28-05-2017
06:42 pm
=

高値ビットコインにより投資家がダッシュに移行




green

1,200ドル値周囲に留まる1ビットコイン相場と共に、多くの透視投資家は資産制作の為にその他の暗号通貨へと興味を示し始めている。

ダッシュ(Dash)は投資家が資金を掛ける一つのデジタル通貨だ。コイン・マーケット・キャップ(Coin Market Cap)によると、ダッシュは現在ビットコインとイーサリアムに続く急速に成長する第三のデジタル通貨である。ダッシュの価格は2ヶ月内で8ドル周辺から43.89ドルまで上がった。ビットコインの1,188ドルの価格からすると、何故多くがその他デジタル通貨へ資金投資しているのかを容易に見る事が出来る。

出回る数百ものデジタル通貨の内で、ダッシュのみが増加する投資を受けている訳ではない。

表で6位と12位に位置するのはモネロ(Monero)とジーキャッシュ(Zcash)であり、それぞれは13.32ドルと36.68ドルの価格を所持する。更に、ビットコインへと出遅れたと感じる者達はこれらを投資での利益獲得への代用手段としている。

ブルームバーグ(Bloomberg)の報告によると、多くが取引形式として認証し始めている中、どの様にそれぞれの異なる暗号通貨が予期的に主流となるかに注目している。しかし、何人の人々が暗号通貨を信用するかが重要な役割を演じており、それが一方で価格に影響を与える。

ビットコイン投資は現在も可能か?

しかし、初のビットコイン基盤交換取引資金と共に、3月11日の米国規定官にて反対もしくは認証された場合に従い、ビットコイン価格がいずれかの方向に向かう。

却下された場合は、当通貨の価格は変動率を起こし、これは投資家の掛けの損失を防ぎ、通貨価格が上昇した際での売却と安価での買収を可能とさせる。

それだけではなく、ブルームバーグの報告によると、ビットコインは頻繁に取引成立が一時間以上かかるネットワーク速度の問題に面しているとの事だ。開発者はこの問題をどう解決するかへの賛同を得られず、その代わりに投資者はその他貨幣へと目を向け始めている。

記事:レベッカ・キャンベル

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
blue1
韓国の地区政府はコミュニティ投票に対しブロックチェーンに着目

韓国州政府は近日、ブロックチェーン・スタートアップのブロッコ(Blocko)によるコミュニティー資金投票へ開発された技術に触れた。 韓国で最大地区の京畿道(キョンギド)州は、ブロッコのコインスタック・プラットフォームをコミュニティ援助への投票の為にダボック(Ddabok)プログラムの一環として活用した。当プログラムを経由して、州政府がこれら計画への資金提供に対する予算支給を決定した後、地区市民は援助へのアイディアを提案する事が出来る。 しかし過去では、従来からの投票方法による投票実行の規模はやっかいな為に、この手段は京畿道の政府により内部で広く執り行われていた。 しかしブロッコとの提携にて京畿道政府は今月の初めに、計画へと市民によって送られた9,000数の投票を認証への代用手段を求める努力の一環として投票を開催し、オンラインとオフライン両方の設置にて500数以上のコミュニティ援助プロジェクトを選択する結果となった。 ブロッコのCEOであるウォン・ベオム・キム氏がこう説明した。 「我々のブロックチェーン・プラットフォームとコインスタック上へ、この問題を解決する為の大きな投票経過作成の為にブロックチェーンとルア(Lua)基盤のスマートコントラクトを利用しました。この経過にて、オフライン投票者とオンライン投票者、そして代理人全てが公平で思慮された結果へと貢献し、527数のコミュニティ計画を選出しました。」 公式文面では、州政府の役人が本技術の利用をコミュニティ投票へと賛美し、ブロックチェーンは将来において投票の一環として上げる事が可能だと示した。 「第四期産業改革の技術としてのブロックチェーンの利用で、間接民主制の制限を多数の直接民主制制度と共に補足させる事が可能であります。」と京畿道の統率辞であるナム・ギョン・ピル氏は述べた。 コミュニティ投票は韓国で権威がブロッコの技術に触れる初めての件ではない。 韓国で唯一のセキュリティ取引経営者の韓国取引所(KRX)は、当国で最近の銀行データベースの相互参照による権威機関へのスマートコントラクトの開発、そして記録の実証の為へとブロッコを雇った。当一般専用サービスは昨年の11月に初設立された。 記事:ガレット・カーンズ

Close