24-03-2017
08:03 am
=

最新ニュース

2016年のビットコイン最大の見出し




yellow_room

2016年はビットコインへともう一つの飾る年となり、そして今年はビットコインが最良の稼働資産として今年を締めくくる憶測へと落ち着き、大量の獲得を得た米国ドルをも凌駕した。

年末記事の趣向として、2016年の5大ビットコイン・イベントという見出しで今年を締めくくりたい。

ビットコインは常に長所を示されているだけではなく、ビットコイン本質としての状態像と、偽名でのコンピューター・プログラマー中本哲史氏によって世に発表された暗号通貨はどの様に一般に認識されているかが描かれた。

オーストラリア人のクレイグ・ライト氏が「智史」だと主張

数学者で脱税者としての疑いがあるクレイグ・スティーブン・ライト氏がビットコインの開発者だと主張する、ビットコインの歴史の中で奇妙な出来事の一つが今年オーストラリアで起きた。

ライト氏がウィアードやギズモードの様な主流出版を運んだだけではなく、中本哲史本人だという事を、中本氏と頻繁に面会していたというギャビン・アンダーソン氏などのビットコイン中枢開発者を認めさせたという新しい視点を論議へと追加した。

現在ライト氏は完全に世間の注目から消えている。

ビットフィネックスのハッキング被害

ビットコインのハッキング被害はビットコイン・エコシステム・ファブリックの一部になった様に伺える。2016年には、率先ビットコイン交換所が破壊的なハッキングの被害を被った。6.000万ドル超を盗難され、2014年でのマウントゴックスの約3.5億ドル相当のビットコイン喪失以来、暗号通貨交換所のビットコインの最大損失を代表した。

ビットフィネックスの公表から数時間後に、利用者はビットフィネックスのアカウントが完全に流出されたという事を主張する為、ビットコイン・ソーシャル・フォーラムを使用し始めた。

記事:ジャスティン・オコーネル

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
numbers
国際メディアはビットコイン上昇をどう報道したか

最近でのビットコインによる相場急上昇は、主流メディアを驚かせた。暗号通過コミュニティーがこの上昇を待っていた間、その他は直ぐにこれが起こるとは予期していなかった。その他商品と同様に、ビットコインは需要と供給によって動いている。過去数週間には、世界各国の多様な経済と政治事情によってビットコインの需要が高くなっている。代用金融収益を探す投資家からの高まる需要は、価値を$900以上まで上昇させた。 2ヶ月前には、1ビットコインの価値は約$680だった。インド・ベネズエラ・パキスタン・オーストラリアの貨幣制度の予期する変化、弱体化するEU・ブラジル・中国経済、米国大統領選挙の結果、そして多様な実行を追う絶えず変化する市場状態は、最近で$910を超える相場へと導いた。 ロイターズは上昇中ビットコイン市場の時価総額の報告の中で、下落する元による物だと述べた。 「今年約7%落ちた中国元の持続する低落に関連するビットコイン上昇に基付ける多くの専門家は、今年始めでの約$435値と比較した。」 英国報道機関のBBCは国際政治の不確実性、インドでの上昇する暗号通過への需要と元の役割を影響的な事実として含めた。 「国際政治の不透明感と、インドの紙幣管理への動きは、更に人々のビットコイン購入を突き動かしています。」 ブレグジット国民投票とドナルド・トランプ氏の次期米国大統領当選が、ビジネス・インサイダーによって更に上昇するビットコイン価値の背後の理由だと考慮している。 「今年ビットコインはリスク資産の様に働き、6月のブレグジット国民投票と11月のトランプ氏当選を釘付けた。」 全ての大手ニュース機関によっての最近のビットコイン報道と獲得相場は、上昇するデジタル通過の支持率を示した。主流メディアはビットコイン市場をその他株式市場の様に追い始めた。デジタル通過導入が世界各国に渡って成長を続ける中で、様々なメディアによる混合した報道が予想出来るだろう 記事:ガウサム

Close