23-04-2017
05:34 am
=

韓国デジタル通貨「ボスコイン」が2017年2月に発足




blue2

韓国フィンテック・スタートアップのブロックチェーンOSはボスコイン(BOScoin)と称する新規デジタル通貨を発足する計画を発表し、これはビットコインとイーサリアムの様なよく知られる仮想通貨の向上版であると本社は主張する。

地域出版のパルス・ニュースによると、近々発足予定のデジタル通貨はブロックチェーンを基準としており、現存するデジタル通貨とほぼ同様の物との事だ。韓国を拠点とする企業によると、違いは素早い取引速度を促進させるブロックチェーンの機能である。更に具体的に述べると、クレジットカードの処理速度が一秒につき1000数の取引まで行う事が出来る。

開発者によって利用された全ての手段とコードはオープンソースで表示されると、韓国出版のデータ・ネットによって報道された。

多数の詳細が知られる中で、ボスコインは「推論エンジン(韓国語からの翻訳)」との次世代スマート・コントラクト・ソリューションにて作動と維持される。このエンジンは機械又は利用者が契約を読み取る事を援助する中枢ソフトウェアとコードであり、ほぼ全ての利用者が理解する事が困難なプログラム・レベルのコードにて書かれた現存するスマート・コントラクトと反する。本質的に開発者は更に簡単なブロックチェーンを目指している。

トークン通貨のボスコインは、スイス中央位置で設立されるブロックチェーンOS財団によって発行と管理をされる。

ブロックチェーンOSの社長パーク・チャンキ氏はこう述べた。

「ボスコインの発足によって、韓国は世界の暗号通貨市場へと挑戦し、認識される事が可能となるでしょう。」

このデジタル通貨は現在、国内の投資者へと先行販売されており、2017年2月には国際投資者へとイニシャル・コイン・オファリング(ICO)が引き続きます。当報告は更に、韓国での一般的な B2Cモバイル・アプリケーションと並行してデジタル通貨の予期する実装が、根本的にボスコインを不換紙幣に代わる取引通貨とする事を記述している。

記事:サムブラジ・ダス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
bccc
日本のブロックチェーン推進協会が100社以上の会員に到達

日本でブロックチェーン専門の協会は100企業以上の会員にまで達している。ブロックチェーン推進協会 (BCCC)内の会員は4月の設立以来からの努力によって拡大している。 BCCC会員には、日本マイクロソフト、三井住友海上、 PwC、ビットバンクとコンセンシス、そしてその他企業が含まれる。 本グループは更に、本企業のブロックチェーン大学校からの100期目の学生が卒業したと発表し、この事はBCCが過去に主張したブロックチェーン技術の知識を高める計画が熟した事を表している。 本日のブログ投稿の発表では、BCCCを設立した会員のインフォテリア社長兼創立者である平野洋一郎(Pina Hirano)氏は、ブロックチェーン大学校を日本で本業界唯一であると説明し、そして本連合は教育を主目的としたプログラムに取り組んでいると暗示した。 平野氏はこう記述している。 「フィンテックとブロックチェーンに関連する世の中が急速に進展する中で、BCCCは新規会員の協力を追加し、活動を更に活性化させる事で国内での発達が遅れないようにします。」 平野氏が全ての連合会員は109社と示したが、BCCCウェブサイトは現在101社を掲載している。 日本とブロックチェーン 過去数ヶ月の間で、日本はブロックチェーン活用法とその懸念の温床へと発達した。 11月には分散型レジャー・スタートアップのリップルが独自のブロックチェーン連合を42社の銀行と共に発足し、準リアルタイムでの国境間決済を行う許容性のあるネットワークの作成を目指している。 今月の初めには、みずほフィナンシャルグループと住友三井銀行、そしてその他銀行らが、デロイッテ・ジャパンのブロックチェーン基準の銀行間決済の試用試験の結果発表出版に加わった。 今年初旬のロイターズの報告によると、本試験にもかかわらず、日本はブロックチェーン開発者不足に面しているとの事だ。 この様な問題を援助する為に、BCCCは学生をそれぞれ8つまでのコースを提供する2つのクラスから卒業させ、これには具体的にビットコイン・ブロックチェーンのレッスンが含まれる「ブロックチェーン技術の基礎」での「実地教育」が含まれる。第3期講座は現在2017年1月に始まるコースへの登録を募集中である。 記事:マイケル・デ・カスティロ

Close