25-04-2017
02:38 pm
=

報告とは違いインドのビットコイン政策に変更無し




cave1
インドのメディア源は今週に政府がビットコインを不正とみなした事を報告し、大きな反響を巻き起こした。

インド経済タイムズ (The Economic Times of India)のような新聞紙は、金融担当大臣のアルジュン・ラム・メグワル氏の公式文書によると、デジタル通貨の使用は「不正」であり、そして利用者がアンチマネー・ローンダリング規則の予想しうる侵害にさらされるだろうと述べた。

ビットコインとブロックチェーン関連計画の両方へ取り組む多様な企業の場であるインドでの規制推移として本質的に迎えられ、当公式文書は当国での公式機関が早期の位置を取った事の繰り返しと見なされている。

確かに、当公式文書は2013年後期にインド準備銀行によって発行された物と類似しており、これは大きく相場の変動率と盗難の危険性を警告していた。

「ピア・トゥ・ピア匿名/偽名制度での相手方の情報の欠陥は、利用者をアンチマネー・ローンダリングの不故意による違反と金融テロリズム(AML/CFT)法との闘争へと対象とさせます。」と当中央銀行は述べた。

この読みにかかわらず、間違って解釈された公式文面によって白熱した当議論は、インド政府がビットコインの合法性を明確に位置付ける事を呼びかけている。

Change.orgにて作成された申請は7,600超の署名を集めた。類似した概念での第二回目では1,110以上の支持者を得た。

記事:スタン・ヒギンス

 

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
drawing
シンガポールとマレーシアの法律事務所がフィンテック業務を設立

金融技術部門が持続して勢いを増す中で、シンガポールとマレーシアでの2つの法律事務所がフィンテック業務を設立した。 シンガポール拠点のアレン&グレッドヒル(Allen&Gledhill)とその准事務所であるマレーシア拠点のラマット・リム&パートナーズ(Rahmat Lim&Partners)は、両国でのフィンテック業務の確率を公表した。 Finews.Asiaによる報告では、両業務は金融規程、技術と知的財産問題を取り扱う事に共同で取り組む。これにより、両国が挑戦されているたくさんの金融技術分野での正式な解決策の提示を目指す。 フィンテック法律事務所が上昇傾向 世界中では、更なる法律業務がフィンテック分野へと注目を向けており、新規と現存のスタートアップへの援助を確率している。 国際法律事務所のステップトゥ&ジョンソンLLP(Steptoe&Johnson LLP)はもう一つの法律業務であり、国際的に関連する弁護士との学祭ブロックチェーン業務の設立によってフィンテック企業が面する公式な問題を包括する。 開発でのブロックチェーン規程 ブロックチェーンを循環させる規程と共に、多くの企業は分離する権威から異なる法律を受ける。 欧州証券市場監督局(ESMA)はしかし、現時点の「早期段階」でのブロックチェーンへの規程活動は未だに早すぎると述べ、上海の金融サービスオフィスはブロックチェーンの正式規程を呼び求めた。 この事は、法律事務所と確立されたフィンテック業務の利用は、法律事務所と共に多くの金融技術企業が、複雑な問題での法律執行を援助する事へとこれら業務の設置が必要不可欠である事の理解に重要であると示している。 記事:レベッカ・キャンベル

Close