23-09-2017
04:16 pm
=

中央銀行デジタル通貨は国内総生産(GDP)を向上させるとイングランド銀行が述べる




blue2

イングランド銀行は、中央銀行発行のデジタル通貨が国内総生産の増加へ導くと提案する新規調査を公表した。

この結論は、金融システムの明確な姿を銀行規定者へ提供する中で、中央銀行に裏付くデジタル通貨(報告にてCBDCとして称される)がどの様にしてマクロ経済収益を産み出すかについての調査を、本日発行された研究報告書から引き出された。

執筆者はこう記述している。

「最初に、この事は実際の金利削減、政策がもたらす税、そしてこの相場へ類似する金融取引費用によって、GDPの安定状態レベルの約3%上昇させます。第二に、CBDC制度は半循環的な傾向でCBDC価格又は量を操作する第二政策手段を政策立案者へと提供させ、景気循環の安定化へと貢献する事が可能です。」

上記の事から、著者は本概念に固有の予期する問題を記述し、そして「異なる貨幣と金融システム」への移り変わりでの危険性について「明確な懸念が残されております」と述べた。

これら概念は数ヶ月前に、イングランド銀行の貨幣政策の副総裁であるベン・ブロードベント氏による演説で追求され、3月にはこの様なシステムは規定者へ更なる視野を提供出来る中で、UK銀行は貯蓄の流出が起きるかもしれないと述べている。

ブロードベント氏は、英国議会の上院の貴族院委員の前に明日出場する複数の参考人の一人である。

イングランド銀行の研究報告書は下記で閲覧が出来る。

研究報告書ページ

研究報告書ページ

BoE Paper by CoinDesk on Scribd

記事:スタン・ヒギンス

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
wood mosaic
ロシア政党がビットコイン合法化を要求

ロシア右派活動の主権であるボリス・チトブ氏は、ビットコインのような暗号通貨の合法化を行い、ブロックチェーン開発での率先となる事を国に要求した事をロシアの報道通信社タス(Tass)が伝えた。 向上への道 最初の段階は、暗号通貨への明確な合法システムを作成する事である。チトブ氏は本国は海外投資家へと、投資上での制限を取り除く機会を与えるべきだと述べた。 政党は更に下記の事項を提案した。 マイニングの合法化 「暗号通貨の所有物」としての承認 ブロックチェーン・タイムスタンプ・ネットワークをロシア法廷での証拠とする承認の確証 暗号通貨を物品、サービスと労働への支払いとしての認証 投資への各不換紙幣と暗号通貨の利用の認証 チトブ氏は暗号通貨を利用するロシア人は約200万人居ると述べた。 ブロックチェーン技術は世界各国で迅速に開発されており、ロシアも例外ではないと述べた。 岐路に立つロシア 本国がブロックチェーン技術を活用出来るかどうかは、その国次第である。チトブ氏は翻刻が経済発展へとブロックチェーンの利用が可能だと述べた。 ウィキペディアによると、ロシア右派活動はフリーマーケット経済と民主主義を支援し、中流階級の権利を保護している。中道左派連合として広く認識される中、右派活動は複数の問題上でロシア大統領府に対して反対を取っている。 チトブ氏はビットコイン/ブロックチェーン派幹部に加わり、ロシアでの強力な勢力に対する困難な戦いに面している。 金融省はビットコインの禁止を目指し、ビットコインのマイニング、取引と導入を行った者への刑事責任を設定したとCCNは報告した。法務省は法案へと反対を取っている。 しかし一方で、金融相は銀行と規定者との議論の中で、国家統制下の暗号通貨の保障を考慮している。 ビットコインの良い点と悪い点 スバーバンク(Sberbank/ロシアの大手収益銀行)の取締役会の会長であり旧経済開発大臣のジャーマン・グレフ氏は、提案されたビットコイン禁止令はロシア連邦でのブロックチェーン技術の開発を妨げると述べている。 それに対し、調査委員会の会長のアレキサンダー・バストリキン氏は、ビットコイン利用の迅速な広まりは「連邦の金融安定への脅威を表明」すると主張した。...

Close