22-08-2017
10:30 pm
=

R3がオバマ氏の顧問とDCブロックチェーン・イベントで面談




green

US大統領のバラック・オバマ氏の顧問が、今月初めに分散型レジャー銀行組合のR3CEVとビットコインとブロックチェーン産業の代表であるその他3企業と、ワシントンDCの全米科学アカデミーを主催した。

イベントに参加したのはR3管理責任者のティム・グラント、非営利支持団体コイン・センター(Coin Center)の執行委員ジェリー・ブリト、スタンフォード大学のアプライド・クリプト・グループへの調査員ジョセフ・ボニュー、MITスローン・スクール・オブ・マネージメントのアントレプレナーシップ教授のサイモン・ジョンソンである。

5月20日に一時間以上に渡って、US経済に与える現在と予期する影響をへの質問に答えながら、パネルは大統領科学顧問委員会へと本技術についての大要を伝えた。

コインデスクとの面談にてグラント氏は、このイベントがどのように大統領の技術顧問がブロックチェーンと分散型レジャー開発の情報に通じるかを提示すると述べた。

グラント氏は述べた。

「状況は目に映る姿で現れます。疑う余地もなく、ホワイトハウスもこれを受けております。」

イベント全ての録音はここで聞く事ができる。

ホワイトハウスへの課題

イベント公式の議題によると、1976年に創立した科学技術事務所は、顧問らを年間に渡って「ホワイトハウス内部、政府部門、その他連邦機関から大統領の利用出来る科学技術アドバイス」を議論する為に召集する。

イベントへの参加者は、カウンシルの副代表であり科学技術部門の代表助手ジョン・ホルドレン氏と、グーグル経営執行役会長エリック・スチミッド氏、そしてその他約20企業である。

グラントによると、本セッション後のプライベート昼食会にて、パネル議論者らはブロックチェーン技術への顧問からの質問に答えたとの事。

特記すべき事は、メンバーは暗号的な本質の本技術と、イベント時にR3のプレゼンテーションで取り上げた主題の経済界のもう一つのリーマン・ブラザーズ・スタイル崩壊への類似を縮小するブロックチェーンの可能性のある役割へ興味を示した。

「有益な情報は、本件は現在の大統領科学顧問委員会の欲する内容と非常に符合しています。」とグラント氏は述べた。「そしてこれら企業は経済全ての分野へと本技術の新情報を引き続き得る事に積極的です。この意見は大きく明確に述べられました。」

コインデスクへとグラント氏は語った。

「分散型レジャー・コミュニティーにて我々がどこに位置するのかを、均等な視点から説明する役割の心境でした。」

記事:マイケル・デ・カスティロ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
blue1
ドバイの国際ブロックチェーン・カウンシルが初の試験プロジェクトを公表

政府関連機関とスタートアップ企業、そして地域事業の公共・個人イニシエティブであるドバイの国際ブロックチェーン・カウンシル(GBC)は本日の産業会議キーノート(Keynote)で7つの新規概念実証を公開した。 2016年の初めに設立し、GBCは30以上ものメンバーを上げ、トークイベントではIT大手のIBM、電子通信事業者のデュー(du)、デュバイ・マルチ・コモディティーズ・センター(DMCC)やその他企業によって公表された。計画はイニシエティブによって、ロイヤルティ・プラットフォームの相互互換性を可能にする事から不正のダイヤモンド取引の削減と多岐に渡る。 ドバイのブルジュ・アル・アラム(the Burj Al Arab)で執り行われ、午前の最初のセッションはデュバイ・フューチャー・ファウンデーション(Dubai Future Foundation)のCEOサイフ・アル・アレール氏からの開会の言葉から始まり、地域市場での開発者と主要事業者を統合する、自身の企業の目的を議論した。 アル・アレール氏は聴講者へこう述べた。 「当社は将来への準備に最良の道は作り出す事で、将来を作り出す事へ一番の道は協力しての取り組みだと信じております。ブロックチェーン技術は取引の迅速化と、更に素早く効率的な取引の提供により、生活の様々な場面や事業を向上させると思っております。」 未来博物館財団の最高執行責任者であるノラ・ラフォード氏は、後に本試験を企業の発展の一環に過ぎないと説明した。 「カウンシルでは期待される7つの試験計画があります。最低限でもその他の多くは開発途中であり、口外する事が出来ません。」とラフォード氏は述べた。 ラフォード氏は全ての計画は次の3ヶ月から6ヶ月中に完成する事を予定されており、これら計画はその後、本グループの努力を更に新しく優れた利用例の発見へと前進する為に評価される。 公表された計画は下記に記した。 健康記録 ダイアモンド取引の安全管理 本日のプレゼンテーションで最も興味深かったのは、商品取引インフラストラクチャーの地区最大の提供者DMCCの事業開発部門取締役であるジェームス・バーナード氏による物だろう。 ここでは、バーナード氏はどの様に企業が、キンバリープロセス認証制度(Kimberley certificates)と、紛争ダイヤモンドの分散源を推定する為にUNによって2003年に紹介された実際の書類の転移と証明を、ブロックチェーン技術を用いてその他GBC会員とどのように共同で取り組むかを説明した。 財産所有権の転移...

Close