24-06-2017
08:45 pm
=

米当局が薬物販売者によるデジタル通貨利用の流行を懸念




red_light
米国移民税関捜査局(ICE)は薬物取引でのデジタル通貨が関連する件が実質的に増加している事を、先日に会議で取り上げた。

この事は衆議院がオピオイド乱用についての公聴時に、国土安全保障省(DHS)調査部の補佐官であるマシュー・アレン氏によって述べられた。

アレン氏によると、国土安全保障省調査(HSI)はブロックチェーン解析を使用し、ヘロインとフェンタニル取引に関与するデジタル通貨決済の追跡を行っている。2013年後期に米当局は米国議会上院に対しての公式文面で当技術の犯罪利用への調査に取り組んでいると述べており、本文書はこれらの利用がどの様に行われているかについて初めて開示した物を代表する。

アレン氏が委員に述べた内容は以下である。

「ICEは、麻薬の密輸実施へとデジタル通貨を不換紙幣に交換する貨幣サービス事業として機能する個人団体が実質的に増加している事を関知しています。IFPCUは更に、資産没収執行局の第三部マネー・ローンダリング・イニシエティブから提供された情報を、複雑な金融監査の支援へと活用しています。」

DHSのデジタル通貨への主な関心は、現在は存在しない闇市場のシルクロード全盛期へと遡る。2014年2月と記録されているプレゼンテーションによると、当部門は「仮想通貨の交換を明確にする為への調査員の許容量の増加」に取り組んでいると述べたが、しかし当時はブロックチェーン分析への言及をしなかった。

それから、DHSはブロックチェーンに関連する計画への資金提供へと移ったが、その後セキュリティーとIoTに関連する導入へと特別な関心があるとコインデスクへと述べている。

記事:スタン・ヒギンス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
170320_bitcoin.fw_-825x510
2017年3月20日ビットコイン相場テクニカル解析 – $1100への修正?

ビットコイン相場は数日間で売却したが、関心領域へと後退している為に売却者が加わる機会を提供している。 テクニカル指標の表示 200SMAは長期的な200SMAを下回った為に、最下レジスタンスの道筋は下向きである。他の言葉で表すと、下降トレンドは逆行ではなく再開されるだろうと見られる。動く平均との間は大きくなり、強い売却圧力を表している。 近辺での100SMAは$1050範囲の大きなレジスタンスとして留まり、これは更に関心領域である。その間、200SMAはやや$1100上であり、しかし修正へと非常に不安定な一線として機能するだろう。この数値を超える崩れは、急上昇が管理を再び得る事を示すであろう。 推測は過剰買い範囲からの下落の動きを予想し、下がりの圧力が働いていると確認している。RSIはしかし上向きであり、その為に購入の急な動きが残されるが、しかしオシレーターは既に過剰買いの状態付近に来ている。売り払いが再開される場合、ビットコイン相場は$950又はそれ以下での最近の下値へと戻るだろう。 市場イベント ビットコイン相場は暗号通過の安定性に対する新しい疑問によって行き詰まっており、ネットワークのハードフォークによる報告と規定官による妨げにより、投資家を資金投資から遠ざけている。これはフェッド(Fed)の米国利益とドルへの需要を大幅に上げた金利引き上げの決断によって混同された。 それでも、金曜での利食いは急な跳ね上がりを可能とさせたが、しかしこれは急下落の多少な修正として残っている。本日は米国経済からの主要な報告はないが、しかしトランプ大統領の演説がBTC米国ドルへの新規ボラティリティへと影響を及ぼすだろう。 記事:サラ・ジェン

Close