24-07-2017
04:47 pm
=

IBMがブロックチェーン機能を「大幅に拡大」する中でブロックチェーン・エコシステムを設立




new-ibm-logo-desktop-wallpaper

IBMは最近のプレス・リリースで記述した事には、「ブロックチェーンは産業が事業取引を行う方法を変換させる可能性を秘めており、これには事業がブロックチェーンのネットワーク影響から利益を得る事を許容し、エコシステムの産業家が力を合わせて取り組む事を必要とします。」

先日IBMはブロックチェーンを早める開発段階を作成する意図のブロックチェーン・エコシステムを公表した。

「未来への成長とブロックチェーンの導入は強力なエコシステムを作成する事へ信頼されています。事業ネットワークは、開発者や産業専門家とインフラストラクチャー提供者が事業取引が行われる新しい道を共同で再作成する時だけに臨界質量へと達します。」と IBM産業プラットフォームの上級副社長であるブリジット・ヴァン・クラリンジェン氏が述べた。「このハイパーレジャー計画のコードの成長する成熟性が主要な標識です。その為に、 IBMは開発者がブロックチェーン・ネットワーク作成の促進を行う為に、共同で取り組む環境を提供して援助しております。」

これは本当の世界的制度を開発したい革新者へと設計されており、ブロックチェーン・エコシステムは教育基準と手段を取り上げる事でブロックチェーンのアイディアを実行する時間を抑えます。 問題を解決し開発者を援助する事へと、IBMブロックチェーン専門家へハイパーレジャー・ファブリック・スラック・チャンネルを通して連絡が取れます。」

IBMは更に、事業利用者へとコード・ライブラリやスマート・コントラクト・テンプレート、そしてその他ブロックチェーン活用ツールを取り上げて、教育コースや学習モジュールを提供する。

「 IBMブロックチェーン・エコシステムは、団体機関が 共有又は補足技術と事業視野上へとハイパーレジャー・ファブリックを使用して提携し、そして教育と開発支援を利用出来る、開かれた環境です。」と本企業はプレス・リリースにて記述した。「ブロックチェーンはネットワーク事業なので、全ての興味を持つ団体が手段や情報と関係性を共有出来る環境である事は決定的です。スタートアップやISVとSIはブロックチェーンに投資しており、そしてハイパーレジャー・ファブリックを包括しています。」

更にIBMは2016年12月17日にコネクトイベントを開催し、個人情報を保護された取引へのネットワーク・モードのネットワークで作用するハイパーレジャー・ファブリック v1.0をピア設定へと利用する。

「 IBMは当社のブロックチェーン機能を大幅に拡大させ、そしてブロックチェーンをどの様にして事業へ利用する準備を行うかを理解させる為に、企業と活動的に取り組んでおります。」と本企業は公式文面にて述べた。「金融サービス、供給連鎖、 IoT、リスク管理、デジタル著作権管理と健康管理は、ブロックチェーン・ネットワークを利用しての大きな変化へ十分に用意が整っている複数の分野です。」

記事:ジャスティン・オコーネル

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
wood mosaic
ビットコイン・スタートアップが旧バークレイズ代表のアントニー・ジェンキンス氏を加える

ビットコインと暗号通貨に関連するサービスを提供する、ロンドン拠点のブロックチェーン企業 ヨーロッパで最大の顕著な旧銀行家の中の一人がビットコイン・スタートアップに加わる。 バークレイズPLCの元代表アントニー・ジェンキンス氏は、ビットコインと暗号通貨に関連するサービスを提供するロンドン拠点スタートアップのブロックチェーンの取締役会に加入した。本企業はビットコインの移動と追跡へと利用されるネットワーク共有を作成する基本技術から名前を由来しており、2014年には初期資金調達で3,000万ドルを上げた。 このスタートアップはコインベース Inc.等のその他ビットコイン企業や、そして顧客へのデジタル通貨売買の為の企業独自のアプリケーションとウェブサイトサービスによって利用されるソフトウェアを提供している。更に本企業はビットコインの基盤技術を使用する為の手段を、個人情報の追跡やその他の収益商業等の目的へと開発している。取締役会には、ジェンキンス氏が企業の共同設立者として参加し、最高経営責任者のピーター・スミス氏と社長ニック・キャリー氏、それに加えてスナップ株式会社への初期後援企業の一社であるライトスピード・ベンチャー・パートナーズの投資資本家ジェレミー・リュー氏、そしてスカイプの元営業長マイケル・ジャクソン氏が列なる。 この元銀行家参入の動きはブロックチェーンにとって非常に目覚しい事であり、従来のサービスへの可能性ある代用としての企業信念から、ビットコインとデジタル通貨への関わりを継続させると述べた。スミス氏はブロックチェーンが今年に500億ドルに相応する取引を行うペースに乗っており、その約三分の一は機関から来ると述べた。 その間、サークル・インターネット・フィナンシャル Ltdや、アクソニを設立したトレードブロック等の初期からのデジタル通貨への競争企業は、 従来からの通貨取引等の促進、又は交換や決済の様な銀行業務の経費削減をする為に、背後にてデジタル通貨を利用するアプリケーションへと移行している。 ジェンキンス氏はフィンテック企業の取締役会でのその他元銀行代表へと加わり、これにはレンディングクラブ・コープの旧モーガン・スタンリー代表ジョン・マック氏と、オンライン融資会社ソーシャル・フィナンス Incに参入する予定である旧ドイツ銀行株式会社の社長アンシュ・ジェイン氏が含まれている。 ジェンキンス氏は公知に知らせるように、「銀行業は混乱的な Uber(ウーバー)の時点に面するでしょう」と述べた。最近では金融技術企業の10Xフューチャー・テクノロジーズを設立し、非銀行系金融機関へとデジタル金融サービスを提供する方法へと着手している。更にジェンキンス氏はカレンシーズ・ダイレクト Ltdの社長であり、海外交換取引にて従来からの企業と競争をしている。 「経済的圧迫が銀行業へと更に積み重ねられるでしょう 。」とジェンキンス氏は語る。「これから巨大な変化が起こり、そしてそれは予測不可能です。」 記事:テリス・デモス

Close