27-03-2017
10:23 pm
=

最新ニュース

米国憲法修正第5条とビットコイン – 改定が始まろうとしている訳




bitcoin_statue of libaty

政府とその国民と企業の間に課された電子上プライバシーと安全確保への争いは、更に持続性と深刻さを増している。

USアメリカ合衆国憲法修正第5条がビットコインのプライベートキーを法的執行の為に公開する事の強制から保護が可能かという問題を、近年の開発が非直接的に提示している。

2月16日にUS連邦検事の要求にて、連邦裁判所はカリフォルニア州のサンフランシスコでの近日のテロリスト攻撃に関与したiPhoneのアンロック要請をアップル社へと発行した。

iPhoneに内蔵された暗号技術の迂回を認証させる「バックドア」を法律規制が作成する為に、検事は本要請を要求した。アップル社が課題にする予定である本要請は、特別な暗号による電子上プライバシーと安全確保への現在にわたって継続する深刻な緊迫状態を強調し、そして暗号を基盤とするビットコインへの幅広い影響を持つ恐れがある。

最終的に、アップル社の本要求が非直接的に提示する重要な問題は、憲法修正第5条はどの程度ビットコインのプライベートキーをそのまま個人的に(政府に提供する必要なく)保ちたい利用者へと保護を提供するのか、という事だ。

過去の前例

「パスコード・ヘルプ」へのアップル社に対する要請を求める中で、法廷で非国民に対し、非国民のみが知るパスコードを利用し検索令状で取得されたコンピューターの暗号解読を要請したという、コロラド州での2012年の連邦事例で連邦検事の行動が一部で信頼された。

政府支持の法廷による規定は、暗号解読をしようとするコンピューターのファイルの特定の内容を知らなかったにもかかわらず、これらファイルの存在と場所を政府が知っていた事実を前提としている。

アップル社に対して討論の構えをする連邦検事は、コロラド州の判決と調和しない2015年後半にフィラデルフィア州で可決された連邦事例を無視した。明らかな理由へと、この件はビットコインのプライベートキーの関連性について、人々が憲法修正第5条を主張する事が可能であるかの議論を強くさせる。

全体的に、憲法修正第5条は政府によるビットコインのプライベートキーの公開を強制する事から人々を守る意味合いがある事を指示されている。何故ならば、法廷は憲法修正第5条が政府による個人の電子機器パスワードの提供を強要する事の防止を持続させており、それは固有の類似性からプライベートキーにも公平に適応されるべきである。

これら全ての事柄とは裏腹に顕著な前例では、被告人が政府へと本人のコンピューターの暗号解読の為のパスコードを提供する必要はないが、しかし政府へと未暗号化のコピーを渡さなければならないと法廷が規定した。

ビットコインの実行

ビットコインのプライベートキーの概念とは、個人は所有するビットコインを政府の要望する場所に送金しなければならないが(政府によって管理されるビットコイン・ウォレット等)、しかし使用したプライベートキーは政府に伝える事はない。

もしこの様な問題が起きた場合に、法廷が思慮する傾向にある要素は以下である。

  1. 個人キーがどこかに書き記してある(保護としてではなく)、もしくは個人により記憶されている(保護の為)。
  2. ビットコイン操作を個人が認めたか(保護としてではなく)、もしくは沈黙を守っているか(保護の為)。

近い将来、現在のアップル社の件に対しての様に、ビットコインのプライベートキーへの憲法修正第5条の適用について、間違いなく問題として監視する必要がある事例として、US裁判所が乗り出す事は疑問ではない。

そして裁判所は、憲法修正第5条の一つである最も重要な保護と開示への非強制を、検察官の主張にもかかわらず支持する必要がある。

もし裁判所がその他の執行を行った場合、憲法修正第5条が損なわれるかもしれず、そして被告側弁護士はその様な裁判所命令を求める為に、政府の試みを活発的に論争しなければならない。

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
mask
チャイナリシスと欧州刑事警察機構がビットコインの資金洗浄を行う

一般的なランサムウェア・ソリューションの背景は、多様な決済手段の中でビットコインを好んで利用しているが、電子通貨は犯罪者の道具になってはならない。 ブロックチェーン上で実時間にビットコイン取引を追跡する事は比較的簡単だが、これらウォレットのアドレスの背景にある個人情報を直接知る方法は無い。ビットコインは世界中で貨幣の送金と受け取り時に個人の詳細を伝達せず、マネーローンダリングの試みへ関して問題になりかねない。 電子通貨界での詐欺やマネーローンダリングへの安全確保を専門とするチャイナリシス(Chinalysis)等のスタートアップ企業を例として、電子通貨業で活発な企業らはこの予期する問題について気がつき始めた。重要な事は、ビットコイン業での詐欺は不渡手形と関連性はないが、それよりも資金の二重使用、又は製品やサービスへの支払いへと盗んだ口座から貨幣を使用しようとするハッカーが関連している。 一般的なランサムウェア・ソリューションの背景は、多様な決済手段の中でビットコインを好んで利用しているが、電子通貨は犯罪者の道具になってはならない。この時点では、ビットコイン利用者の個人情報を法の執行で解明する明確な手段は無い。念頭におきたいのは、マネーローンダリングがオンライン犯罪者へと世界各国で資産送金の為によく利用される方法であるという事だ。この様な問題は提示される必要がある。 チャイナリシスはと単純でありつつも強力な方法にて運営されており、電子通貨へと結びついた電子上の個人情報を追跡する。本社の組織内で開発されたソフトウェア・ソリューションは電子通貨のアドレスと関連するどの様な不審な活動も知らせる事が出来て、そして多様な調査方法と共に法律上の執行を提供する。これらの事が、チャイナリシスを欧州刑事警察機構の様な機関への調査提携にさせる。 欧州刑事警察機構の欧州サイバー犯罪センターが、チャイナリシスとの提携を結んだ事は不思議ではない。この発表がされたのは電子通貨が発達し始めた頃で、ビットコインとその他金融の代替形態へと本提携が更なる合法性を運ぶ援助になるだろう。 サイバー犯罪は全国的な住民と企業への深刻な脅かしである。技術の進展によって、ハッカーは個人利用者や企業に対しベクターを攻撃する事にかけて、更に創造的になっている。様々な件では、ビットコインは身代金や恐喝金への決算方法として利用されている。チャイナリシスと欧州刑事警察機構はこの問題を基盤とする事を思慮しており、ビットコインのスタートアップ企業と法的執行を合わせた提携は電子通貨エコシステムへの大きな利益になるだろう。 記事:JP バンティンクス

Close