28-05-2017
06:40 pm
=

15社のR3メンバーが貿易金融へ分散型レジャー技術を試験




cave1
本日にR3CEV銀行連合は、メンバー15企業が貿易金融での導入に焦点を合てた分散型レジャーの試験を完了したと発表した。

この試験は分散型レジャー・プラットフォームのコーダ(Corda)がどの様にインボイス作成事業と信用状(LC)処理を受理可能な口座へと使用可能かに重点を置いた。更に、本日バンク・オブ・アメリカ、HSBCとシンガポール法廷機関が、リナックス率先のハイパーレジャー計画によって制作されたソフトウェアを用いて同様な試験を完了したというニュースが引き続いた。

公式文面にて、CEOのデービッド・ラター氏はこの報告をスタートアップの分散型レジャー・プラットフォームのコーダの証拠として引用した。

ラター氏が述べるには、

「これらの試験はコーダ・プラットフォーム上で使用されるブロックチェーンに影響を受ける技術は、現代の金融市場へと貿易金融へと変身する鍵を握ると証明しました。」

バークレイズ、BBVA、BNPパリバス、オーストラリア・コモンウェルス銀行、ダンスク銀行、ING銀行、インテサ・サンパオロ、ナティクシス、ノルデア、スコシア銀行、UBS、ユニクレジット、US銀行とウェルス・ファーゴはこの努力へと関与していると言われている。

記事:ピート・リッツォ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
atmicbomb2
オーストラリアがビットコイン規定へと動く

ビットコインの様なデジタル通貨はテロリズム資金へ活用性があると、アンチマネー・ローンダリングとテロ資金供与防止法へこれらを規定へと要求しているオーストラリアの金融情報機関のAUSTRACが伝えた。 AUSTRACによって発行されたオーストラリア2014でのテロリズム資金供与という報告は、テロリズム資金供与防止法は電子とオンライン決済方法に着目し始めており、これは時間につれて上昇するだろうと述べた。 報告が述べるには、 先鋭化、オンラインの増員とコミュニケーション(ソーシャル・メディアなど)を用いるテロリスト・グループは、特にオンライン決済システムとデジタル通貨の使用へ高い危険性がある。 シドニー・モーニング・ヘラルドによると、今週AUSTRACはバリでインドネシアとのテロ対策金融サミットを共同企画した。サミットでは、法相のマイケル・キーナン氏はデジタル通貨の規定へと取り組む中で、アンチマネー・ローンダリングとテロ資金供与防止法を向上させる際に、オーストラリアの取り組みに加わる企業へ情報提供をする計画を立てている。 ビットコインの悪用 ビットコインが開発されて以来、容易な発展ではない。 2014年に、現存しない東京拠点のマウント・ゴックス(Mt.Gox)は850,000ビットコインを失ってから取引を停止し、そして2013年には、ビットコインなどのデジタル通貨で不正品を匿名で利用者へ売るオンライン・ブラックマーケットのシルクロード(Silk Road)が閉鎖した。 その上、先週ビットコイン相場を20%下落させたビットフィネックス(Bitfinex)の最近のハッキング事件の後、ビットコインのセキュリティーが疑問視されている。 ビットコインの傷ついた過去によって、アンチマネー・ローンダリングとテロ資金供与防止法はデジタル通貨の導入は規定されるべきだと勧めた。 これが述べるには、 デジタル通貨の合法な使用法が確証される中、変換可能なデジタル通貨は従来の金融部門を通さずに送金が可能である。これは犯罪者へ、テロリストへの資金運営者が不正資金を法執行機関やその他権威に行き届かずに移動そして保管する事と、不正商品やサービスの購入するもう一つの手段を与える。 ビットコイン相場はビットフィネックスのハッキング事件以来大幅に向上しており、今週末では$600値付近まで上昇しているが、徐々に回復する中でビットコインの未来は継続して不確かである。 記事:レベッカ・キャンベル  

Close