27-07-2017
10:43 pm
=

報告:米国郵便公社は独自の電子通貨の作成を予期




numbers
米国郵便公社(USPS)は、独自の経営へのブロックチェーン技術導入方法を記述した新規の報告を発表した。

総括監察官(OIG)の郵便官署によって発行されたこの報告は、本サービスはこの技術を用いての物流の強化、接続デバイス・ネットワークの作成、又は独自の電子通貨の発行を考慮する事を提案している。

本日公開された事によると、OIGの報告は「予期する導入の研究開始は郵便運営と利用者へ利益を与える事が出来る」と議論しながら、短期間に政府が供給源の導入可能箇所への配置に重点を置くべきだと提案している。

この報告著者はこう述べている。

「郵便公社はブロックチェーン技術の研究と金融サービスへのブロックチェーン基盤ソリューションの試験によって、短期間で本技術から利益を得る事が可能です。ブロックチェーンの活用が出来て、マネーオーダーと国際送金を含めたこれらのサービスを更に効率化させる事を承認する、既に多数の金融サービスを郵便公社は提供しております。」

これは過去での同様なサービスから注意を引いた物である。3月にオーストラリアの輸送サービスであるオーストラリア・ポスト(Australia Post)が、電子身分証明アプリケーションへと本技術を使用して調査していた事を述べた。

記述書によると、郵便公社の最高情報責任者であり電子ソリューションのVPであるランディ・ミスカニック氏は、政府は評価以上の事は行っていないと更に発言した。

「報告にて強調されているように、技術の障害や安全保障での懸念、そして不安定な規定を占める特定の実施では用心する必要があります。」とミスカニック氏は述べた。「ブロックチェーン使用での個々の利用例の評価と、利用機会の更なる批評を、本技術の影響と金融面での規制を考慮しながら行います。」

OIG1-728x453画像(上):ブロックチェーンの予想される導入についてのまとめ

国際支払い方法への「ポストコイン」

特記すべき事は郵便公社独自への暗号通貨の作成である。

ポストコインと呼ばれるこの暗号通貨は、スイスを拠点とする企業のスイス・エコノミクス(Swiss Economics)によって当初2015年の公文書にて提案された。スイス・エコノミクスはその後OIGによって本社の調査の一部として雇用された。

OIGの報告によると、ポストコインは国際送金の問題を軽減するサービスへの援助が出来る。その上、本報告の著者は内部の暗号通貨は国際的に接触のある郵便局が、それぞれ直接取引きを行う事を用意にさせるだろうと予想する。

報告がまとめた事は、

「最近では郵便局は国際送金を提供しております。しかし、これらのサービスは現在では限られた国々だけで換金が可能です。ポストコインでの対応性と便利さは世界中のどのような人々への電子送金サービスの拡大を承認するでしょう。」

特に、本報告は郵便公局が、ビットコインのように公衆ブロックチェーンの導入へと利用する事が出来るだろうと提案している。

予期する展開の段階では、現存するブロックチェーンへの代用硬化の購入や、ポストコインを示す透かし形態の利用を含める事を模索した。

ブロックチェーンのメールサービス

報告によると、郵便公社はサプライチェーン監視へと本技術の利用の思考を開始する事が出来ると述べている。OIGが提案するには、これはサプライチェーンのライフサイクルと共に現金払い戻しを誘発させる為に、ブロックチェーン・スマート・コントラクトとセンサーを利用する事で獲得出来るとしている。

「これら異なる物の間での交流を管理する為へのブロックチェーンの利用は、発送、中でも国際的な物、を早める事を可能とさせます。」と報告の著者は述べて、更にこう記述している。

「小包や手紙であろうが、それぞれの郵送品はブロックチェーン上で個別に情報証明され、そして支払い処理や情報の好時期での共有へと承認する取引きを作成する機能を持ちます。」

「このアプリケーションは郵便公局が通関や迅速な配達を向上へと情報追跡し、そして保管の監査可能チェーンの継続と追加発送を組み込む事を承認させるでしょう。」と報告は締めくくった。

記事:スタン・ヒギンス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
red
ビットコイン交換所のコインベースがイーサリアム取引を追加し、企業サービス変更を設定する

ビットコイン交換所のコインベース(Coinbase)は、イーサリアム固有通貨のイサーへのサポートを追加する事を明らかにした。 傑出したビットコイン交換所のコインベースは、5月24日火曜日の交換開始と共に取引プラットフォーム上に早急に電子通貨を追加する。 取引プラットフォーム上へのイサー追加は、増加するイサーの種類の中で、イサーの取引プラットフォーム上の追加はビットコインの市場での資本化の後に、次の主要暗号通貨への注目が増加される際に行われる。 BREAKING: Coinbase Exchange is adding #Ethereum $ETH pic.twitter.com/pn3cAMwgLG — Collin Crypto (@CollinCrypto) 2016年5月19日 ロイターによると、コインベースは更に本社の取引プラットフォーム名をGDAX又はグローバル・デジタル・アセット・エクスチェンジ(Global Digital Asset Exchange)に改名する。このプラットフォーム名の変更は、交換上の取引へ上げられた増加する電子利益を反映している。...

Close