24-07-2017
04:31 pm
=

次のビットコインの大きな相場イベントは?




ships

ビットコインの相場へ、この夏は何事もなく順調だった。

長期的に待ち望まれていた半減期を通して強く束ねられ、もう一つの交換所がハッキングされつつも、製作者はブレキジット(the Brexit)の報道で景気が上がった。それから相場は$550と$600の間を割り、今年の初めに監査された「比較的」な平常常態へと戻った。

しかしビットコインの記録に残る変動性を考慮し、分析者は既に何がビットコインの次の大きな揺れを引き起こすかの分析を始めている。

秋期と冬期に突入する中で、相場の高騰又は2015年の低値に戻させる可能性のある状態についての多様な論理が出現し始めている。

機関の認証

分析者によって引用された予期する誘引の中で、大量な株や産物を追跡する投資手段のビットコイン取引交換基金(ETF)の登場は、最もよく議論される題であろう。

多くの市場監査者は提案された2つのETFの状態を、非常に大きな興味と共に監視しており、しかし長い間、開発を希望するような理由はなかった。しかし、予想される市場への期待は、ソリッドXビットコイン団体(SolidX Bitcoin Trust)とウィンクリヴォス・ビットコイン団体によっての新規申告内の7月の公表に引き続き、最近の数週間において増加している。

どちらへの認証もビットコイン・コミュニティーへの重要な出来事になるだろうと分析者は述べており、何故ならETFは、認定された参加者が現実でのビットコイン所持へ関連する株式を発行する事を可能とさせる為であり、これは新しい流動性への改革となるだろう。

技術的な向上

もう一つの考えられるビットコイン相場への高騰は、「スケーリング」議論へ長い間待たれている解決策の形として来ると可能性がある。

現在、ビットコイン・ブロックチェーン上の取引のブロックは1MBの容量がある。これがネットワークが処理出来る取引数を規制する中で(更に導入についても議論されている)、コミュニティーの間ではこの改正についてが複雑で議論の誘引となっている。

しかしこのハード・コード規制を改正させる為の困難な特殊事項は規定される必要がありながらも、総意を取るに至っていない。それでも、この事は解決策が発展していないという意味ではなく、最近では予備コード試験のアップグレードとして、最もよく知られているセグリゲーテッド・ウィットネス(SegWit)が見られる。

ハルビング(半減期)後の圧力

最も個性的な主張の中で、投資家であり起業家のヴィニー・リングハム氏は、ビットコイン・ネットワークでのハルビング利益を予想出来る影響として選出した。

この夏初旬に宣伝なしに大きく起こされた、マイニング利益を25BTCから12.5BTCへと削減させる技術改正計画があった事から、この予想には驚かされない。

しかし7月にビットコイン価格が小さい変化を経験しながらも、リングハム氏は本当の影響はまだ現れていないと主張した。次の2〜4週間の間で、この移行からの威力がデジタル通過の急上昇を起こすだろうと述べた。

金融安定性

そして最後に、ビットコインの次の主要相場イベントは国際金融システムの安定性に左右されるだろうと多数が予想している。

取引者は重要事件の度にデジタル通貨へと動いているとの報告があり、多くの市場監査者へと危険性のない収益、又は経済危機の中で魅力的な「デジタル・ゴールド」として呼称させている。

過去に、ビットコインは「ブレキジット」やギリシャとキプロス共和国での経済変動の期間中で利益を得ている。

これらの中でどれだけが増加するかは現実での資本逃避が基準となっており、継続して議論的であるが、しかし未だにこのようなイベントは発展への強力な影響になるという大きく広がった考えがある。

もう一つの不安定要因は、デジタル通貨への政府の返答が残っている。主要国がビットコインを認証した場合は、その国の取引事業と価値両方が影響されるだろうと分析者は述べる。

記事:チャールズ・ボヴァード

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
duck_toy
ハイパーレジャー・ブロックチェーン計画が17社の新規メンバーを追加

国際大手電子企業サムスンの提携企業はハイパーレジャー・ブロックチェーン計画へ加入した新規17企業の中の一社である。 リナックスによって率先されるこのブロックチェーン・イニシエティブは本日に、サムスンのITサービス子会社のサムスンSDS、クイックブックス(Quickbooks)開発者のインテュイット(Intuit)と重機械製造業社のサニー(Sany)を含める新規企業と団体が会員へと加入したと公開した。 この公表は、サムスンが本新興技術への注目を増進させており、そして主要機関が徐々にハイパーレジャーを更なる取り組みへの立脚点として見ている近日の兆しを提供している。 本日までに、12月の設立以来から約100企業とスタートアップが本計画への貢献の為に参入している。 ハイパーレジャーの執行役員であるブライアン・ベレンドーフ氏が公式文書にてこう述べた。 「毎週でほぼ2社の新規メンバーが加入する成長度で、今年末までに我々が何処に位置するかを述べる手段はありませんが、この成長するコミュニティーと共に更なるオープン・ブロックチェーン開発へと取り組む事に期待をかけております。」 このニュースは、今月の初めでのフランス航空機製造業社のエアーバス(Airbus)の本計画への入会と、貢献社により率先される初期オープンソース計画の披露を含める、本計画への急増する公開に引き続いた。 記事:スタン・ヒギンス

Close