23-02-2017
11:00 pm
=

最新ニュース

南アフリカの最大オンライン市場がビットコイン決済を追加




red_light

南アフリカのオンライン・オークション兼市場であるビダーバイ(Bidorbuy)と、アフリカ最大の電子商取引プラットフォームがビットコインを、市場での利用者や販売者そして購入者への支払い手段としてビットコインを追加した。

アフリカの主要電子商取引プラットフォームのビダーバイはビットコインを商品購入への決済方法として利用を可能にした事を、地域でのビットコイン出版のビットコインハブ(Bitcoinhub)が公表した。ビダーバイはよく知られるオンライン市場であり、毎月3000万以上ものページ観覧がある。

ビットコインにて購入出来る本製品は、支払い方法として暗号通貨の使用手段を認証する販売者次第となる。全ての販売者はビットコインの承認を選択する事が出来る。

ビットコインでの製品への支払い選択を購入者へと提供する為に、販売者は支払い方法としてのビットコインを認証する事が出来る。暗号通貨で購入者が製品の購入後に、販売者は自らのビダーバイ・アカウントへとビットコイン支払いを受理する。その後本ウェブサイトは、販売者のアカウントへと南アフリカ共和国通貨ランド(Rand)での合計額を払い込む前に、自動的にビットコインを適切な為替レートへと換算する。更にこのウェブサイトは販売者はビットコインの保管へとウォレットの所持を必要としない。特に明記すると、支払い取消しの危険性もない。

この決算手段は支払い取消しの危険はないが、ビットコイン支払いは付加価値税込みで取引手続き費用として2.28%が発生する。

そして更に、ビダーバイは販売者へとビットコインを決済方法として取り込む事を勧めている。

ビットコインの決済方法としての実装を説明する、指導を兼ねた情報的記事の中で、本ウェブサイトにはこう記述している。

「危険性がなく、新規オンライン購入者による大きな聴衆群を獲得出来る為に、ビットコインを決済方法として提供する事を販売者へと勧めております。」

ビットコインは配達時での現金(又は小切手)やクレジットカード、ディスカバリー・マイルズとペイパルの様な、市場ウェブサイト上での従来からの著しい決済方法に加わる。

記事:サムブライ・ダス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
IMG_3358
ビットコイン・マイナーとコア開発者がハードフォーク合意のセグ・ウィットを発表

2月21日の香港での産業円卓会議にて、ビットコイン・マイニング業界の代表とビットコイン・コア開発者が、ビットコインのブロックサイズ尺度問題への解決策を議論する為に面会した。18時間に及ぶ会議の後に、開発者らは討論での複数点へと合意を結ぶ書面を発表した。 書面を発表する団体には、創立チームのアント・プール(AntPool)、A-XBT、ビット・フリー(BitFury)、ビットメイン(Bitmain)、BTCC、エフ・ツー・プール(F2Pool)、ジェネシス・マイニング(Genesis Mining)そしてジー・ハッシュ・ドット・イオ(GHash.io)が含まれる。ブロックチェーン・ドット・インフォ(Blockchain.info)によると、これらマイニング経営者は、最近の数ヶ月間でマイニングされた80%の合計ブロックを代表した。団体陳述書に加わったビットコイン・コア開発者はコリー・フィールズ(Cory Fields)、ジョンソン・ラウ(Johnson Lau)、ルーク・ダッシャー(Luke Dashjr)、マット・コラロ(Matt Corallo)そしてピーター・トッド(Peter Todd)である。 本団体は「署名の分離(Segregated Witness、略してセグ・ウィット/SegWit)」という、ビットコイン取引の署名からのデータ保存方法を変えるビットコインのコードを変更する提案であり、次の2ヶ月間にて開発が継続され公開される予定だ。3ヶ月前の香港でのビットコイン尺度規定会議にて、ビットコイン・コア開発者でブロック・ストリーム(Blockstream)の創設者であるピーター・ウィール博士によってセグ・ウィットが公表されてから、ビットコイン・コミュニティのメンバーから肯定的な反応を受けている。 追加すると、陳述書は「コア開発者はビットコイン・プロトコル開発コミュニティ全体と、セグ・ウィットでの発展に対し公然で安心なハードフォークの開発を継続して、それはセグ・ウィットの公表から3ヶ月以内でのビットコイン・コアへの推薦とします。」 陳述書はこう続く。 「このハードフォークは、合計サイズが4MB以下で2MB周辺の非証人データでの拡大に加えて、技術コミュニティの間で現在議論されている特徴を含むと予測され、そして唯一で全体のビットコイン・コミュニティに及ぶ幅広いサポートのみと導入される。」 もし残りのビットコイン・コア・チームが変更を承認して、コミュニティから強い合意が出た場合は、ハードフォークの実装が援助される。この事はネットワークとの適合を保つ為に、全員が新規ソフトウェアのダウンロードをフルノードで走らせる事を必要とさせる。陳述書は、ハードフォークは2017年7月まで作動される見込みがないと予見している。 記事:マイケル・ゴード

Close