24-03-2017
08:03 am
=

最新ニュース

早急に成長する8つのビットコイン市場




atmicbomb2

2016年には殆どの国でビットコイン量が急上昇したが、多数の市場はその他よりも素早い成長を遂げた。ビットコインドットコムは本年中において最大の成長を遂げた国と通貨を発見する為、全てのビットコイン交換所の取引量を調査した。

日本

日本は中国に続いて国際的なビットコイン交換量の最大第2位である。ビットフライヤーの無料手数料キャンペーンの為に、5月に日本円でのビットコイン交換は米国ドルを大幅に超えた。ブレーブニューコインのデータによると、この交換通貨は日本全てのビットコイン量の50%市場共有を超えた。

ベネズエラ

ベネズエラが大きな貨幣供給問題に面する中で、国内でのビットコインへの需要が上がっている。サービコインはボリバーへとその量から最もよく利用される交換所であるが、本交換所は量の履歴を公開していない。

インドネシア

インドネシアのルピーはその量からビットコインへよく交換される通貨の第5番位であり、6月にはブロック報酬としての「ハルビング」イベント中に取引が急増している。その後、多数の交換所に渡って比較的力を保っている。

韓国

韓国のウォンは国際的なビットコイン交換量の第6位であり、そして韓国人は国内に渡って大きな数のコンビニエンス・ストアからビットコインを購入する事が出来る。これらのネットワークは韓国ウォンのビットコイン交換量の70%を所持する交換所コービットを利用している。

コロンビア

ベネズエラの隣国コロンビアは地域ビットコインの存在を示し始めた。一週間に26ビットコイン取引で今年に始まり、最近では122となっており、この約370の上昇は記すに価するだろう。

マレーシア

最も最近ではマレーシアは最盛期に達しており、地域ビットコイン上で毎週約150ビットコイン値から先週の542まで上昇している。この261%の上昇は、2013年での非常に徐々で低レベルな上昇に引き続いた。

ロシア

ロシアのルピーは国際的にビットコインへと最も取引される通貨であり、約半分の量は地域ビットコイン交換所で取引されている。今年は、この交換所は独自で121%の成長を遂げており、毎週量の2,700から5,983まで上昇している。

オーストラリア

複数の交換所はオーストラリア・ドルへのビットコイン交換を許容している。しかし、1月にアイゴット交換所がオーストラリア市場から離れた後に、市場は毎日の交換量3,850から約500ビットコインまで減少した。

記事:ケヴィン・ヘルムス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
sacl_sbux_starbucks_corporation_logojpeg
スターバックスのアプリケーションがビットコインと統合

スターバックスはビットコイン・ウォレット・サービスのアイペイ・ユーと提携を結んだ。 暗号通貨の公式化拡大を助ける手段となる可能性のある動きとして、スターバックスはビットコインでの容易な支払い方法としてスターバックス・アプリケーションの利用者へと提供する為に、アイペイ・ユーと提携した。 スターバックス・アプリケーションを利用する顧客は、メニュー上の販売商品各種へとアイペイ・ユーのビットコイン・ウォレット経由で支払いが現在可能である。スターバックスへのビットコイン・ダイレクトと称するツールを通じ、実時間でしばしば変化しやすい暗号通貨を米国ドルへ換金する為に、アイペイ・ユーは自動化された変換プロセス経由で機能する。 「世界は変化しており。我ら全ては更に繋がりを持ち、そして92%の取引は現実での小売業界対オンライン上で現在も行われています。取引管理を行う際には、直ぐに多くの価値がデジタル上よりも現実で現金にて取引されます。」とエム・コーディスとコネクテット・マーケター機関の管理提携者であるマイケル・ベッカー氏は述べた。「実際、我々は現実世界でデジタル上の存在である事を認識し認める必要があり、全ての重要な目的へと現実的な存在よりもデジタル上の存在として更なる経済的価値を持つと信じております。」 「ビットコインの将来としては、ビットコイン又はデジタル交換のその他多数の手段が主流になる事は明確ではありませんが、しかし現実での現金はいつか我らの生活の中で消える事は明確です。」とベッカー氏は述べる。 ビットコイン統合 本統合はアイペイ・ユーのギフトカード進出の一端としており、これはビットコイン保持者がスターバックスを含めた主要な小売業者やチェーンからギフトカードを購入する事を可能とさせる。ビットコインの傷付いた歴史が良い目的への努力の妨げる為、そして予見としては、eコマースの主流へビットコインを紹介する為のアイペイ・ユー等のプラットフォームに追いつくかは、時間が教えてくれるだろう。 本コーヒー・チェーンは更に、テンセントとの提携として大手ウィー・チャットのモバイル・アプリケーションとの統合を含める為に、モバイル・コマース・プラットフォームを拡大しており、利益的な中国モバイル市場へと強く押した。 記事:ラキン・アズファー

Close