17-10-2017
09:29 am
=

最新ニュース

明日に日本のビットコイン法が有効化




wood mosaic2
日本は明日にビットコインを決済の正式方法として認定する予定だ。(2017年3月31日/記事)

当国の議会は、ビットコイン交換をアンチマネー・ローンダリング/顧客熟知規則の下に置いた数ヶ月に及ぶ論議の後に法案を通し、更にビットコインをプリペイド決済方法の一部として分類した。

この議論は、数ヶ月に及ぶ拡大する複雑化により現在停止され、そして最終的に支払不能と詐欺を引き起こしたビットコイン交換所マウント・ゴックスの倒産に続いて始まった。

日本の金融庁によると、法案は4月1日に有効化され、サイバーセキュリティと運用規程、そして交換所への資本要件を決定する。そして、これら交換所は更に労働者教育の取り行いと年次監査の提出が義務付けられる。

しかし当分野へは更なる取り組みが課せられている。

例を挙げると、野村総合研究所の岡野 靖丈氏は2016年5月の報告にて、銀行法と金融商品、そして取引法を含めるその他日本国法案は当技術に関しての変更の必要性を示した。

報告は、日本でのその他団体もこれらのギャップを埋める事へ移行していると示した。

日経による報告によると、日本会計基準委員会は今週初めにビットコインの様なデジタル通貨への基準の開発開始を決定したとの事だ。この行いは、昨年末に基準化の推進を開始したオーストラリアを含め、その他各国にて執り行われる活動を映し表している。

記事:ギャレット・カーンズ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
mirror
SECがソリッドXビットコインFTF案を否認

証券取引委員会(SEC)はニューヨーク証券取引所のビットコイン交換取引資金を表に入れる事を否定した。(2017年3月28日) この本日に発表された決定は、今月の初めでSECにより二度目のビットコイン関連ETF否定である。3月10日には、キャメロンとタイラー・ウィンクレボスによるビットコインETFをバッツBZX交換に載せる活動が機関によって否認されたが、しかし先週バッツはこの断りに対して論じる動きに移り、SECによる決断の効果的な再審理を目標とする。 SECによる公表にて、ウィンクレボスETF決断で使用された内容と類似した理由が引用されており、例えば市場監視の欠如と多数の弁明での規程崩壊が挙げられる。 SECが記述する内容。 「公知で信じられている事は、規程へと達する為には、商品・信託上場製品(ETPs)の株の取引と相場表を行う交換所が、この問題での重要な2つの必要条件をその他適応する条件と共に達成する必要があります。最初に、交換所は基本商品又は当商品の派生の交換への主要市場との監視分担に関する合意が必要です。そして第二に、これら市場は規程管理される必要があります。」 行政機関は9月に決定を遅らせる動きを行い、最終決断を遅くても今週末までに移動させた。SECの代表者は言葉への要求に対して迅速に応えず、金曜までに決断又は延期が予想される。 記事:スタン・ヒギンス

Close