27-07-2017
10:43 pm
=

世界初のビットコイン銀行NextBankが950,000USDの投資を受取り、早期登録開始




bank

ビットコイン報道公開: 世界初の国際ビットコイン銀行NextBank(ネクストバンク)が950,000USDの元手資本投資を上々に上げた後に、2016年内の始業を準備している。現在ネクストバンクは早期登録を受け付けている。

ビットコイン初で暗号通貨対応銀行のネクストバンクは、近々の始業について10月の公表でこう公言した。「当社の目標はビットコインと世界各国の暗号通貨利用者へ向けた高水準銀行サービスを提供する事です。」ネクストバンクは50以上の言語と、ビットコイン・ゴールド・USD・GBPを含む135以上の通貨での口座にて広範囲サービスを提供する。デビットカードとエスクローサービスも更に提供される。ネクストバンクは$950 000 USDの元手資本投資を受けた後に、早期登録をhttp://nb.vu上で受付け始めた事を公表した。

ネクストバンクの創立者ディム・ヴォロシンスキー氏は$600,000USDの個人投資を合計$950,000の資金へと貢献する事を誓約した。10月下旬には、$330,000の投資が更にエンジェル投資家によって提供された。ネクストバンクが2016年に運営を立上げた際に、暗号通貨一心者と世界各国の企業はビットコイン銀行口座の第一格へと招かれた。ネクストバンク口座を義務無し無料で早期申し込みするには、http://nb.vuを訪れる。

ネクストバンクチームについて:

ロンドンを拠点とするディム・ヴォロシンスキー氏(ラトビア語でDmitrijs Volosinskis)は、ネクストバンクの創設者、プロジェクト担当であり大株主だ。ヴォロシンスキー氏はBitcoins123.com(ビットコインズ123・ドット・コム)の営業社Instaglobal Limited(インスタグローバル・リミテッド)の指導者で所有者でもある。ビットコインズ123は2015年の4月に発足して以来急激成長を遂げ、現在は各国数千人もの利用者へと提供している。

バヌアツの民間銀行の元CEOがネクストバンクCEOになる。追記すると、コンプライアンスと危険管理チームメンバーも銀行業界と関連市場での優れた経験者だ。ネクストバンクチームは彼らの経験により、当銀行がビットコインと従来の銀行の差を無くす自信がある。

ネクストバンクについて:

ビットコイン銀行のネクストバンクは2016年初旬に営業開始し、各国の暗号通貨使用者へ国際デビットカードと個人銀行口座を提供する。クストバンク口座はビットコインの様な電子マネーと一般的不換紙幣の両方で指定される。ネクストバンクは不換紙幣や暗号通貨、そしてビットコイン・金・銀・プラチナ・パラジウム・GBP・USD等の貴金属をマルチ通貨口座へと提供する。ネクストバンク口座一口につき135以上の通貨と貴金属でのサポートが可能になる。ネクストバンクは更にSWIFT送金を許可、エスクローサービスを提供し機能的な貨幣取引所となる。最主要通貨の0.2%から少数通貨の0.4%までの市場競争相場をネットバンクが提供する。

国際市場に最大の焦点を充てたネクストバンクは、50以上の言語を使用するクライアントへの援助が可能になる。銀行支店長らは利用者それぞれの言語で案内する事が可能になる為、ネクストバンクへ国際的で多国語の提携による貴重な利益をもたらす。最良な国際銀行の経験へと、ネクストバンクは2016年に7カ国の事務所 – UK、フランス、ドイツ、スペイン、中国、マレーシアとロシア各国 – に開設する予定だ。

by トム・クランシー

更に詳しい情報とネクストバンクのビットコイン口座を義務無し無料で早期申込みするには、http://nb.vu を訪れて下さい。

名:サイモン・ペルティン、PR、NB フォーメーション・カンパニー

 

アップデート:www.nextbank.news

地域と国名:ポートビラ、バヌアツ

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
Picture13
欧州司法裁判所がビットコインへのVAT判定へ

ヨーロッパ圏でのビットコイン取引に対し、取引への付加価値税(VAT)の支払いを請求するかについての長期に渡る裁判所の決定が木曜に下される。 ビットコインでの売買サービスへのVAT請求についての議論で始まった当推移は、今回の取決めで完結される。ビットコイン仲介業の準備をしているスェーデン在住のデーヴィット・ヘドクヴィスト氏による、ビットコインへの税徴収についての方針を明確化する要求に引き続き、問い合わせが殺到した。 後にスェーデン裁判所は、そのような活動はVATを免除されるとの取決めを当国税務代理のシャッターヴァーケトによって下された。最終的に欧州司法裁判所が議論に加わる事を要求された。 当裁判所が取決めを依然に論議中の間、早期に免除賛成への兆しを提案されていた。7月に、EU法務官ジュリアン・ココット氏はビットコイン両替はVAT請求から免除されると推奨した。産業出資者や幅広い分野のメンバーは当動きへと賛成を示した。 研究者によると、当取決めは問いかけられた特定内容を超え、ヨーロッパ圏のビットコイン使用者と産業出資者へ影響を与える可能性があるという。 「交換サービスへの質問に答える為には、最初に必要な事は取引が実際にどう働くかの査定、そしてどう原資産が確定されるべきかを、ECJが論理づける必要があります。」とBaker & McKenzie(ベーカー・アンド・マッケンジー)所属税理士ロジャー・ヴァン・デ・バーグ氏がビットコイン・マガジンとの近日での取材にて口語した。 「そうなると、仮想通貨へのVAT税制措置の調査もする必要があり、その上でビットコインがVATに対象するのか決定します。」とロジャー氏は続けた。「もしそれが起きれば、ビットコインはユーロ圏のVAT目的上でどこに位置するのか、ECJから明確な答えが得られます。」 by スタン・ヒギンズ

Close