14-12-2017
06:59 pm
=

最新ニュース

日本の銀行がブロックチェーン通貨取引を計画




boots

日本の金融機関の団体は、国内と国際取引サービス上の経費削減を上げる事の出来るブロックチェーン基盤のプラットフォームの製作を目指している。

本日に公開された事は、主要メンバーには横浜銀行とSBI住信ネット銀行が含まれる。努力へ関与したこれら銀行は、分散型レジャー技術スタートアップのリップルと共にプラットフォームの開発へ取り組む。

SBI住信ネット銀行を所持するSBIホールディングスは、過去に本技術へ取り組むスタートアップへ投資しており、公式文書では10月の正式な設立の際に、銀行15社がこのイニシエティブへと加わる予定だと述べている。

本企業が述べるには、

「横浜銀行とSBI住信ネット銀行が早急な速度で様々なフィンテック・イニシエティブの実施をする間に、本連合は2016年の10月から、ブロックチェーン技術を活用する新しいタイプの支払いと決済サービスの検討を始めます。」

2017年3月のプラットフォーム設立までに、企画者は出来る限りこの新技術を使用する銀行30社を持つ事を希望している。

リップルとの業務提携にて設立した子会社と共に、SBIホールディングスが本計画の指揮を執ると公式文書が伝えた。

その他日本の銀行が本グループに加入するかは現時点では明確ではないが、日本の金融産業はこの技術に対して強い興味を示している。

銀行発行のデジタル通貨の噂は、数ヶ月に渡り断固として東京三菱UFJ銀行(MUFG)へかけられていたが、この日本最大の銀行は4月に、概念実証へとブロックチェーン・スタートアップのチェーン(Chain)と共に取り組んでいると公表した。

更に、日本では過去数年間において、金融業に焦点を置いた例の使用に力を入れる「作業グループ」が出現している。

記事:スタン・ヒギンス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
drawing
ブロックチェーン技術は2025年までにヨーロッパ圏の決済に影響を与えるとの統計

ヨーロッパ支払い議会(EPC)は90%の回答者がブロックチェーン技術は2025年までに決済へと大きな影響を与えるだろうと信じる事を発見した。 この統計が明らかにした事は、36%がブロックチェーン技術は決済活動での多数の適所へと影響すると信じ、30%はこの影響力が改革的な顧客決済ソリューションの登場へと焦点を置くと考え、そして24%はこれは決済市場の根本である総合的なインフラストラクチャーに影響するだろうと述べた。 唯一10%がブロックチェーンは大きな影響を与えないと信じていると、現金と資金管理ファイル(Cash & Treasury Management File)によって報告された。 ブロックチェーン決済が発達を開始 デジタル通貨ビットコインの背後の基盤であるブロックチェーンは、その可能性に更なる企業が気づき発達を始めた。 デンマーク拠点のブロックチェーン通貨供給企業のコイニフィ(Coinify)は、今年に香港拠点の決済サービスであるアイペイDNA(IPayDNA)と共同でチームを組んだ。コイニフィはブロックチェーン決済をアジア市場へと提供し、取引者がビットコインを含める17つのブロックチェーンを基盤とする通貨の受理を認証させている。 ブロックチェーン・スタートアップのリップル・ラボ(Ripple Labs)は、団体らが注目をし始めるもう一つの企業である。今年の初めには、CCNがサンタンダー(Santander)が国境間の決済へリップル・ラボのブロックチェーン技術を用い、国際決済へとアプリの使用を開始したと報告した。 先月カナダとドイツ間の共同提携は、リップルのブロックチェーン技術の可能性を提示する事で、この2国間での決済には20秒かかる事を発見した。 デジタルはより優れている 2015年のドイツ銀行の報告書「即興の改革か決済?実時間決済への追求」では、ブロックチェーンは技術が向上する中で、決済において重要な役割を演じるだろうと述べている。 ブロックチェーンの急速に増加する発展と共に、未来での決済手段を大きく変える事を目標としている。 記事:レベッカ・キャンベル

Close