の人々が暗号通貨を信用するかが重要な役割を演じており、それが一方で価格に影響を与える。

ビットコイン投資は現在も可能か?

しかし、初のビットコイン基盤交換取引資金と共に、3月11日の米国規定官にて反対もしくは認証された場合に従い、ビットコイン価格がいずれかの方向に向かう。

却下された場合は、当通貨の価格は変動率を起こし、これは投資家の掛けの損失を防ぎ、通貨価格が上昇した際での売却と安価での買収を可能とさせる。

それだけではなく、ブルームバーグの報告によると、ビットコインは頻繁に取引成立が一時間以上かかるネットワーク速度の問題に面しているとの事だ。開発者はこの問題をどう解決するかへの賛同を得られず、その代わりに投資者はその他貨幣へと目を向け始めている。

記事:レベッカ・キャンベル

韓国の地区政府はコミュニティ投票に対しブロックチェーンに着目




韓国州政府は近日、ブロックチェーン・スタートアップのブロッコ(Blocko)によるコミュニティー資金投票へ開発された技術に触れた。

韓国で最大地区の京畿道(キョンギド)州は、ブロッコのコインスタック・プラットフォームをコミュニティ援助への投票の為にダボック(Ddabok)プログラムの一環として活用した。当プログラムを経由して、州政府がこれら計画への資金提供に対する予算支給を決定した後、地区市民は援助へのアイディアを提案する事が出来る。

しかし過去では、従来からの投票方法による投票実行の規模はやっかいな為に、この手段は京畿道の政府により内部で広く執り行われていた。

しかしブロッコとの提携にて京畿道政府は今月の初めに、計画へと市民によって送られた9,000数の投票を認証への代用手段を求める努力の一環として投票を開催し、オンラインとオフライン両方の設置にて500数以上のコミュニティ援助プロジェクトを選択する結果となった。

ブロッコのCEOであるウォン・ベオム・キム氏がこう説明した。

「我々のブロックチェーン・プラットフォームとコインスタック上へ、この問題を解決する為の大きな投票経過作成の為にブロックチェーンとルア(Lua)基盤のスマートコントラクトを利用しました。この経過にて、オフライン投票者とオンライン投票者、そして代理人全てが公平で思慮された結果へと貢献し、527数のコミュニティ計画を選出しました。」

公式文面では、州政府の役人が本技術の利用をコミュニティ投票へと賛美し、ブロックチェーンは将来において投票の一環として上げる事が可能だと示した。

「第四期産業改革の技術としてのブロックチェーンの利用で、間接民主制の制限を多数の直接民主制制度と共に補足させる事が可能であります。」と京畿道の統率辞であるナム・ギョン・ピル氏は述べた。

コミュニティ投票は韓国で権威がブロッコの技術に触れる初めての件ではない。

韓国で唯一のセキュリティ取引経営者の韓国取引所(KRX)は、当国で最近の銀行データベースの相互参照による権威機関へのスマートコントラクトの開発、そして記録の実証の為へとブロッコを雇った。当一般専用サービスは昨年の11月に初設立された。

記事:ガレット・カーンズ

中国のフィンテック企業がブロックチェーンのサプライチェーン・ファイナンス・プラットフォームを設立




オンライン市場の貸手と主要電子機器会社の子会社は、チェーン・ファイナンスに供給する中国で初のブロックチェーン・プラットフォーム「チェインド・フィナンス」を合同で設立した。当ソリューションは中国での小中企業(SMEs)への更に良い融資の可能性を提供する事を目指している。

主要なSME部門への利用が困難又は不可能であった待望される資本の利用権を獲得する中で、中国のサービスが十分にゆき届いていないSME市場での4千万のSMEは、新規ブロックチェーン・プラットフォームからの利益を得ると見られる。

チェインド・フィナンスと名称されるブロックチェーン・プラットフォームの設立はオンライン市場の入札であるディアンロン(Dianrong)と、iPhone製造社として知られる台湾の大手電子機器会社フォックスコン(Foxconn)の子会社フィンコン(FnConn)によって公表された。

これに従い、本ブロックチェーン・プラットフォームは3つの電子機器・自動車製造・服装の特別主要な市場を最初に対象とする。この2企業は好結果な構想と中国SMEへの資金を確立させた概念実証を、企業への6千5百万USドル(RMB45百万)のローン貸付と共に完成させた。

「ブロックチェーンは金融市場の改革と、複雑なサプライチェーンへの資金提供と経営を行う企業へのシームレス・ソリューションを提供していると、ディアンロンの設立者兼CEOのソウル・ハタイタ氏は述べた。

サプライチェーン・ファイナンスでのブロックチェーン

ブロックチェーン基盤のサプライチェーン・ファイナンス・ソリューションは、本質的にサプライチェーン・ファイナンス・ソリューションでの全ての団体を単一の共同レジャー上での取り組みを可能とさせる。その他全ての参加企業らと共に、提供社兼製造社は取引での役割を単独で最新として、効率性と記録的なレベルでの信頼、そして不変なレジャー記録上での透明性を可能とさせる。

この計画の中で小規模なサプライチェーン提供社は、大規模な多国籍製造社が透明性と高度な視程を獲得する中で資本を得る見込みだ。

ハタイタ氏は追加してこう述べた。

サプライチェーン・ファイナンスでの複雑性と規模は、主に妥当な資金と効率的な経営を確認する挑戦の姿勢を見せる。チェインド・フィナンスはサプライチェーンを競争率での資金への容易なアクセスを提供する独自のエコシステムを制作する。その代わり、サプライチェーン経営者は提供者のより大きな視程と経過に組み込まれた多くの金融層を獲得する。

記事:サムブラジ・ダス