18-11-2017
04:17 am
=

中国の金盾は何故ビットコイン・マイナーに重大な問題を作っているか?




blue1

何がブロックサイズ制限を増加する事へと問題なのか?これは昨年にプロトコルへの考えうる代用についての議論が高速で白熱してからという物、ビットコインのコミュニティが長く問いかけてきた質問だ。

ビットコイン・ミートアップ・スイスランド(Bitcoin Meetup Switzerland)での最近の登場で、ビットコイン・コア貢献者のジョナス・スチネリ氏が、ブロックサイズ制限を迅速に増加させる上での問題の一つとして考えられる「マイナーへの不必要な資源への大型ブロックの影響」を対象とした。

ビットコイン・マイニングで理解するべき点は、毎秒のハッシングは個人の利益を得る能力へと影響を与えるという事。新規ブロックはネットワーク上全てのノードに即座に受理されず、それはマイナーが既に最新ではない古いブロックの上に積み重ねて、資源を無駄にするという事になる。結局、マイナーは誰かのブロックの存在を知った上で、その上に積み重ねる事しか出来ない。

大型ブロックとは、大手マイナーへの大きな利益という意味か?

金盾(グレート・ファイアウォール)の働く仕組みにより、中国のマイナーは度々その他国々(特にアメリカ合衆国全土)のマイナーの前に新しいブロックを発見する。現在中国はネットワーク上のハッシング・パワーの主要を握っており、中国に居ないマイナーは収益の一部を失う。この事は、中国圏外のマイナーは平均して中国内のマイナーの後で新しいブロックについて知るという事実から来ており、それは非中国人マイナーはすでに発見されているブロックへの資源を無駄にするという事を意味する。

新しいブロックについてを学ぶ為に費やす時間の為に、大手マイナーは小規模マイナーよりも優位な点を持っている。もしブロックサイズ制限が増加されれば、ブロックがネットワーク周囲へ増殖する為への時間が長くなるので、この利点は更に増加される。

ビットコインの拡張は難しい

ビットコイン・ミートアップ・スイスランドでスチネリ氏の述べた最終的な点の中の一つに、拡張性の問題は、現在までに決められた様な単純な物ではないとしている。

スチネリ氏が説明した。

「全ての裏幕を暴くと言いたい訳ではありませんが、技術基礎に触れずに進めたいならば「ブロックサイズを増加させる」と言う事は簡単です。その通り、良い案に見えるでしょう。全ての人々が理解出来ます。しかし、思考する事に労力を費やすだろうがもっと優れた解決策があるのです。」

記事:カイル・トーペイ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
green
日本がビットコインを公式通貨としての設定を考慮

提案された変更が、ビットコインとドージコイン、そしてその他の暗号通貨を通貨の種類にする 日本政府の自由民主党本部は、ビットコインとその他の暗号通貨を規定する公式な変更を提案する事を計画している。 この変更は、ビットコインが更にきつく規制と課税をされる可能性がある事を意味し、そして日本で展開する暗号通貨のインフラストラクチャーへの投資へと更に導くだろう。 党本部の財務部門の役人である神田トモノリ氏は、水曜日に立法上の変更が議論され、そしてLDPはこの件を議会へと運ぶ事を目標にしていると述べた。 「長い道のりです。」と神田氏は述べる。「しかし再建について我々は議論し、これが正しい道だと信じております。」変更の時期は未だに決定されていないとも述べた。 日本はビットコインを商品と考慮している。この新規の定義によって、製品やサービス、又は通貨としての法廷貨幣へ交換可能な物として考慮され、ビットコインとドージコインそしてその他多数の暗号通貨をまとめた系列にする。 日経新聞の報道によると、本変更は政府機関の金融サービス課によって提案された。しかし、東京のFSA責任者は、法律の制定へといかなる変更も承認されていないと否定した。 「まだ何も決定しておりません。」と責任者は述べた。「物事が動くには、どの様な変更も初めに議会で認証される必要があり、そして法律の規定を行います。」 匿名の条件を語るにあたり、その過敏な主題の為に、責任者はFSAは法律の制定変更を提案したのかについての発言を断った。 2014年に打ち切られたビットコイン交換所であり、数百万ポンドと同額を失ったマウントゴックスの設立地である日本は、暗号通貨へ着目し続けてもう一つの災難を防止する事への手段を探し続けている。 マウントゴックスの旧代表であるマークカーペレス氏は、日本の機関に収容されており、横領による告訴を受けている。

Close