17-10-2017
07:47 am
=

最新ニュース

中国のフィンテック企業がブロックチェーンのサプライチェーン・ファイナンス・プラットフォームを設立




yellow_room

オンライン市場の貸手と主要電子機器会社の子会社は、チェーン・ファイナンスに供給する中国で初のブロックチェーン・プラットフォーム「チェインド・フィナンス」を合同で設立した。当ソリューションは中国での小中企業(SMEs)への更に良い融資の可能性を提供する事を目指している。

主要なSME部門への利用が困難又は不可能であった待望される資本の利用権を獲得する中で、中国のサービスが十分にゆき届いていないSME市場での4千万のSMEは、新規ブロックチェーン・プラットフォームからの利益を得ると見られる。

チェインド・フィナンスと名称されるブロックチェーン・プラットフォームの設立はオンライン市場の入札であるディアンロン(Dianrong)と、iPhone製造社として知られる台湾の大手電子機器会社フォックスコン(Foxconn)の子会社フィンコン(FnConn)によって公表された。

これに従い、本ブロックチェーン・プラットフォームは3つの電子機器・自動車製造・服装の特別主要な市場を最初に対象とする。この2企業は好結果な構想と中国SMEへの資金を確立させた概念実証を、企業への6千5百万USドル(RMB45百万)のローン貸付と共に完成させた。

「ブロックチェーンは金融市場の改革と、複雑なサプライチェーンへの資金提供と経営を行う企業へのシームレス・ソリューションを提供していると、ディアンロンの設立者兼CEOのソウル・ハタイタ氏は述べた。

サプライチェーン・ファイナンスでのブロックチェーン

ブロックチェーン基盤のサプライチェーン・ファイナンス・ソリューションは、本質的にサプライチェーン・ファイナンス・ソリューションでの全ての団体を単一の共同レジャー上での取り組みを可能とさせる。その他全ての参加企業らと共に、提供社兼製造社は取引での役割を単独で最新として、効率性と記録的なレベルでの信頼、そして不変なレジャー記録上での透明性を可能とさせる。

この計画の中で小規模なサプライチェーン提供社は、大規模な多国籍製造社が透明性と高度な視程を獲得する中で資本を得る見込みだ。

ハタイタ氏は追加してこう述べた。

サプライチェーン・ファイナンスでの複雑性と規模は、主に妥当な資金と効率的な経営を確認する挑戦の姿勢を見せる。チェインド・フィナンスはサプライチェーンを競争率での資金への容易なアクセスを提供する独自のエコシステムを制作する。その代わり、サプライチェーン経営者は提供者のより大きな視程と経過に組み込まれた多くの金融層を獲得する。

記事:サムブラジ・ダス

 

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
red_light
ドナルド・トランプ氏がアメリカ大統領に就任して以来ビットコイン市場が鎮静

ドナルド・トランプ氏が11月の大統領選に選ばれた当時、ビットコインの相場は跳ね上がった。本日(20日)の就任式の後、鎮静化している。 11月9日に、論議的な事業化であり共和党の大統領候補であるトランプ氏が、旧アメリカ州務長官のヒラリー・クリントン氏に対して選挙投票を勝ち取ってから、価値が3%以上跳ね上がった。この動きは、トランプ氏の勝利が明確になり世界の株式市場が急激に下落した事から来た。 比較して、トランプ氏の就任式への反応は非常に弱かった。 コインデスク・ビットコイン価値インデックス(BPI)からのデータは、本日の相場は過去数日間で見られた同様な動きに大きく踏み留まっており、基本的に上値の$800範囲内に留まっている。 トランプ氏の就任式の数時間前に、相場は約10:15UTCで$882.30の下値に当たった。ビットコインの平均値は現在$893.61であると、BPIの数値が明らかにした。 報道が公開された当時、CNY建ての市場は当日の始まりから5%以上に上り、\6,175.30の高値に当たった。BPIによると、CNY市場は\6,129.30の平均価値を再開したとの事だ。 記事:スタン・ヒギンス

Close