22-11-2017
06:56 am
=

大統領サイバーセキュリティ委員会がIBMによるブロックチェーン陳述を聞き入れる




traffic_light

バラック・オバマ大統領によって任命された国家安全保障とサイバースペース委員会は、本日早期にIBM代表者によるブロックチェーン技術の陳述を聞き入れた。

ニューヨークにて執り行われた本会議は、USサイバー軍の第一長官であるキース・アレキサンダー氏という会員の中から引退した長官を上げて、大統領命令で2月に形成された国家サイバー安全保障を向上させる委任を共同で持ち運んだ。

その他会員には、マスターカード社長でCEOのアジェイ・バンガ氏、ウーバー(Uber)のセキュリテー管理責任者のジョー・サリバン氏、ジョージア・インスティチュート・オブ・テクノロジーの教諭のアニー・アイ・アントン氏、そしてマイクロソフト本社情報部門副社長のマイク・リー氏が含まれる。

発言にて、IBMブロックチェーンの責任者であるジェリー・クオモ氏は本技術が「事業と社会を変える援助へと非常に大きな可能性」を持っていると述べ、多数の、特に公共や個人事業分野など、がそのためサイドラインに留まっていると、返答で続けて提示した。

クオモ氏は続けて述べた。「懸命な警戒を賞賛しますが、しかし同時に、団体や機関はブロックチェーンの可能性の早急な評価をせず、世界が進行させる技術的推移の背景にある危険性の研究を開始すると信じております。」

IBMは非営利リナックス・ファウンデーション(Linux Foundation)が監督する、ハイパーレジャー・ブロックチェーン計画バナーへと取り組む現在の複数企業とスタートアップの一社である。インテル(Intel)やJPモーガン・チェイス(JPMorgan Chase)のような企業を含んだ数々の会員は、本プロジェクトへの詳細な提案を既に申請している。

本日の会見中に、クオモ氏は最終的にアメリカへと技術全体の変更での積極的な役割の受け持ちを呼びかけ、政府が身分証明、取引安全保障、データ来歴、知能共有での分野への申請を応援する事を主張した。

「政府がこれら新規の金融システムの管理を追求をするべきではないが、これは企業らの出発と保護の援助への重要な役割があります」とクオモ氏は述べ、そして追加した。

「政府による提供にて事業が将来の金融サービスを建設する、新しい凝縮された社会を創り上げる必要があります。」

記事:スタン・ヒギン

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
house
スイスの街がビットコイン決済を公共サービスへ試験導入

スイス放送協会のスイス・インフォ(SwissInfo)の伝えによると、スイス中央にある街ツークが、世界初で試験的に政府サービスへとビットコイン決済を認証開始する。 ツーク市民はビットコインを使用して200スイス・フラン($205)まで支払いをする事が可能になる。 市長のドルフィ・ムエラー氏は、ツーク市議会は「新技術」の披露と、地域金融技術の企業を提供すると、BBCニュースが報道した。ツーク地方は12社以上ものビットコイン関連に卓越する企業を主催する為に、「クリプト・バレー(暗号の谷)」として知られている。 5月3日に正式決定された本試験計画は、7月1日に開始され、2016年末まで継続される。結果の分析次第で、ビットコイン決済の認証を将来的に継続するかを決定する。 「公式レベルでビットコインが通貨として、世界で最初に認めました。」とツークから近距離のバールを拠点とするビットコイン交換所の、ビットコイン・スイシー(Bitcoin Suisee)のCEO兼共同設立者であるニクラス・ニコラジセン氏は述べた。 大スイス圏のウェブサイトによると、近年の開発者とプログラマーは、ツークのクリプト・バレーを金融と電子通貨界の主導として築き上げた。新規の貿易市場、新規暗号化技術や新規電子通貨が、ビットコインを含めた幅広い可能性への場と共に開発されている。 スイスランドはプライバシー、安定した直接民主制の政策、そして暗号化と安全保護を含めた高度コンピューター専門知識の長い伝統を持つ。租税環境は非常に有益であり、スイスランドにて電子通貨は海外通貨として取り扱われ、それにより電子通貨取引はVATから免除され、新規法律や規定の政策をする必要がない為に、規定環境は更に好条件である。これらはビットコイン・ウォレットと貯蔵庫の安全確保のプロバイダーであるイクサポ(Xapo)が2015年にチューリッヒ圏にて共同本部を移す決定をした利用の中の一つである。 全ての人々がこのイニシエティブを良いアイディアとして納得している訳ではない。 保守的国家主義のSVP党の代表者は、議会がどの通貨を認証するかの決定への公式基準について、市議会への問い合わせを提出した。 「ビットコインは安全な通貨ではない為に、これを公式機関が認証するかは大きな懸念です。」市議会メンバーのグレゴアー・ブルヒン氏は、ノイエ・チュルヒャー・ツァイトゥング(Neue Zuercher Zeitung)へ述べた。「ツークの市街は行動と共に、現金の状況を阻む事が出来ます。」 ムエラー氏はそれよりも肯定的であり、「近い将来にはビットコインで税を支払う事が可能になると想像しています。」と報道紙に語った。 小規模でありながらもヨーロッパ中枢での重要な金融中心となる都市の公式計画であり、そしてヨーロッパと世界中のその他都市や国民から模範され得る為に、ツークのイニシエティブは面白い。今年末の後での評価の為に、多くはこの試験計画の結果次第であり、そして本計画の続行手段の決定で最大の要素は市民による導入であるように映る。 記事:ギウリオ・プリスコ  

Close