29-05-2017
11:02 pm
=

2016年にビットコインは?




trump

昨年はビットコインとビットコイン・エコシステムにおいて目まぐるしい年だった。スキャムやハック、政府規制、新しい発足や投資家、そして最下部から始まり比較的明らかになった相場。

ビットコインは主流に乗る事に困難している。ビットコイン支持者達によって長く予測されている主流に乗る動きは未だに実現されておらず、その理由は多数ある。主流へのアピール不足は二つの現実的な問題に絞られる – 利用方法の効果的な例の不足と、ビットコイン使用とセキュリティーを理解する事への困難。二つ目はこれら少数派の関心は若く技術的に精通している事が多く、暗号通過の力で民営事業への政府の試みを暖和する事を信じている。ビットコインが今年に、明快な使用法の例と高度な技術知識によるセキュリティーに頼る事のないユーザー・インターフェイスを制作するという二つの事柄を出来なければ、ビットコインは少数派のままだろう。

ビットコインの相場は長期に渡る論点である。何故ならば正しい流動性の測りが無い為に、ビットコイン・エコシステムは不明確な部分で働いている。相場は明らかな重要事象の後も動く事が無いが、顕著な理由も無く大幅に動く。それがビットコイン相場を予測する事を特に難しくしている。

2016年に期待をかける。ビットコインとブロックチェーン技術の成熟化は将来の使用へ上手く乗るだろう。ブロックチェーン技術への企業の関心の量がより良い決済システムと更に正確な監査能力へと繋げると思われる。ビットコイン支持者はビットコインはウォールストリートを直接混乱させる物と見るだろうが、しかし長期的な混乱は進歩した監査能力と共にバックエンドで起こると考える。ブロックチェーンとの結ばれた資産は酷く複雑化されたデリバティブが承認される事を更に難しくさせ、そして万全な監査証跡が財政責任を向上させるだろう。開発に分散化は必要無く、分散化したビットコインの開発者はプロトコルの改良へどう取組むかの為に、利益の無さを2015年に見せている。2016年はビットコインの年になるか?多分ならない、だが有望な発展の年になるだろう。

 

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
Picture18
ウクライナ大手銀行がビットコイン支払いへの統合援助

ウクナイナの資産大手銀行PrivatBank(プリヴァット銀行)が、現在オンライン小売業者へとビットコインでの支払いを商業者預金口座の不換紙幣に変換する前に受け取る機能を提供し始めたと、PSM7が報じた。 プリヴァット銀行はテストを終え、現在オンライン小売業者へとビットコイン決済を取得する方法を提供している。当発表は本日ウクライナのキエフでの会議にて、プリヴァット銀行のE-Commerce(eコマース)主任クリスティーナ・カーマジン氏によって伝えられた。 “Cross-border E-Commerce: The Import to Ukraine(国境を越えるeコマース ウクライナへ導入)” 会議で公にされたニュースを、ウクライナのオンライン出版Payspace Magazine(ペイスペースマガジン)が報じた。 基本的に購入者はビットコインでの支払いが可能で、その間商業者は支払いをフリブニャ(ウクライナの通貨)又はユーロにて受け取れる。 カーマジン氏はニュースでの取り上げについて詳しく述べた。 「当社は試用サービスを既に終え、現在ビットコインを決算ページへと統合する事を希望する提携社を求めています。更に、ウクライナ市場だけではなく、ヨーロッパ市場へと焦点をあてております。」 決算の過程は殆どのオンライン購入と類似した物だ。購入者は決算ページに進んだ際にビットコインを支払い方法として選択出来る。ビットコイン取引はQRコードをスキャンした後に開始される。この過程を統括する為に、プリヴァット銀行は電子通貨を不換紙幣へと変換する前に、フリブニャやユーロ(特定通貨に因る)の通貨換算率を検証する。 クリスティーナ氏は当国でのビットコインと電子通貨規定の論議的環境にいて問われた。プリヴァット銀行はウクライナ国立銀行へ申請書を提出した事を氏は認めた。 ビットコインはウクライナで徐々に適用されており、最近CCNは当国でのATM設置普及の報告を調査した。この件についてはここで読む事が出来る。 出版時においてプリヴァット銀行から即時のコメントを得られなかった。 記事:サムブライ・ダス (2015/12/04...

Close