22-08-2017
10:31 pm
=

東京証券取引業者がNRIブロックチェーン試用へ加入




elder3

東京証券取引業者が、ブロックチェーン技術の1ヶ月間の試行の一環として、日本の率先シンクタンクと取り組んでいる。

本試行は、本日に株式会社野村総合研究所によって公表され、日本取引団体が過去に公開されたブロックチェーン研究の一旦として、本研究所と提携していると明らかにした。日本取引団体は、IBMのブロックチェーン・アズ・ア・サービス(BaaS)プラットフォームの初期顧客の一つとして、ブロックチェーン・アプリケーションの研究を行っている。

本日NRIは、試験期間が「証券市場へと適応された場合に、ブロックチェーン技術への挑戦と有用性へと収益を与える」と公表した。

本計画は証券市場への適応へと、ブロックチェーンの試作品開発の表意された目標と共に、特別に事業での使用例へと焦点を合てる。

NRIの専務理事である横手実氏が声明にてこう発言した。

「業界がブロックチェーンによる操業と技術増進の提供が可能にする手段へと段々と着目する中で、証券業界に渡っての将来の適応へとブロックチェーンの予期する全ての利益と挑戦への決意に焦点を合てます。」

NRIは昨年10月に、野村證券と 住信SBIネットバンクとの取り組みを公表した際に、ブロックチェーン・アプリケーションの取り組みを企画し始めた。

次段階は、日本の大手金融持株会社である野村ホールディングスの提携社である本シンクタンクは、更にSBI證券と三菱UFJファイナンシャル・グループと取り組む予定だ。

記事: スタン・ヒギンズ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
yellow_room
マイクロソフトがR3とのブロックチェーン提携を発表

R3によって率先されるニューヨーク拠点の個人経営銀行ブロックチェーン組合は、新規「戦略的」提携社として、国際ソフトウェア大手企業のマイクロソフトを追加した。 本日の新しい発表にて、現在マイクロソフトは、従来の銀行業務と金融サービス産業への実世界ブロックチェーン・ソリューションの開発を目指している、国際的な率先銀行機関の組合のR3CEVと提携を結んでいると伝えた。 本社のクラウドサービス・プラットフォームのアジュール(Azure)を通してマイクロソフトは更に、42社の銀行組合へ提供する為のブロックチェーン・ソリューションを現在開発中であるR3の実験と研究センターへと、クラウドサービス供給社として提供する。 本提携の規定は、世界中のR3拠点地にて「クラウド基盤の手段、サービス、そしてインフラストラクチャー」をマイクロソフトが直接的に提供する事を設定する。 ブロク(bloq)の社内にて、マイクロソフトの事業向上部門の副社長であるペギー・ジョンソン氏はこの様に発言した。 我々は協力し合い、バックオフィス運営にて数10億ドルを倹約しつつ、40社を超えるR3組合銀行の数十年来の手法の近代化と、運営の簡素化へのブロックチェーン技術の展開と試用、そして開発への援助をします。 更にジョンソン氏はブロックチェーン・ソリューションを実現する最終的な意図について発言した。 R3ブロックチェーン実験室への配慮されたサービスと技術的サポートを合わせ、本提携は組合銀行が実世界でのブロックチェーン・ソリューションの最終的な展開と開発をする為への、強力で適応性のあるエコシステムを製作します。 この大きな知らせは、マイクロソフトのブロックチェーン・アズ・ア・サービス(BaaS)プラットフォームが包括的な銀行基盤ブロックチェーン試用の一環として、1月に発表された後に予想されていた。 マイクロソフトとR3双方から公開されたプレスリリースは、R3の銀行業会員がマイクロソフトのBaaSサービスとプラットフォームへの利用権を所持する事を更に公表した。重要な点は、これがスマートコントラクト基盤のプラットフォームであるイーサリアム、そしてブロックチェーン・デバイスとエンドユーザー・ツール提供社であるコンセンシス(ConsenSys)の利用権を含むという事だ。 R3のCEOであるデービット・ラター氏が、マイクロソフトのアジュール・プラットフォームと提携の全体的な利点をこう述べた。 このマイクロソフトとR3の提携は、分散型レジャー技術の金融サービス産業全体を変更する手段として図るでしょう。 「アジュール・プラットフォームとインテリジェント・クラウドサービスは、新興の金融エコシステムへと高度性能を運び、そしてマイクロソフトによる提携が国際的な分散型レジャー技術の導入を促進させるでしょう。」とラター氏が追言した。 記事:サムブライ・ダス

Close