24-07-2017
04:43 pm
=

世界中の30都市以上でコインフェスト2016を開催




green

世界中の30都市以上が、電子通貨への世界初(現在も)の無料で分散型なオープンソース集会であるコインフェスト(CoinFest)2016の主催を予定している。これは去年の16都市を上回る。

昨年、コインフェストは世界中で16都市という記録に到達し、電子通貨史の記録にてオープンソースと分散型の集会モデルとして強く確立した。これは2013年に1から始まり、その後の年度はカナダ全土でたった3つのイベントだった事から急速な増加だった。

現在は30を超える都市が同時イベントを4月5日から10日までの主催を予定しており、計画されてきた暗号イベントで最大になる可能性だ。イベント日程まで後2ヶ月を残す所で、概して状況や助成金問題、そしてその他の理由から少数の主催社が集会前に辞退するが、更なる主催社が参加してくる事は予測されている。

沢山の参加都市は在任であり、創立都市のバンクーバーや、昨年での国家によるビットコイン禁止令に反抗するモスクワやセイント・ピーターズバーグは継続でロシア暗号通貨財団からの主催にて戻って来る事が予想されている。

その他在任の都市は、オランダの「ビットコイン都市」アーネムや、ヘルシンキ、フィンランド、タリン、エストニア、トロント、カナダのトロントや、コロンビアのイベントはポパヤンに移りながらもブラジルのフォルタレザを含む。ガーナ、タンザニアとボツワナが再び主催を演じて、またアフリカは活動の源になるだろうと言われており、アイハブ(iHub)とダイアルファンド(DialFund)がケニアを席巻させる案を立てている。

新参社も多数居る。ビットコイン・ウェンズデイ(Bitcoin Wednesday)の働きでオランダでの活動はアムステルダムへと広がり、ビットコイン・ソウル(Bitcoin Seoul)はコインフェストを初にアジアへと運ぶ。アメリカもコインフェストを迎えるのは初であり、ワシントンDCでは創設者のアンドリュー・ワグナー氏が参加する。アルファ・ビットコイン(Alpha Bitcoin)が中西部を訪れ、最低限でも1つのイベントをカリフォルニア、可能であればタンパベイにて開催する。

更に国際コインフェストはマルチシグ金庫(Multisig Vault)への数々のスポンサーを既に受けている。最初の貢献へのスポンサーは、利用者がビットコインでホテルの予約が出来て、中西部で数々のイベントを主催するブックウィズビット(BookWithBit)だ。第二のスポンサーは我々ニュースBTCであり、当フランチャイジー共同体はコインフェストの主催者共同体と密接に関連している。

コインフェストのリソース資源が増加する中で、暗号通貨コミュニティーの間でも期待が増している。コインフェストのスレッドはBitcointalk.orgのMeet Up(ミートアップ)区分で上位であり、作品の中にはインターナショナル・ハングアウト(International Hangout)や分散型アーケード(Decentralized Arcade)の様な革新的な見解がある。

NEWSBTC - EDITOR'S PICKS

SUBSCRIBE TO OUR NEWSLETTER

Read previous post:
bitcoin
ビットコインについて主流メディアが伝えない事

大勢の人々にとって、全体的なビットコインのコンセプトを把握する事は非常に難しい。この驚異的な技術には多様な面があるので、ビットコインをどの様に利用するかで違ってくる。沢山の人々はビットコインを違う形の通貨としてだけ見ており、それはどの様にこの革新的な支払い方法をIPツール経由で利益へと利用出来るかという疑問をはぐらかす。顧客は様々な場面で電子通貨から利益を得る事が出来るので、その仕方を喜んで伝えたい。 ビットコインとはプロトコルの値 多数の人々が信じる傾向とは違い、ビットコインはそれ自体がプロトコルである。何故なら、このシステムは銀行からの干渉や金融システムへのアクセスを必要とせず世界中の金融取引を容認する事が出来るだけではなく、利用者がインターネット接続を使用しての送金を可能とさせるからだ。最近ではオンライン支払い方法は真新しくないが、しかしビットコインは全く完全に違った創造物なのである。 ビットコインはIP経由でテキストメッセージを許容するワッツアプ(WhatsApp)や音声を許容するスカイプ(Skype)の様なツールと類似しており、顧客がIP経由で送金する道を効果的に創った。「IP経由」という意味は、インターネット接続を使用者が利用可能であれば、完全に無料で実行されるという事だ。 通貨の概念 – ほぼ世界全ての国々での現金 – を、有形として存在しない物へと訳すのは厄介だと言われている。西洋諸国ではオンライン銀行取引とプラスチックカード支払いが長期間利用されている事が、少し奇妙に映るかもしれない。 電子通貨は多数の人々にとって、国際的なインターネット接続性と支払いの論理的で発展的な次への段階だ。技術とは様々な素晴らしい物事の獲得を許容する。そしてこの数年間において支払い分野で開発が余り見られない事から、両方の分野が衝突する事は時間の問題だった。ビットコインは銀行や政府によって管理されない依存無しの分散型ネットワークを提供し、第三者サービス提供社の必要性を無くす。 安全な金融取引や国際通貨、そして参入障壁の無いエコシステム等の、ビットコインにより提供される有益な側面とは裏腹に、電子通貨は未だ十分に受け入られていない。ビットコイン取引を導入した数々の商業社が向上を続ける中で、非常に少数の顧客が加入している様に見受けられる。 では顧客としてどの様な提供を受けるか? この「ビットコインに何が出来るか?」は初心者の利用者からよくある質問である。最初に、一般的な電子通貨は世界のどの様な人でも資金を安価で世界中の誰にでも同時に送る事を可能とさせる。特に友人と請求の分割をしたり、海外で働く間に家族へと送金する利用者へ有用性がある。 そして次に、ビットコインは銀行口座を所持しているかにかかわらず、世界の誰もが分散型レジャーで貯蓄する事が出来る。インターネット接続がある誰もが、ビットコインをいつでも充分に管理出来るウォレットに保管する事で自らが銀行になれる。どの様な時でも自分の資産を使用出来る事は、現在の従来型金融機関の提供とは違った物だ。 更に、これはスマートフォンからコンピューター、そしてラスプベリーパイ(Raspberry Pi)といった、どの様な媒体でも利用可能な数少ない支払い方法の内の一つだ。この有力な支払いプロトコルは、従来型金融において偽りの境界やインターネット実施の性能を超越している。全世界でスマートフォン・ビジネスが広まり、モバイル支払い方法が至急必要になっている。そして、ビットコインはミレニアル世代の切望するサービスを提供する主要な位置にある。更に追加すると、ビットコインは支払い詐欺を徹底的に排除する。年中において主流メディアが多大にビットコインの欠点に集中しているが、弾丸はすぐに切れ始めている。従来型金融が非常に厳しい方面に限定される中で、一般的な電子通貨のプロトコルが考慮される所に可能性は無限にある。

Close