28-05-2017
06:41 pm
=

英国予算はロンドンのフィンテック・シーンを脅かすか?




foodtable_led

英国の大蔵省大臣フィリップ・ハモンド氏は、春分予算議会を提案し、翌2年間の間で自営業者は増加された国民保険寄与(NICs)への支払いを義務付けられる事をその他事項と共に示した。当公表は英国がフィンテック事業の育成へと最良の場として留まる事に疑問を投げかける。

BBCの報告によると、ハモンド氏は自営業者数に「壮大な増加」が起き、そして個人が自営業を始める理由が「税制措置の違い」であってはならないと述べた。

ハモンド氏は追加してこう述べている。

この様な、本質的に同額を稼ぐ個人2名の間での大きく異なる措置は税制の公平性を害します。

2018年4月に、クラス4自営業支払はNICsの9%から10%への増加を見るだろうとし、そして2019年4月には£8,060から£43,000を稼ぐ者に対して11%になる。クラス4従業員は12%を貢献する。これらでの£43,000を超える稼ぎは2%を持続して支払い、そして£8,060を下回る場合での支払いは起きない。

年間収益で£5,965、又はそれ以上での低スレショルドを得るクラス2支払は破棄される。

これらを合わせて、£16,250以上の利益を得る自営業者だけが、年間平均で約£240を支払う必要があると、ハモンド氏は述べた。

英国スタートアップへの影響

それでも、中小企業連合会は自営業者へのNICsの率を変化させる事に対して批判しているとの報告があった。

連合会の会長マイク・チェリー氏は述べる。

これは英国に対する政府の使命を、事業の開始と育成をする上で最良の場とする事を弱め、そして事業を営業する上での経費を上回らせるでしょう。

それだけではなく、ブレキジット交渉が多くを奮起させている件も合わせ、フィンテック企業がその他での設立を決定しても驚く事ではない。

記事:レベッカ・キャンベル

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
green
高値ビットコインにより投資家がダッシュに移行

1,200ドル値周囲に留まる1ビットコイン相場と共に、多くの透視投資家は資産制作の為にその他の暗号通貨へと興味を示し始めている。 ダッシュ(Dash)は投資家が資金を掛ける一つのデジタル通貨だ。コイン・マーケット・キャップ(Coin Market Cap)によると、ダッシュは現在ビットコインとイーサリアムに続く急速に成長する第三のデジタル通貨である。ダッシュの価格は2ヶ月内で8ドル周辺から43.89ドルまで上がった。ビットコインの1,188ドルの価格からすると、何故多くがその他デジタル通貨へ資金投資しているのかを容易に見る事が出来る。 出回る数百ものデジタル通貨の内で、ダッシュのみが増加する投資を受けている訳ではない。 表で6位と12位に位置するのはモネロ(Monero)とジーキャッシュ(Zcash)であり、それぞれは13.32ドルと36.68ドルの価格を所持する。更に、ビットコインへと出遅れたと感じる者達はこれらを投資での利益獲得への代用手段としている。 ブルームバーグ(Bloomberg)の報告によると、多くが取引形式として認証し始めている中、どの様にそれぞれの異なる暗号通貨が予期的に主流となるかに注目している。しかし、何人の人々が暗号通貨を信用するかが重要な役割を演じており、それが一方で価格に影響を与える。 ビットコイン投資は現在も可能か? しかし、初のビットコイン基盤交換取引資金と共に、3月11日の米国規定官にて反対もしくは認証された場合に従い、ビットコイン価格がいずれかの方向に向かう。 却下された場合は、当通貨の価格は変動率を起こし、これは投資家の掛けの損失を防ぎ、通貨価格が上昇した際での売却と安価での買収を可能とさせる。 それだけではなく、ブルームバーグの報告によると、ビットコインは頻繁に取引成立が一時間以上かかるネットワーク速度の問題に面しているとの事だ。開発者はこの問題をどう解決するかへの賛同を得られず、その代わりに投資者はその他貨幣へと目を向け始めている。 記事:レベッカ・キャンベル

Close