25-04-2017
02:30 pm
=
blue1

フィデリティがIC3ブロックチェーン・リサーチ・イニシエティブに加入

April 10th, 2017 By Christopher Filiatrault

フィデリティ(Fidelity)が暗号通貨とブロックチェーンへの研究取り組みの援助へと移行した。 ロイター(Reuters)による報告では、フィデリティは数年前にアメリカ国立科学財団による資金で設立された暗号通貨とコントラクト(IC3)へのイニシエティブへ参加する最初の資産運用担当者である。コーネル大学、カリフォルニア大学バークレー校、IBMコープとインテル・コープを含める当企業の技術中枢部門であるフィデリティ・ラボは当チームへと参加する。 フィデリティ・ラボのSVPであるハドレイ・スターン氏はロイターへとこう述べた。 「IC3が運ぶ物は、この様な技術がどう導入されるかの研究を援助する学術的コンピューターサイエンスの遺産です。」 フィデリティのIC3プロジェクトへの参加は、数年間でのビットコインとブロックチェーン両方での増加する注目の後を追った。 2月には、当企業は「ソコアクト(SOCOACT)」と称する技術を説明する特許出願を提出し、これはその他のアプリケーションの中でもブロックチェーン基盤の選挙を配備する利用法がある。 フィデリティは2015年後期では慈善部門を通してビットコインの承認を開始し、昨年に7百万ドルを上げた。 記事:ギャレット・ケーンズ

lcd_display2

ビットコイン・ハードウェア企業のアヴォロンはマイニング産業の変化を呼び掛ける

April 8th, 2017 By Christopher Filiatrault

ビットコイン・ハードウェア生産企業が不公正な慣行に関わっているという申し立ての中で、産業の大手マイニングチップ提供社の一社は分野での新しい明確化を呼び掛けている。 アヴァロン・チップサービスシリーズの作成者であるカナーン・クリエイティブ(Canaan Creative) との新規面談の中で、代弁のスティーブン・モシャー氏は当企業は取り組みを更に開放的にする為への最初の段階へ踏み出したいと述べており、同分野のチップ製作社ビットメインに対する告発への論議は、現在訂正が必要な産業の問題を明らかにした。 コインデスクの説明を更に分析すると、この結果による議論はビットコインの基準論議を再白熱させ、そして採掘者はビットコイン・ブロックチェーンとどう関わっていくかについての新しい常識的質問を掘り出した。 当企業の売り上げと中国本土外でのマーケティング長であるモシャー氏は、当主張の真実性が確証されるかどうかに関わらず、これは採掘者が危険なネットワークへと有害であるという「認識」であると述べた。 モシャー氏はコインデスクへと述べた。 「認識への攻撃であろうとも、否定は悪い評判を負います。ソフトウェア製作者が当社の取り組みについての更なる知識を得る事が出来る場所を求めております。」 更にモシャー氏は、認知した内容は採掘者が問題に面する事業必要性であり、ビットコインの開発者コミュニティはパワーを削減するプロトコル変更、又は合わせて採掘者への需要の除去を思案する増加する自発性を見せている。 すでにその他ブロックチェーンのネットワークはプロトコル変更の最中であり、イーサリアムがビットコインにて見られるハードウェア・マイニング種類を削除へと特別に設計された、新規コンセンサスアルゴリズムやプルーフ・オブ・ステークを変更する計画を立てている。 それと同時に、モシャー氏は当議論のニュアンスを回避しており、これがマイニング・チップの討論と獲得成果についての討論に火をつけるであろうと述べた。カナーン氏はこの様な憶測を避ける事を希望している。 記事:ピート・リッツォ

boots

ブラジルでブロックチェーン土地登記技術の試験実施

April 6th, 2017 By Christopher Filiatrault

ブロックチェーン・スタートアップのユビットクィティ(Ubitquity)は2つのブラジル自治体の土地登記官事務所をビットコイン・ブロックチェーンへと土地所持権情報の埋込によって精密検査する事を公表した。 この主要プログラムはデラウェア拠点のスタートアップとブラジルの不動産登記(Cartorio de Registro de Imoveis)とペロタスとモロレドンド自治体にて提携する。ユビットクィティの記録管理システムは財産住所、所有者、地番と地域分布分類のような詳細情報のハッシュをカラード・コインズ・プロトコルを利用してビットコイン・ブロックチェーンへと埋め込む。 設立者によると、この主要プログラムは書面上の記録から100%コンピューター基盤のソリューションへと移行する取り組みである。ビットコイン・ブロックチェーン上に保存される記録は不変的な意味で盗難、崩壊、被害又は詐欺による影響を受けない。 ユビットクィティは登記サービスの提供へと不動産登記との専属契約を得ている。当計画が成功すれば、ユビットクィティはブロックチェーン上へと記録を移行する事に興味を持つその他自治体へ当ソフトウェアの営業販売権を与える計画を立てている。 コインデスクとのやりとりにて、ユビットクィティ設立者のネーサン・ウィスナック氏は不動産登記プラットフォームを利用してビットコイン・ブロックチェーンへと埋込まれた最初のブラジル不動産(しかし当社は公衆への詳細公表を断っている)を共有した。3月30日に公表されたエントリーはペロタス市に居住する医師の不動産情報を含んでいる。 類似する土地登記率先はスウェーデンで取り組まれており、土地統計調査の土地登記機関は分散型レジャー上での不動産情報を記録する為にブロックチェーン・スタートアップのクロマ・ウェイ(ChromaWay)と提携している。 この接点によって銀行は、不動産の買収と売却の経過をスリム化させる事へと、個人との接続が可能となる。 記事:ギャレット・ケーンズ

atmicbomb2

ビットコインVSゴールド:どちらが良好な長期的投資か?

April 3rd, 2017 By Christopher Filiatrault

$100,000を自由に使用出来ると想像してみよう。全額をビットコイン又はゴールドに使用しなければならず、混合又は折半無し、そして収益は50年間手をつける事なく信託店に預けられます。 どちらの選択を選ぶか? 二つの物資は現在では同様の相場範囲であり、ビットコインの短期間の揮発性と流動性の懸念を置き長期的な価値の保存性と共に比較してみよう。 インフレーションVSデフレーション ビットコインのゴールドに対してのもう一つの有効な鍵は、供給値が安定して明確であり、収益の価値を無くす事が出来る生産過剰性と関連する典型的なインフレーション抑圧の恐れを取り除く事だ。 「ビットコインの公知の特徴は、ディスインフレーショナル供給スケジュールです。多くの人々はゴールドは同様であると考えていますが、これは実際は隠れたインフレを誘発する利益です。」とARK投資マネージメントのブロックチェーン製品率先のクリス・バーニスケ氏は述べた。 遅いが確実 ゴールドの持つビットコインより明確な有利点は、信頼性で確実性であると記事を調査団が述べた。しかし、新規技術の崩壊又は政府からの弾圧による消費者の選択変化が、ビットコインを容易に後退させる事が出来るだろう。 「ゴールドはビットコインに欠如する非常に重要な点を持ちます。価値を寛大に保存する1,000年以上の歴史。これは信頼と特別な収益を保存する人々の心持ちにとても大切です。」とボガート氏は述べた。 ゴールドは更に、政府による利用法の完全な規制にもかかわらず価値がある事を証明している。 ゴールドのビットコイン上への有利点は、インターネットの運営に依存していない事であり、その為に高圧的な制度から保護を受けている。 補足か代用か? ビットコインがゴールドを世界的な価値の保存法として取り変わるかについての質問は、この2つがもっとも可能である事柄と補足的な収益としての共存から考慮すると、妥当ではないだろう。 その他の投資領域での基本的業務として、ビットコイン対ゴールドの質問に対する正確な答えは、最終的にそれぞれの特別な投資家のリスクプロファイルによって決定されるだろう。 記事:アーロン・スタンリー

cave1

報告とは違いインドのビットコイン政策に変更無し

April 2nd, 2017 By Christopher Filiatrault

インドのメディア源は今週に政府がビットコインを不正とみなした事を報告し、大きな反響を巻き起こした。 インド経済タイムズ (The Economic Times of India)のような新聞紙は、金融担当大臣のアルジュン・ラム・メグワル氏の公式文書によると、デジタル通貨の使用は「不正」であり、そして利用者がアンチマネー・ローンダリング規則の予想しうる侵害にさらされるだろうと述べた。 ビットコインとブロックチェーン関連計画の両方へ取り組む多様な企業の場であるインドでの規制推移として本質的に迎えられ、当公式文書は当国での公式機関が早期の位置を取った事の繰り返しと見なされている。 確かに、当公式文書は2013年後期にインド準備銀行によって発行された物と類似しており、これは大きく相場の変動率と盗難の危険性を警告していた。 「ピア・トゥ・ピア匿名/偽名制度での相手方の情報の欠陥は、利用者をアンチマネー・ローンダリングの不故意による違反と金融テロリズム(AML/CFT)法との闘争へと対象とさせます。」と当中央銀行は述べた。 この読みにかかわらず、間違って解釈された公式文面によって白熱した当議論は、インド政府がビットコインの合法性を明確に位置付ける事を呼びかけている。 Change.orgにて作成された申請は7,600超の署名を集めた。類似した概念での第二回目では1,110以上の支持者を得た。 記事:スタン・ヒギンス  

drawing

シンガポールとマレーシアの法律事務所がフィンテック業務を設立

April 2nd, 2017 By Christopher Filiatrault

金融技術部門が持続して勢いを増す中で、シンガポールとマレーシアでの2つの法律事務所がフィンテック業務を設立した。 シンガポール拠点のアレン&グレッドヒル(Allen&Gledhill)とその准事務所であるマレーシア拠点のラマット・リム&パートナーズ(Rahmat Lim&Partners)は、両国でのフィンテック業務の確率を公表した。 Finews.Asiaによる報告では、両業務は金融規程、技術と知的財産問題を取り扱う事に共同で取り組む。これにより、両国が挑戦されているたくさんの金融技術分野での正式な解決策の提示を目指す。 フィンテック法律事務所が上昇傾向 世界中では、更なる法律業務がフィンテック分野へと注目を向けており、新規と現存のスタートアップへの援助を確率している。 国際法律事務所のステップトゥ&ジョンソンLLP(Steptoe&Johnson LLP)はもう一つの法律業務であり、国際的に関連する弁護士との学祭ブロックチェーン業務の設立によってフィンテック企業が面する公式な問題を包括する。 開発でのブロックチェーン規程 ブロックチェーンを循環させる規程と共に、多くの企業は分離する権威から異なる法律を受ける。 欧州証券市場監督局(ESMA)はしかし、現時点の「早期段階」でのブロックチェーンへの規程活動は未だに早すぎると述べ、上海の金融サービスオフィスはブロックチェーンの正式規程を呼び求めた。 この事は、法律事務所と確立されたフィンテック業務の利用は、法律事務所と共に多くの金融技術企業が、複雑な問題での法律執行を援助する事へとこれら業務の設置が必要不可欠である事の理解に重要であると示している。 記事:レベッカ・キャンベル

wood mosaic2

明日に日本のビットコイン法が有効化

April 1st, 2017 By Christopher Filiatrault

日本は明日にビットコインを決済の正式方法として認定する予定だ。(2017年3月31日/記事) 当国の議会は、ビットコイン交換をアンチマネー・ローンダリング/顧客熟知規則の下に置いた数ヶ月に及ぶ論議の後に法案を通し、更にビットコインをプリペイド決済方法の一部として分類した。 この議論は、数ヶ月に及ぶ拡大する複雑化により現在停止され、そして最終的に支払不能と詐欺を引き起こしたビットコイン交換所マウント・ゴックスの倒産に続いて始まった。 日本の金融庁によると、法案は4月1日に有効化され、サイバーセキュリティと運用規程、そして交換所への資本要件を決定する。そして、これら交換所は更に労働者教育の取り行いと年次監査の提出が義務付けられる。 しかし当分野へは更なる取り組みが課せられている。 例を挙げると、野村総合研究所の岡野 靖丈氏は2016年5月の報告にて、銀行法と金融商品、そして取引法を含めるその他日本国法案は当技術に関しての変更の必要性を示した。 報告は、日本でのその他団体もこれらのギャップを埋める事へ移行していると示した。 日経による報告によると、日本会計基準委員会は今週初めにビットコインの様なデジタル通貨への基準の開発開始を決定したとの事だ。この行いは、昨年末に基準化の推進を開始したオーストラリアを含め、その他各国にて執り行われる活動を映し表している。 記事:ギャレット・カーンズ

mirror

SECがソリッドXビットコインFTF案を否認

April 1st, 2017 By Christopher Filiatrault

証券取引委員会(SEC)はニューヨーク証券取引所のビットコイン交換取引資金を表に入れる事を否定した。(2017年3月28日) この本日に発表された決定は、今月の初めでSECにより二度目のビットコイン関連ETF否定である。3月10日には、キャメロンとタイラー・ウィンクレボスによるビットコインETFをバッツBZX交換に載せる活動が機関によって否認されたが、しかし先週バッツはこの断りに対して論じる動きに移り、SECによる決断の効果的な再審理を目標とする。 SECによる公表にて、ウィンクレボスETF決断で使用された内容と類似した理由が引用されており、例えば市場監視の欠如と多数の弁明での規程崩壊が挙げられる。 SECが記述する内容。 「公知で信じられている事は、規程へと達する為には、商品・信託上場製品(ETPs)の株の取引と相場表を行う交換所が、この問題での重要な2つの必要条件をその他適応する条件と共に達成する必要があります。最初に、交換所は基本商品又は当商品の派生の交換への主要市場との監視分担に関する合意が必要です。そして第二に、これら市場は規程管理される必要があります。」 行政機関は9月に決定を遅らせる動きを行い、最終決断を遅くても今週末までに移動させた。SECの代表者は言葉への要求に対して迅速に応えず、金曜までに決断又は延期が予想される。 記事:スタン・ヒギンス

yellow_room

北京市の規程官がによるブロックチェーン基準を訴える

March 27th, 2017 By Christopher Filiatrault

北京の地方自治体政府の官僚はブロックチェーン開発への「基準」取り組みの必要性を述べている。 支那金融(Sina Finance)によって公表された声明によると、北京財政支局(本市の経済計画を設置する団体)の秘書フォ・クエン氏は、先週のフィンテック催しの中でブロックチェーン産業での「正常」な向上の必要性を訴えた。 この声明では、クエン氏はブロックチェーンの一般使用例(決済・クレジットと交換を含む)の要点を述べ、ブロックチェーン基準化は開発を容易にする要素だと述べた。クエン氏によると、これは予期する不正金融取引を妨害し問題を解決するだろうとの事だ。 クエン氏の発言は当技術の更なる拡大へと重点を置いているが、デジタル通貨とピラミッド・スキームでのP2Pローンを含める危険性のある分野を明確にした。 この発言は中国の中央銀行である中国人民銀行が、国内ビットコイン交換分野の管理にて更に位置の確率をした数ヶ月後に公表された。これらの取り組みは中国の「三大」ビットコイン交換所の政策を動かす事に繋がり、アンチマネー・ローンダリング・プロセスの規制義務付け更新の中で引き出し凍結を起こした。 クエン氏はPBoCのビットコイン取引を引き出さなかったが、分散型レジャーを活用しつつデジタル通貨システム上での機能を強調した。昨年に行われた初回試験は、ウィーバンク(WeBank)と中国工商銀行(Commercial Bank of China)を含める中国金融機関を関連させたと言われている。 記事:ギャレット・カーンズ

blue1

ビットコイン・コア・ロードマップが署名有効プランを公表

March 24th, 2017 By Christopher Filiatrault

ビットコイン・コア開発者は本日に、現在のデジタル署名十進法を更に向上した代用へのプロジェクト移行計画を表す新規技術ロードマップを公表した。 これが実行されれば、本計画案はビットコインが現在署名処理へと使用するECDSAから「シュノール署名」へと変更される。当変更をする事によって、開発者はビットコインのブロックチェーンでの合計データを25%まで減少させる事が可能だと論じている。 利用者にとっては、これはネットワークの取引歴を保存するノードが、全てのブロックチェーンの安全確認の為への保存先(ストーレッジ)の利用を減少させる間、より良いバンド幅を得る事を意味する。 公表文はこう説明している。 「一件ごとの取引を除き、全ての署名履歴は1バイトまで削減されると想定すると、解析ではこの方法がストーレッジとバンド幅を考慮する中で最低限で25%の減少結果を得るであろうと述べております。」 当計画のオープン・ソース開発チームへと、ロードマップへの署名変更は昨年10月でのスケーリング・ビットコイン・ミランを取り上げた顕著案に従っている。 シュノール署名の実行へと、ビットコインはOP_CHECKSIGとOP_CHECKMULTISIG機能の変更をパブリック・キーの利用を可能とする為に必要とする。 現在、ビットコインのブロックチェーン・サイズは約110GBである。 先送りにしている事項 しかし、この案は予想的な困難が付属している。 ウィリー(Wuille)によると、シュノール署名は「取り消し」問題に面しており、これは反対者が複数鍵取引からキー(鍵)を取り去る事を可能とさせる問題である。 そして、ビットコイン開発者のグレッグ・マックスウェル氏によると、シュノールの導入はセグ・ウィット有効化を必要としないが、しかし物議コードは過程を容易にさせると述べた。 この理由から、セグ・ウィット有効化が正式決定されるまでは、シュノールの詳細が実装される事は難しいだろう。 「セグ・ウィットを除いての実行は可能でしょうが、困難だと思われます。」とマックスウェル氏は述べた。 記事:ギャレット・カーンズ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER