27-03-2017
10:23 pm
=

最新ニュース

JPモーガン旧エグゼクティブがビットコインビジネスへ$25M調達を目指す




sign

ウォールストリートで最有力の女性が新技術ベンチャー援助の為、最大銀行へ申し立てていると当ポストが聞き受けた。

元JPモーガン商品部門の最重要人物ブライス・マスターズ氏は、Digital Asset Holdings(デジタル・アセット・ホールディングス)への$25ミリオン以上の初回資金を集める事を目標にしており、更に元同僚らからの当ベンチャーへの支援を目指しているとの情報が入った。

マスターズ氏の企業は「ブロックチェーン」というビットコイン技術を使用し、決済と契約者情報記録業務を更に自動化する事で、銀行での多額な費用削減をしている。

最先端技術を採用する初の「産業界のリーダー」として見られる為に、金融企業間の競争は熱を増している。

資金調達運動に詳しい内部者によると、企業初の$25ミリオン資金集めは進行中との事。

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
bitcoin
BitPayがIngenico端末へのビットコインPOSソリューションを開発

BitPay(ビットペイ)が決済界最大のIngenico(インジェニコ)と組合を結成し、当社の売り場(POS)端末を通したビットコインでの支払いをブロックとモルタル店舗で可能にした。 本日ブロックチェーン・ウィークの一端として発表されたこの決済方法はビットペイが開発し、インジェニコ端末ICT250へ搭載した物だ。 当社によると、当端末のオペレーティングシステムTelium(テリウム)によって大多数のインジェニコ端末と互換が出来るとの事。 Ingenico Iberia(インジェニコ・イベリア)の代表取締役ミゲル・アンヘル・エルナンデス氏が、声明でこの統合について語った: 「このような重要プロジェクトへの参加によって、インジェニコグループの指導力を決済分野にて発揮し、そしてエンドユーザーへの仮想通過の様な安全で確実な決済方法を提供する事が可能とされました。」 商売側が不換売出価格を入力しQRコードを設定した後に、適応性のあるインジェニコ端末にて消費者がビットコインで支払いする事が可能。尚、コードはビットコイン財布アプリケーションでスキャンする事が出来る。 フランスを基盤とする当企業は世界中で5,000人以上を雇用しており、€1.37ビリオンの総所得を2013年に申告した。 ビットコインを世界に広める 今年の初旬に、インジェニコはヨーロッパの小商業者がビットコイン決済の取り扱いを可能にする為にPaymium(ペイミアム)と組合を結成した。 ビットペイのスポークスマンによると、この新しい組合により当ソリューションが更にグローバル基準で可能となる。そして、従来の不換紙幣を適応インジェニオ端末で使用している全てのビットペイ商売者が、現在ビットコインでの決済も取り扱っていると語った。 「現実とオンライン両方での商取引において、一流決済業の一つであるインジェニコグループとの組合結成は我々にとって嬉しい事です。この統合によりビットコイン決済を世界中の多くの子商売へと広げる事が出来るようになるでしょう。」とビットコイン経営執行役会長トニー・ギャリッピ氏は述べた。 当企業は先月、決済業界との「発展速度と並ぶ」為に雇用者の削減をすると発表した後に、声明を配信した。  

Close