17-10-2017
07:47 am
=

最新ニュース

韓国の地区政府はコミュニティ投票に対しブロックチェーンに着目




blue1

韓国州政府は近日、ブロックチェーン・スタートアップのブロッコ(Blocko)によるコミュニティー資金投票へ開発された技術に触れた。

韓国で最大地区の京畿道(キョンギド)州は、ブロッコのコインスタック・プラットフォームをコミュニティ援助への投票の為にダボック(Ddabok)プログラムの一環として活用した。当プログラムを経由して、州政府がこれら計画への資金提供に対する予算支給を決定した後、地区市民は援助へのアイディアを提案する事が出来る。

しかし過去では、従来からの投票方法による投票実行の規模はやっかいな為に、この手段は京畿道の政府により内部で広く執り行われていた。

しかしブロッコとの提携にて京畿道政府は今月の初めに、計画へと市民によって送られた9,000数の投票を認証への代用手段を求める努力の一環として投票を開催し、オンラインとオフライン両方の設置にて500数以上のコミュニティ援助プロジェクトを選択する結果となった。

ブロッコのCEOであるウォン・ベオム・キム氏がこう説明した。

「我々のブロックチェーン・プラットフォームとコインスタック上へ、この問題を解決する為の大きな投票経過作成の為にブロックチェーンとルア(Lua)基盤のスマートコントラクトを利用しました。この経過にて、オフライン投票者とオンライン投票者、そして代理人全てが公平で思慮された結果へと貢献し、527数のコミュニティ計画を選出しました。」

公式文面では、州政府の役人が本技術の利用をコミュニティ投票へと賛美し、ブロックチェーンは将来において投票の一環として上げる事が可能だと示した。

「第四期産業改革の技術としてのブロックチェーンの利用で、間接民主制の制限を多数の直接民主制制度と共に補足させる事が可能であります。」と京畿道の統率辞であるナム・ギョン・ピル氏は述べた。

コミュニティ投票は韓国で権威がブロッコの技術に触れる初めての件ではない。

韓国で唯一のセキュリティ取引経営者の韓国取引所(KRX)は、当国で最近の銀行データベースの相互参照による権威機関へのスマートコントラクトの開発、そして記録の実証の為へとブロッコを雇った。当一般専用サービスは昨年の11月に初設立された。

記事:ガレット・カーンズ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
yellow_room
中国のフィンテック企業がブロックチェーンのサプライチェーン・ファイナンス・プラットフォームを設立

オンライン市場の貸手と主要電子機器会社の子会社は、チェーン・ファイナンスに供給する中国で初のブロックチェーン・プラットフォーム「チェインド・フィナンス」を合同で設立した。当ソリューションは中国での小中企業(SMEs)への更に良い融資の可能性を提供する事を目指している。 主要なSME部門への利用が困難又は不可能であった待望される資本の利用権を獲得する中で、中国のサービスが十分にゆき届いていないSME市場での4千万のSMEは、新規ブロックチェーン・プラットフォームからの利益を得ると見られる。 チェインド・フィナンスと名称されるブロックチェーン・プラットフォームの設立はオンライン市場の入札であるディアンロン(Dianrong)と、iPhone製造社として知られる台湾の大手電子機器会社フォックスコン(Foxconn)の子会社フィンコン(FnConn)によって公表された。 これに従い、本ブロックチェーン・プラットフォームは3つの電子機器・自動車製造・服装の特別主要な市場を最初に対象とする。この2企業は好結果な構想と中国SMEへの資金を確立させた概念実証を、企業への6千5百万USドル(RMB45百万)のローン貸付と共に完成させた。 「ブロックチェーンは金融市場の改革と、複雑なサプライチェーンへの資金提供と経営を行う企業へのシームレス・ソリューションを提供していると、ディアンロンの設立者兼CEOのソウル・ハタイタ氏は述べた。 サプライチェーン・ファイナンスでのブロックチェーン ブロックチェーン基盤のサプライチェーン・ファイナンス・ソリューションは、本質的にサプライチェーン・ファイナンス・ソリューションでの全ての団体を単一の共同レジャー上での取り組みを可能とさせる。その他全ての参加企業らと共に、提供社兼製造社は取引での役割を単独で最新として、効率性と記録的なレベルでの信頼、そして不変なレジャー記録上での透明性を可能とさせる。 この計画の中で小規模なサプライチェーン提供社は、大規模な多国籍製造社が透明性と高度な視程を獲得する中で資本を得る見込みだ。 ハタイタ氏は追加してこう述べた。 サプライチェーン・ファイナンスでの複雑性と規模は、主に妥当な資金と効率的な経営を確認する挑戦の姿勢を見せる。チェインド・フィナンスはサプライチェーンを競争率での資金への容易なアクセスを提供する独自のエコシステムを制作する。その代わり、サプライチェーン経営者は提供者のより大きな視程と経過に組み込まれた多くの金融層を獲得する。 記事:サムブラジ・ダス  

Close