27-03-2017
10:18 pm
=

最新ニュース

2015年でカナダでのビットコイン利用数が2倍




canada bitcoin
現金決済にうんざりしてきた為か、カナダの消費者は代替決済の選択肢を探求している。非接触式の決済はこれまで良好であり、オンライン決済も好評を得ている。しかし実際に興味深いのはビットコイン利用数が2015年に2倍になった事だ。

世界中で殆どの国々と類似し、カナダの消費者は現金不要な決済手段へと大量に移行している。この事から、現金の利用法はカナダでは減少し始めているが、早急な速さではない。カードやモバイルでの解決策ではなく、現金での支払いが主であった消費者を持つ小売業者が非常に多い事を考慮すると、大きな驚きではない。

カナダはビットコインと非接触式な決済を好む

カナディアン決済予想2016(Canadian Payments Forecast 2016)と題する最近の報告では、昨年のCAD 300億と同額まで非接触式決済の成長が増加した事を示している。その上、この報告は更に2015年でカナダだけで1.2百億を超える数の非接触式取引があった事を述べている。

カナダの個人商業者が非接触式決済サポートをまだ導入しない事は利益に繋がらない。利用者からの需要は増加しているにもかかわらず、これらの形式の取引は許容しないとの説明を業界は示している。顧客に需要があれば、食料品店やスーパーマーケットはこの決済方法を導入するべきであるが、しかし長期間に渡って導入を延期しているのはこれら企業なのだ。

世界でその他殆どの国々とは対照的に、カナダで非接触式決済方法を利用出来る6人中5人が、利用出来るなら何処でもこの方法を利用している。一つの視点から見ると、一月による平均利用数は各月でたった3回だ。この事から、非接触式決済は未だ長い道のりにあると言えるが、しかし目に見える流行がある。

この調査の一番重要な発見は、カナダ人はこれをビットコインの利用まで上げているという事だ。実際に、この調査はビットコインの利用が2015年に渡りカナダで2倍に膨れ上がった事を示す。これはカナダの複数のビットコイン取引所が2015年に閉鎖された事を考慮すると、非常に驚く報告である。コイントレーダー(Cointrader)は昨年に停止し、そしてサ・ヴァーテックス(CaVirtex)は数ヶ月前にクラーケンによって買収された。追加すると、ボールト・オブ・サトシ(Vault of Satoshi)も収益上の問題から閉鎖された。

このニュースは、カナダでは滑らかな決済の選択肢に対する需要が増加している事を示している。ビットコインは利用者へとこれを完全に提供し、そして競争するサービスよりも安価な相場だ。ビットコインの利用がカナダで持続して増加するかを断言するにはまだ早いが、しかし現在の相場増加からすると考えられない事ではない。

記事:JPブンティンクス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
strips
ターキーでのペイパル(PayPal)封鎖はビットコインへ何を意味するか?

ターキーでペイパル(PayPal)は営業を停止された。この閉鎖は6月6日から有効化される。最近ターキーは、ペイパルの本国で営業する為に必要な新しい免許を断った。テック・クランチ(TechCrunch)によるとこの断絶の理由は、ペイパルがターキー内部での全てのITインフラストラクチャーを地域化しない為だという。 ターキーで起こる事情の明確な姿を得る為にビットコイン・マガジンは、ターキーのビットコイン取引所BTCタークを所持し営業するBTCトレーダーのCTO兼共同創立者であるエムレ・ケンチ氏に接触した。 その他のオンライン決済プロバイダーはターキーを離れるか? ケンチ氏によると、ペイパルはターキーを離れる事は更にその他決済プロバイダーにも適合するだろうと説明する。そうすると再度、その他企業は免除を得る事が出来る。「ウェスターン・ユニオンのような事業は、法律から免除されています。」とケンチ氏は述べた。 「顧客のその他消費者や事業への送金を認証させる目的へと、本事業が顧客への資金を保持している場合は、その事業は電子貨幣免許を必要とします。」とケンチ氏は説明した。「事業がどのような消費者資金も保持していないが、事業に決済の受け入れを認証させる場合、決済処理免許を必要とします。電子貨幣免許の所持者は、決済処理者として経営する事を許容されます。その為、後者の免許は前者の一部という事です。それぞれの事業は個別の事例によって規制官から評価されます。」 ケンチ氏は更に、ターキーの国境内での全てのITインフラストラクチャーを持続させる為の必要条件報告から、更に先へ行ったと示した。「CEOの履歴書から団体チャート、事業の払込資本から資金の銀行口座での保持のされ方、そして金融と安全保証監査までの全ては規定の範囲内です。そして、それぞれに特殊な規則があります。」とケンチ氏は説明した。 ビットコインはどこで活用出来るか? ケンチ氏によると、ペイパルは主にターキーでの電子決済と少額送金への援助だった。「この事はビットコインへ非常に良い機会を提供すると信じております。」とケンチ氏は追加した。 最近のペイパルのニュースはターキーでのビットコインPRを援助しているとケンチ氏は述べながらも、ターキーや世界中でのビットコイン・サービスの成熟化は、ペイパルが去ってからの穴を埋める技術としてはまだ段階に達していない。この事を述べ、ケンチ氏は更に追加した。「ターキーのペイパルの主な利用者は、直接的な代変手段を見つける事を困難とするのは確かです。」 ケンチ氏によると、金融インフラストラクチャーはターキーでは強く、昨年と半年前で弱まったにもかかわらず、ターキー・リラは国民の大部分から財産の源として信用を得続けているとの事だ。 記事:カイル・トーペイ

Close